2012年 11月 01日

Fuchsiaさんがリールに!

こんにちは、マカロンです。

ブログで仲良くさせてもらい、時折メールでもやりとりをさせてもらっていたFuchsiaさんが急遽リールにきてくれることに!
というのも日本製のパン焼き器を買った彼女、お友達に作ったパンをおすそ分けするのがブームだそうで、私も食べたい~パリに行く時はぜひ!ということでコメントのやりとりをしていたら、仕事をやめて日中は時間あるし、日帰りで行っちゃおうと彼女はチケットを買い、ぴやーっと来てくれたというわけです。

リールについてすぐに少しだけ街を散策。彼女は私と同じく食べることが大好きなので、リールのスペシャリテを食べたいというリクエストだったので前もって予約していたお店へ。
北部地方の料理を食べられるお店。内装もかわいいです。
*私は写真とってないので、Fuchsiaさんのブログを参照してください。

マカロンチョイスは、Poulet au maroilles。
マロワルはこの地方のチーズでかなり匂いがきついことで有名ですが、味はまろやかで非常に美味しい。これでもかと入ってます。
e0115350_2532581.jpg


彼女チョイスはベルギーでも郷土料理であるカルボナードという牛肉のビール煮込み。
上に乗っているのはパンデピスというスパイス入りのパン。
e0115350_2534024.jpg

普段はワイン派のFuchsiaさんもここにきたらビール飲まないと!ということで二人でビールを2杯ずついただき、いい気分でデザートへ。

マカロンチョイスはcafé gourmand。注文の際はコーヒーに何がついてくるのかは要確認ですが、コーヒーと一緒に少ない量でデザートが複数味わえるのでお勧めです。
Fuchsiaさんは私と同じデザート(スペキュロスのムース、写真左下)を一品で。
e0115350_2535539.jpg


とここで私が気になっていたもの。エアコンですがHITACHIかと思いきや、HIYASUって。。。
笑わせてもらいました。中国製かな?
e0115350_2541412.jpg


Fuchsiaさんの帰りの電車は3時。食べ終わって外にでたらもう2時半前くらいだったので駅へ向かうことに。あっという間の数時間でした。でもおしゃべりも楽しかったし、ブログやメールで抱いていたイメージと違うことなく、男前な彼女でした。
*男前だねーって会ったときいったら、あれ、ヒゲ伸びてる?って言うくらい面白い人です


パンを焼いて持ってきてくれるだけでもありがたいのに、彼女はその他にもいろいろたくさん持ってきてくれました。恐縮です。。。
まずはソフト食パンと抹茶食パン。切ってみたけど中がふわふわ。日本の食パンそのもの!
一気に食べてはもったいないので、朝用に少し残して一切れずつ冷凍に。
もちろん朝食べたのはふわふわカリカリで、至福の時を味わえたのでした。
e0115350_2543067.jpg


これが何と誕生日と就職のW祝いプレゼント。
e0115350_2544312.jpg

開けてみるとこんな素敵なチョコの箱にチョコが詰まってる~。なんと美しいのだ。
私ったらソムリエナイフと思い込んでいたのだけど、折りたたみナイフで横にはじゃがいもと剥いた皮という細かさ。ポテトを選んでくれたのは、やっぱり北部地方はフリット(ポテトフライ)がスペシャリテだからかな?
e0115350_255310.jpg

そして彼女の地元名古屋や沖縄などの日本食材の数々。
右下の袋に入っているのは彼女行きつけのマルシェの塩屋さんの美味しい塩。
e0115350_2551742.jpg


これまで食べたことがないものばかりで感激☆大事にいただきます。
Fuchsiaさん、時間を作って会いにきてくれてありがとう。またパリかリールで会おうね~。


今回お邪魔したお店の情報を。。。
Au vieux de la vieille
2-4,rue des Vieux-Murs
place aux oignons
tel:03 20 13 81 64

*予約するときは名字ではなく名前を聞かれるのでびっくりしないでくださいね。
[PR]

by France_reims | 2012-11-01 00:00 | 家族ou友達と


<< バリラからのプレゼント      マカロン誕生日 >>