2005年 03月 23日

パンとチ-ズがあれば...


フランスにきて、よく聞かれるのが、「毎日何を食べてるの?」「フランス料理ばかりで胃が疲れない?」という質問。
私も確かに、フランス人は昼も夜もコ-スできっちり食べてるんだと思っていましたよ。
渡仏して1ヶ月間、ダ-リンの実家にお世話になったのですが、その間出た食事といえば、確かにアペリティフと一緒にしょっぱいお菓子をつまみ、その後前菜、メインがあって、その後サラダ、チ-ズ、デザ-トでしめるという流れはあまり変わらなかったのですが、夜に比較的軽い食事をするんです。後で学校の先生でもそういってたので、フランス人は昼しっかり食べる人が多いようです。
例えば夜は、メインが野菜たくさんのス-プだったり。

私なんかだと、おいしいパンとチ-ズがあれば結構満足。栄養的にはよくないけど、フランスに来て、これがとても嬉しいことなんです。日本じゃこのチ-ズは1000円はしてたよ、と心の中でつぶやきながら、「あ~なんて安いのかしら♪」なんて、にんまりしているマカロン。

写真は私たちがお気に入りのRUSTIQUEというカマンベ-ルと、最近はまっているブル-チ-ズです。
そしてチ-ズを買うときは、箱をあけて包まれてる紙の上から押してチェック。時々隣のおじさんも押してて、あららと目があっちゃったりね。おいしいのを食べたいのはみな同じですね。


フランの記事からつながって、パン屋の話を一つ..。

うちの近くにはパン屋が2軒、パンを買える店が1軒あります。
この違いは、店でパンを手作りしているか否かの違いです。
フランスではパン屋はboulangerie(ブランジェリ-)というのですが、国に守られていて、後者はこの名前を看板に入れることができないようになっています。
パンを買える店は看板にPain(パン)としか書いていません。
でも私が腹立ってるのは、そんな後者でもバゲットが同じ値段なのです。だから、よほど時間がないとき以外はゼッタイいかない!
ぼったくりパン屋め~。
[PR]

by France_reims | 2005-03-23 21:45 | 日々のこと


<< タブレ ~これもパスタ料理です      もやしを栽培? >>