2006年 01月 24日

結婚準備 ~その1の続き~


こんにちは、マカロンです。

かなり前になりますが、私の両親にダ-リンのことを話すと書きました 。
あれから既に3ヶ月以上が経過。 言おうと思っていた矢先に母の病気が発覚、私が日本に帰っている間も、言うに言えなかったということ、覚えていらっしゃる方も居てくださると思います。

現在おかげさまで母の病気も落ち着いて、退院となったので、退院後に落ち着いて見てもらえるように、ダ-リンの手紙を19日に発送しました。
しかし、手紙は私の予想より早くついて、母から「手紙着いたよ、お母さんの勘があたったみたい、じゃ-ね」とメ-ルが昨日ありました。
んん?これはいい雰囲気ですか、お母さん!!そのメ-ル読んだとき、ダ-リンと二人、笑いが止まらなかったんです。嬉しくて。どんな反応されるか、かなり緊張していたので。

問題の手紙、ダ-リンがフランス語で書いて、その後私が日本語訳、そしてダ-リンがかわいい(♪)字で清書したもの。
ある程度漢字を入れたので、漢字はデッサンだね^-^;といいながら、四苦八苦してました。
*ダ-リンが日本語できるというように思われたいのではなく、あまりに平仮名ばかりだと、両親が読みにくいと思ったからです。

で、会ってもらえるかは、電話で要確認。でもこれは母の体調もあるので、なんとも言えない。
一応2月、もうすぐ帰省の予定です。
[PR]

by France_reims | 2006-01-24 04:39 | フランスで結婚


<< ふたたび日本へ      友達夫婦の別れ >>