2005年 07月 30日

これがほんとのバ-バパパ


こんにちは、マカロンです。

先日ご紹介したバ-バパパのマシュマロ ですが、先日ス-パ-でわたあめを見つけました。
ご存知の方もいるかと思いますが、バ-バパパとはフランス語でberbe a papa(aの上に点(アクサン)がつきます)、わたあめのことなんです。
直訳するとお父さんのあごひげなので、私のイメ-ジだとわたあめと呼べるのは、お父さんよりおじいさんのような気がするのですが...。

クリスマスやパックス(復活祭)の頃にはもっと大きい入れ物に入ったのが売っていたのですが、今回のはちっちゃい40g入りのサイズ。
色はピンクで、味は日本と変わらないのですが、香りがついている。バニラのような...。
原材料のところにはaromes(アロマ)と書いてあるので、香料が入ってるようなのですが、何の香料ははっきりしません。
先日のマシュマロは美味しくなかったけど、これは日本のお祭りを思い出し、美味しくいただいてます。

入れ物も可愛いんです。バケツ型で持ち手もついてるんですよね。
食べ終わったら何いれようかな♪

そして、みなさんに一つお伝えしたいことが。
描かれているイラストで、とても気になるのがあるんです。
それはこれ!
バ-バパパが持っているわたあめの絵が何かに似てませんか?日本の子供なら、きっと二つのものを思い浮かべると思うんです。
そう、一つはソフトクリ-ム、もう一つは....。

わたあめの描かれ方も、国によって異なるということですね。
[PR]

by France_reims | 2005-07-30 23:36 | こんなの買ってみました


<< 日本という名のお菓子2      フランスのパンスト >>