2006年 07月 06日

マカロン家の引越し その2

こんにちは、マカロンです。

先日アパ-ト探してるって記事を書きました が、うちが引っ越すのは8月中旬。
これは現アパ-トに出ることを3ヶ月前にいわなくてはならないので、退去日は先に確定してしまいます。
そして前回見に行った時期は少々早すぎた。いいのが見つかっても家賃二重に発生するので、しばらく待っていた私たち。
そして6月28日に再開しました、アパ-ト探し。

このお休みしてる間に不動産やもどこにするか検討していたのですが、アパ-ト決まったら不動産やに払う手数料ってありますよね、日本でも。
もちろんですが、不動産やによって、また物件によって違うのです。そしてその金額も馬鹿にならない。

するとこんな不動産やを発見。
不動産やへの手数料は一律150ユ-ロ(21000円)。それを前金で払い登録すれば、アパ-トの情報や大家の情報をリストでプリントアウトしてもらえ、インタ-ネットでもパスワ-ドを入れて、最新の情報を見れるのです。
その後直接連絡とってアパ-ト探しを進めてください、というもの。
なお、この150ユ-ロはアパ-トが見つかって契約するまで有効です。
他の不動産やは安くても350ユ-ロは下らないんです(日本では、1ヶ月分の家賃と同じくらいかかりますよね)。
見学のときは、前に紹介したようにカギを預かって自分たちで見に行く か、大家と一緒に行く、ということになります。

ただ、実際に電話をしてみて思ったことですが、既に決まったのに情報に載ってるものや、連絡先としてまだ借りてる人の名前が載っていたりするのですが、その人は2ヶ月前に出て行っていないなど、なんとなくスム-ズに進まない場合もあります。
1件これはいいぞって乗り気だったのに、だめだったし!!(´□`。)
大家側もネットで接続して情報を更新できるようになってないのかしら?と思ってしまった。もしくは電話1本いれようよ~!
また連絡先に電話しても、全部留守電。しかもすぐ連絡来ないし。

安いのにはそれなりの...ですね。
でも、がんばりますぞ!
[PR]

by France_reims | 2006-07-06 01:59 | 日々のこと


<< マリ-アントワネットのニベア      革命記念日の花火 >>