2005年 05月 22日

ダ-リンの災難

こんにちは、マカロンです。

ダ-リンって、お金をズボンのポケットにいれちゃう人なんです、ダイレクトに。
で、家に帰ってくると、机の上に小銭を出すのですが、私がその置かれているコインを何気なく見ていると、あれ?これは.....。

なんと今はもう使えない10フラン硬貨があるではありませんか!

これ、間違えて渡されてるよというと、ダ-リン、かなりクヤシそう。
おそらくTABACでやられたんだろうということになりましたが、これを使うことも出来ないので、マカロンコレクションにめでたく入りました。
*TABAC(タバと読みます)とは、キヨスクのようなお店で、タバコ、新聞・雑誌、ガムなどのお菓子、ロトなどが売られているところ。


 ←それにしても、1ユ-ロ硬貨と、10フラン硬貨は似ているのです。
大きさもほぼ同じです。でも間違ったふりして渡しちゃだめだよねぇ。





☆余談ですが...
二人が知り合った2002年からの1ユ-ロコインを集めよう、ということになり、現在は2003、2004年のを探しています。
しかし流通してないのか、まったく見かけません。

硬貨の発行ってどんなタイミングでされるんでしょうね。
ダ-リンの読みでは、1999年の1ユ-ロコインが多いことから、ユ-ロ導入前で大量に作ったので、2003年以降はもしかして作られていないか、作られている量が少ないのでは?とのことですが、どうなのだろう。

そういえば、日本の2000円札もなかなか見れなかったなぁ...。
[PR]

by France_reims | 2005-05-22 22:21 | 日々のこと


<< 最近見てるテレビ      ステキなリサイクル? >>