シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 08日

ダ-リンとゲイ

こんにちは、マカロンです。

今日は、ゲイの話を。

去年、私の同僚がイギリスに留学中、パリに遊びにきたので、会った時のこと。
パリにはゲイが多いと有名な、マレ地区に行ったのです。
同僚の希望でステキなカフェでお茶したい!というのをかなえようと、数日前からカフェ情報を物色していた私たち。
彼女が到着する北駅から移動しやすい場所で、そんなに高くなく(パリは場所によってカフェの値段もピンキリ!)雰囲気のよさそうなところ...。
それがいくつかあったのがマレ地区でした。

ダ-リンがここはゲイが多いんだよ、と話していたのは何かの前触れか...。


再会を果たし、カフェまで移動する私たち。
目をつけていたカフェ、実際にいってみるとぱっとしなくて、ぶらぶら歩きながら他のカフェないかなと探していたのですが、ここでいいか~と入ったカフェ。
私はわからなかったのですが、ダ-リンのアンテナにはすぐにピンと来たようです。
たくさんいる...(恐)

で、通り沿いの席を探し、落ち着く私たち。
すると、ギャルソンがやってきました(これは普通)。
でも私たちまだ決めてなかったんですよね。やっぱり日本人、女の子、選ぶにも時間がかかるってんで、お待ちいただいたのですが、そのギャルソン、ダ-リンをしっかと見つめていたそうです。
そして、そのギャルソンを呼んだら、私たちのオ-ダ-はあっさり流され、ダ-リンに「で、君は何を頼むのかな??♪」
*マカロン心のつぶやき:「おい!私が隣にいるっつ-の-_- 目に入らんのか?」
どうやら入ってない様子(爆)
「cocaをください」とダ-リン。
すると、ギャルソン「cocaかい?」と妙に嬉しそう。
*マカロン心のつぶやき:cocaってゲイの間で何かの隠語か?

で、その後頼んだものも届き、ギャルソンも去り、落ち着きを取り戻したダ-リン^_^;;

続いて注目したのが、私のすぐ後ろの席にいたカップル。
これがなかなかキョウレツで、ゲイだとどっちかが女性役だと思うんですが、突然口を開いたボブサップばりのイカツイ方が、実にか細い声で、話している!!!
危うくふきそうになったダ-リン。

肝心の同僚とは、仕事の時、そんなにプライベ-トの話もしたことなかったのに、すごく盛り上がってあっという間に私たちがパリを去る時間となってしまった。
彼女とは、会社辞めた日が同じ、お互い退職後留学という道だったので、話もあったのかな。

しかし、そんな楽しい間もダ-リンは、彼女に日本語を少し話しながら、後ろからの視線にドキドキしていたそう。
*ダ-リンはゲイとはまったく関係ありません^_^
そしてゲイに好まれるタイプってどんなんでしょう?

ちなみに私の友達Aちゃんのだんなは、おかまに気に入られるタイプでした。
うちのダ-リンとは異なるタイプ。でもフランスのゲイと日本のおかまはまた違う好みなのかも?!
[PR]

by France_reims | 2005-05-08 21:57 | こんなの見つけました


<< 便利じゃないマシンたち      ダ-リンと日本語の勉強 >>