シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 03日

危ないこと


こんにちは、マカロンです

海外に住んでいると、危ない目の一つや二つ会いませんか?大なり小なり。
でも、実際起きてみると、ホントに自分の身におこったことだと理解するまで、少し時間がかかる場合があります。

私は、渡仏後約1ヶ月、ダ-リンの実家にお世話になっていました。ダ-リンも半月くらいはバカンスとっていたし、家族みんな優しくて、ここが外国であるということを忘れていた頃、そしてアパ-トも決まって明日は引越しというその日、事件は起きました。

ダ-リンが仕事先から、今日何時の電車に乗るから、という帰るコ-ルをくれたんです。
ダーリンママが、「マカロン~、電話だよ」と呼んでくれて、私は2階にいたので電話のあるダ-リン妹の部屋に移動しました。
少し話していると、ダーリンママが「今、銃声が聞こえなかった?
で、いったいどこで?

なんと!!私と彼が寝ていた部屋、つまり電話がくるまで私がいた部屋に銃弾が飛び込んできたわけです。
2つの条件が重なっていたら、私は撃たれていた可能性が..。

その2つの条件とは、
1.ダーリンが電話をくれなかったら、電話の時間がずれていたら
2.volet(よろい戸)がもう少し上にあがっていたら
よろい戸は、自分であけ方を調節できるのですが、その日少ししかあげていなかったので、voletに阻まれ、銃弾はガラスを貫通しなかったのです。

その後、警察にダ-リンママが電話し、次の日(すぐ来ないの?!)来ることになりました。
だから私は検分の様子は見れなかったのだけど、後から聞いたらあっさりしたもので、その後も一体どこから飛んできたのかもわからない始末。

最初、私が日本人だから狙われたのかと考えもしたマカロン。
イラクに自衛隊派遣で非難を受けていたし、近くにアラブ人が住むマンションもあったので...。

で、結局カラスを撃とうとした人が間違ったのでは?なんて話も出て終わったんですよね。
ダーリンママは、voletとガラスを交換する羽目になるし、ほんとに誰が...?
謎です。
[PR]

by France_reims | 2005-05-03 22:01 | 事件!


<< 私の名前を書いて!      贈られると幸せに♪ >>