シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 19日

日本の料理本

こんにちは、マカロンです。

3月すっかり暖かくなって桜も咲き、このまま春~初夏へといくかと思っていましたら、みぞれが降ったりすっかり季節が逆戻りになってしまいました。
みなさん体調はいかがですか?

日本に寿司修行に行っていたときの話ですが、滞在していたゲストハウスに京都出身の料理人の方がいまして、色々と食材や和食、店舗経営などについて教えてもらったのですが、料理本も紹介してもらったのです。
そのとき買ってきたのがこれ。
e0115350_218348.jpg

有名料亭や和食店の板長さん8名による監修で、和食の基礎、刺身、焼き物、揚げ物、煮物、和え物、デザートと網羅されている本。
このように天ぷらだったり、
e0115350_2181932.jpg

8名のだしのとり方が詳しく掲載されています。
e0115350_2183357.jpg


食材によってはフランスで調達できないものもあるので、そこを工夫して作っていく難しさと楽しさがありますが、最近大型本屋さんをぶらぶらしていたら、こんな本が!

e0115350_2184912.jpg
*amazon.frから拝借 ☆アマゾンのリンクはこちら

なんとフランス語訳で発売になったんです。
それによると日本で一番売れてる料理本とある。
本のタイトルも本当の和食本となっていて、これまで発売されてるものとは一線を画してます。

和食に興味があって寿司・刺身・天ぷらだけじゃなく基本から学びたい人にはぴったりな本。
どなたかお近くのフランス人で和食を勉強してみたいなという方がいたら、ぜひお勧めです。
私も、フランス語版も買っちゃおうかしら、と思ったくらいでした。

ちなみに表紙が異なりますが、フランス人が日本版の表紙をみてもピンとこないのかもしれませんね。
フランス版の表紙は巻頭に載っている和の献立のお重に入った、外国人からみて一番和食という雰囲気がでているものなのかもしれないなと思いました。
[PR]

by France_reims | 2012-04-19 02:14 | フランスでの日本


<< 大統領選挙 1回目投票がいよいよ!      ダーリン友から >>