シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 01日

友達の結婚式-仏日編

こんにちは、マカロンです

昨日友達(新郎=フランス人、新婦=日本人)の結婚式に行ってきました。
フランスの結婚式は、mariage civil(市民婚=市役所で行う)と、mariage religieux(教会式)があります。

まず市役所で式を行わないと、教会では式を挙げること出来ません。
友達の場合、去年9月に市役所婚を済ませていたのですが、教会式もせっかくだから、やろう!ということになったそう。
私たちも幸せな二人をまた見れるということで、楽しみにしていました。

そして今回の式には、日本のご両親も参加されたので、これで初めて双方の両親がそろったというわけ。
新婦のお父さんがとても面白い方で、大学時代に森前首相とラグビ-で戦ったことがあるとか、意外な話を色々聞かせてくれました。

神父さんも日本に数年滞在したことがあり、式もフランス語と日本語で丁寧に進められ、出席したみんながわかる内容でした。

さて、お料理。
式が終わって、教会の隣にあるちょっとした部屋で、シャンパン、軽い食べ物をつまみました。
その中にあったのが、これ!
Pain surprise(驚きのパン?)。
ダ-リンがちっちゃい時から大好きな食べ物だったらしく、大きいパンをくりぬいて、その中身でサンドイッチをつくり、パンに戻して飾り付けをするというもの。
見つけたダ-リンはウキウキ♪で、これはスモークサーモンがサンドしてありました。二つはあったんだけど、立食形式だし、たくさんの人がいたので、もう1種類あったのか不明。

その後、場所を変えてパ-ティ会場へ。

ここでは、なんと日本食を食べることがきでたんですよ。新婦が用意していたようで、白身魚の粕味噌焼きとかコロッケ、鳥のから揚げ、肉だんごなどなど。
近くに座った日本人の女の子と、なんだか懐かしいねって話しながら、美味しくいただきました。

そしてこれが式でもらったドラジェと、apporter du bonheur(幸せのおすそ分け)。
ドラジェは男性用と女性用でわけてあり、どちらもリボンに結婚指輪がデザインされたものがあり、かわいいもの。
apporter du bonheurは、新婦のウェディングドレスのレ-スを、新婦が出席者に分けて渡してくれるもの。普通は3、4cmくらいもらうのですが、私たちは最後で、来年親に会うといったら、「じゃあこれ全部あげるよ」と30cmくらいくれちゃいました!
日本に行くときはもっていくぞ~!
[PR]

by France_reims | 2005-05-01 22:03 | 家族ou友達と


<< 贈られると幸せに♪      びっくり^-^ >>