2006年 02月 25日

結婚準備 ~その2健康診断~


こんにちは、マカロンです。

フランスで結婚する場合、市役所から提出を求められる書類の中に、健康診断を受けた結果というのが含まれます。
これは書類を市役所に提出する2ヶ月前から有効となっていたので、ダ-リンと、まずジェネラリスト(お医者さん)、その後血液採取のため、Laboratoire(ラボラトワ-=試験所)へ行ってきました。
フランスでは血液検査もいちいちラボに行かないとだめなのです、めんどくさいです。

で、この血液検査では、私は以下のことを調べました。
・風疹の抗体検査
・トキソプラズマの抗体検査
・血液型(A.B.O.ABに加え、プラス、マイナスまで)
・不規則な粘着性(血の粘りっこさ?)
・肝炎の抗体検査
・HIVの抗体検査


ダ-リンは私より少し少なくて、血液型と、肝炎、HIVの抗体検査だけです。
*この内容については、本人の希望もあるので、一概にどこのお医者さんでも同じことを調べるように言われるとは限りません。

そして、この後この結果をもって、再度お医者さんに行きました。
私は破傷風・ジフテリア・ポリオの予防接種を受けました。ただ抗体検査の結果で、風疹もネガティブと出ているので、後日うつことになります。

風疹はご存知の方も多いと思いますが、妊娠中にかかると胎児に影響がある病気です。
ただ、この予防接種をうつにあたり、ピルを飲んだ方がいいですと言われてしまった。その理由は風疹の予防接種をうってから3ヶ月以内は、妊娠すると、同じことになってしまうらしい。
困ったなぁ。できることなら飲みたくないな。

そしてトキソプラズマは、ネガティブの人が妊娠中にポジティブになると、これまた胎児に影響が。
日本人はほとんどがネガティブと言われています。私もでした。
そこで妊娠したときに気をつけなければならないことは、肉はよく焼いて食べる、野菜などは良く洗う、フォアグラ、カマンベ-ルチ-ズなどを避ける、ネコや犬には触れない etc...とあります。
う~ん、チ-ズもだけど、フォアグラが食べれなくなるって私にとってはつらいことだぁ(泣)

またフランスでは日本と違って、予防接種が子供の時だけで終わるというわけではないのです。
予防接種の種類によっては10年おきに受けなければならないものもあるとのこと。

予防接種は、ファ-マシ-(薬局)で予防接種のキットを買い、お医者さんに持って行き、うってもらうシステム。写真がその買ってきたものです。
あまり早く買いすぎても冷蔵庫に入れとかないとダメなど注意点があります。
ちなみに、今回私が買った破傷風、ポリオ、ジフテリアの混合になっているものは、10ユ-ロちょっとでした。日本円で1450円ってとこでしょうか。

そしてそして心当たりがあるわけじゃないけど、ドキドキしてたのが、HIV。ダ-リンともにネガティブでした^-^
[PR]

by France_reims | 2006-02-25 04:35 | フランスで結婚


<< ちょっとビミョウな...      日本で一緒に過ごした初のバレンタイン >>