シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 09日

お役所仕事

こんにちは、マカロンです。

ラロシェルで10年有効の滞在許可証をゲットしたのですが、引越しすると住所変更手続きをしなければなりません。

3月に引っ越してすぐに手続きにいきました。
前に引っ越したときはカードの裏に新しい住所のシールを貼ってくれました。ものの5分で終了です。そのつもりでいったら、なんとカードを更新する際に提出する書類を全部出せと言われたのです。
顔写真、3年分の税金の書類、パスポートのコピー、家族手帳 etc…。
なんでこんな煩雑なことになるの?ときいたら、県が違うから、と片付けられてしまった。データはフランス国内で共有されてないの?と思ったけど、フランス人相手に言っても始まらないことが多いのでしたがうことに。

その後、カードを取りに来いと連絡がきたのは10月!(バカンスはさんでる時間かかります)
召喚状には70ユーロの証紙を用意とありました。ラロシェルでも払ってるのに?と思ったけど下手に逆らっても(私ってとても下手に出てますね)と思い、支払って受けとってきました。

そしたら数日後また召喚状が。カードを持って来なさいと。
なんだろうと思っていったら、あなた、支払ってるけど県変更だから要らないのよ、とあたかも私のせいみたいに言う。
ここは反論です、クールに。
そしたらやっとあちらの落ち度だと認めてくれました。

70ユーロは払い戻してくれましたが、あんな待たされたり、身に覚えのない召喚状もらって、なんだこれは?とドキドキしたのはどうしてもくれないのよね。
実は2回目の召喚状を受けとるとき、なぜか着払いで届くし(もちろんこれも払い戻ししてくれとお願いしました)。
何年住んでもなんだこりゃ?が絶えないフランスです。
e0115350_6211991.jpg

*写真は県庁のエラーであることを認めたサイン。最初からこう書いて呼び出してくれればドキドキしないのに…。
[PR]

by France_reims | 2010-11-09 06:01 | フランスでの手続き


<< 救援物資到着      ピスタッシュのお菓子 第一弾 >>