シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 29日

古本屋さん


こんにちは、マカロンです。

昨日は古本屋へ行ってきました。道を歩いてて発見したお店で、ぶらっと立ち寄ったのですが、私は元々本屋が大好きで、日本に住んでいたときも、土日のどちらかは行ってました(つまり毎週行っていた^-^)

小さいときから絵本、本が大好きで、一人で静かに読んでる子供だったんです。おほほ
今も本が好きだけど、ここはフランス、売ってる本だってフランス語。まだまだ自由自在に読めるようにはなってないけど、それでも本屋は良く行きます。

一説によると、本屋にいくと、もよおす人もいるらしいですね。インクの香りがそうさせるとか。残念ながら、私にはその効果は現れません。


今回買った本は、シャンパ-ニュの歴史、作り方から、シャンパ-ニュを使ったお料理まで載ってます。
うちでも毎月1回は飲むくらいのシャンパ-ニュ好きなので、歴史も抑えておかないと!ということで、買ってみたので~す。

で、お料理なのですが、中にアンリ4世の鶏肉料理っていうのがありまして、アンリ4世という王様、なかなかの曲者なのですよ。
当時フランスはお風呂に入る習慣なんてなかったので、仕方がないのかもしれないけど、残っている文献では死体のように臭かったらしい(驚!!)

ま、料理から臭ってくるわけではないので(当たり前だろ~)。

そしてこの料理は普通の人は作れないようです。シャンパ-ニュを作る基になるワインを使うって書いてあるもん...。
ま、厳密に当時のレシピを再現しようとすると、ですけどね^-^;
で、最後はシャンパ-ニュのシャ-ベットになっておりました。

そうそう、悪酔いしにくいと言われているシャンパ-ニュも、質が悪いのを飲むと、頭が痛くなります。一度ス-パ-で10ユ-ロ(1400円)のシャンパ-ニュを買ってみたことがあったのですが、まず口に含んだ時のさわやかな感じが無く、おまけに後味が悪いんですよね。そして、後で頭が痛くなりました-_-

おっと、古本から話題が外れてしまいました^^;

で、沢山の本の中に、私が住んでる町の道について書かれた本があり、いつ作られたのかが書いてあったんです。
私の家の前の道は、14世紀から15世紀に作られたことが判明。
あ~歴史を感じられる瞬間。石畳もすごく古そうだなと思ってたんですけどね。
フランス革命より古いじゃないの!とちょっと驚いたマカロンでした。
[PR]

by France_reims | 2005-05-29 22:16 | こんなの買ってみました


<< 夏になると...      日本という名のお菓子 >>