2010年 11月 15日

フランスのイケメンシェフレシピ

こんにちは、マカロンです。

本屋が大好きな私。街にいくとよく寄って立ち読み(立ち見?)しています。
気になった本は買うのですが、この人の本は買ったことがなかった。
フランスのジェイミーオリバーこと、シリル・リニヤック。

この人、イケメンと言われてる(日本で)のですが、フランスではまったく(私の周りでは)。
昔はさらさらヘアーをかきあげる仕草もよく見られた(料理中にそんなことされるの,私はイヤ)のですが、最近はだいぶんおでこも後退して、オールバックの彼、そんな仕草も見られなくなりました。ヨカッタヨー

この間スーパーのレジで並んでるとき、料理雑誌がおいてあるのをパラパラッと見て、これは作りたいなと思うものが複数みつかったので買ってみたのです。
ダーリンに食べたいものを選んで書き出してもらいました。

今回作ったのはcrumble de champignons au cabillaud et beaufort(鱈とチーズをのせたキノコのクランブル)。
e0115350_164071.jpg
使ってるチーズはbeaufortというものですが、ハード系ので火を通すとちょっと溶けて鱈とマッチして美味しい。もっとでっかいキノコが買えればよかったのだけど、小さいのしかなくって残念。

ー*ー*ー*ー*ー

で、今回はこのシリルの髪型の変遷をご紹介します。
まずさらさら時代。
e0115350_1933100.jpg

そして自分でも気にしてるのね、オールバックへ。
e0115350_1103292.jpg

でもってこれは相当ヤバイ?
e0115350_111321.jpg


なかなか美味しい料理を考案してくれるので、髪型はおいといても、頑張って欲しいと思います。
次は何つくろうかな。
[PR]

by France_reims | 2010-11-15 06:30 | 日々のこと


<< ついにデビュー☆      また国際便到着! >>