2005年 12月 16日

Tartiflette タ-ティフレット


こんにちは、マカロンです。

Tartifletteとは、サヴォア地方のお料理で、たくさんのじゃがいもとRoblechon(ロ-ブルション)というチ-ズを使用してつくるグラタンです。ボリュ-ムたっぷりで太りそうなんだけど、美味しくてペろっと食べれてしまうんですよね。
そして、ダ-リンママから最初に習ったレシピ、そしてダ-リンが日本にきてくれてる間、仕事から帰ってきた私を喜ばせようといろいろ作ってくれた中で私がお気に入りだった一品です。

さて、いってみましょう。

★Tartiflette(タ-ティフレット)★

材料 量はすべて適量です^^;
 じゃがいも(フランスにお住まいの方は、monalisaという品種が最適のようです)
 ラルドン(厚切りベ-コンの塩付け) 
 ロ-ブルション
 生クリ-ム
 バタ-
 塩(日本にお住まいの方だけ)

作り方
1.じゃがいもを皮付きのままゆでる(もしくは蒸しても可)。熱いうちに皮をむいて、
 1.5~2cm角に切る。
2.ラルドンをバタ-を使わず、こんがりと焼く。
3.グラタン皿にバタ-を塗る。
4.皿に1のじゃがいもを半分ほど敷く。
5.じゃがいもの上に2のラルドンを乗せる。
6.さらに残りのじゃがいもを重ねて入れる。
7.ロ-ブルションの皮を取り除く。
8.ロ-ブルションを細かく切り、じゃがいもの上に乗せる。
9.ス-プ用スプ-ン3杯くらいの生クリ-ムを飢えにささっとかける。
10.220℃くらいのオ-ブンで表面に色がつくくらいまで焼く。だいたい30分くらい?


←これは焼く前の状態です。

マカロンは、このママレシピに、たまねぎを加えてやってます。
手順としては、ラルドンを炒めるとき、一緒にラルドンの脂で炒めてしまいます。



また、日本で作る場合の注意点は以下です。

◎ラルドンがないので、ブロックのベ-コンを使うと塩気が足りないと思います。塩で味を足してください。
日本滞在中のダ-リンは、ラルドンの代わりに豚肉薄切りを使っていましたが、これも美味しかったです。

◎ロ-ブルションが手に入らない、もしくは高いと思うので、カマンベ-ルでも味わいが変わりますが、美味しくできます。

追記 
このお料理のいいところはロ-ブルションの味わいと香りです。なのでカマンベ-ルにしてしまうと、Tartifletteではなくなってしまいます。
しかしロ-ブルションは高い、また見つけにくいので、代用案で、雰囲気だけでも試していただきたいと思って、書きました。そしてダ-リン作の ”変わりTartiflette” 美味しかったんですよ。
そして、本物はフランスにぜひ旅行にいらしたとき、味わってみてください。
[PR]

by France_reims | 2005-12-16 04:00 | こんなの作ってみました


<< これがフランス!      ようやく到着 >>