シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 21日

帰ってきました


こんにちは、マカロンです。

日本から無事帰国しました。
やっぱり飛行機でパリ-関空12時間、関空-新千歳も数時間というのは遠いですね。
特に帰りの飛行機は向かい風(?)なのか、行きとは2時間近く飛行時間が違うので、特に疲れが...。
帰りの飛行機に乗ってしまえば、待つダ-リンのもとに帰るのみで、早く会いたい一心から、時間がたつのも遅く感じます。

フランも書いてくれてるように、やはり国際結婚、国際恋愛って難しい。特にイメ-ジが先行しがちな日本にいると、いいなぁ、カッコいいなというイメ-ジはつき物ですね。

今回、久々に両親や妹に会って、やっぱり自分の家族と会うのはいいなぁと実感しました。
会いたいときにすぐ会えない、このもどかしさはフランスにきてみて、初めて知った感覚でした。それに自分の両親っていつまでも元気なんて変な思い込みがあったのか、病気と聞いたときは、ほんとに驚きましたし。
フランスに住んで、ダ-リンや家族に影響され、優しくなった私なので(これまでは家族との関係が薄かった)、親孝行の真似事は出来たかなと思っています。


しかし、やはりダ-リンのことは言えませんでした。予想はしていたけど、病気だし言えるような雰囲気じゃなかったんです。
でも暴動のことを心配する両親に、空港には友達(ダ-リンのことです)が送ってくれるし、迎えにも来てくれるという私に、友達って誰?あのいつも手紙に書いてる人?などなど、いろいろ質問されましたよ。
で、いい家族だよとかダ-リンのこといろいろ話したんですけど、うすうすは気づいているっぽかったな、うちの母親は。
前にダ-リンやその他友達の写真送ったことがあったけど、「めんこい(かわいいの北海道弁)顔してたよね」と言ってくれた。嬉しかったです。
果たしてこの後本格的な話をしたとき、どうなるかわかんないけど、ま、がんばってみます。

*写真は、滞在中に父親が作ってくれた握り寿司。寿司飯は私が作りました^-^
[PR]

by France_reims | 2005-11-21 00:43 | 旅行記


<< 美味しいオレンジジュ-スを求めて      リンツの新作 >>