シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 08日

同じ名前のお菓子


こんにちは、マカロンです。

日本にあって美味しいお菓子が、フランスにも同じ名前であったら、皆さんどうしますか?
私は試しちゃうんです。
それで悲しい結末に打ちひしがれようと(大げさ)、また次回も買ってみようとするのですが、その場合、ダ-リンの助言は非常に重要です。
ダ-リンがよく子供時代にも食べていたというので、買ってみました。

このフィンガ-という名前のお菓子。
細長いビスケットにチョコがコ-ティングしてあるお菓子です。
で、食べてみた結果、日本との違いはまず銀色の紙包みがない(環境問題を考えていると、よく考えよう)
味は、日本のよりサクサク感が少ない。

日本だとちょっとチョコの味がミルクすぎず、ビタ-もちょっと混ざってるような感じと記憶しているのですが、こちらは味は2つ、ビスケットのタイプは2つから選べます。
といっても商品が3種類あるだけなんですけど。

1.オリジナル チョコはミルクで今回私が買ったもの、ビスケットの硬さは普通
2.チョコの味は上と同じで、ビスケットが少々硬いタイプ
3.チョコの味がノワゼット(はしばみの実)の味タイプ、ビスケットの硬さは普通

で、色々書いてきましたが、食べながら箱の後ろをみたところ、なんと日本語が!!
これって日本にも輸出されてるってこと??
そして原産国はイギリスのお菓子でした。フランスじゃなかったのね~。
だから商品名が英語だったのか(気づくの遅すぎですか?)
[PR]

by France_reims | 2005-08-08 23:27 | こんなの買ってみました


<< くせ毛なんてきらいだ      つま先用パンスト >>