2006年 01月 06日

エピファニ-☆



こんにちは、マカロンです。

このタイトル、バ-ビ-の新しいキャラクタ-みたいじゃないですか?
フランスは今年1月8日Epiphanie(エピファニ-)と呼ばれる行事が行われる日で、キリスト教由来のものです。
東方の3博士がキリストの生まれた厩にたどり着いた日で、この日でクリスマス期間が終わるというもの。
そのとき3人がお祝いに持ってきた当時では貴重だった小麦、砂糖などを使用して作ったとされるガレット・デ・ロワ(王様のケ-キ)を食べるのが慣わしになっています。

このガレット・デ・ロワの中には、フランス語でフェ-ブという空豆がその昔は入っていたそうですが、現在は陶器のお人形に変わっています。これも色々なデザインがあって、コレクタ-にはたまりません。マカロンもコレクタ-でございます^-^ でも最近ディズニ-とかハリポタとかのキャラクラ-ものが増えていて、油断ができません(どんな油断や?)
そして、このフェ-ブが、自分の切り分けられた中に入っていたら、その日その子は王様になれるのです。男の子があたった場合はその子が、自分の好きな子かわかりませんが、一人選んで王女にします。このガレットにはあらかじめ、紙で作った王冠もついているんですよ。

またガレットは、地方によってタイプが異なります。フランによるとブリオッシュタイプもあるそうですが、マカロンの住んでる地方ではフランジパンというア-モンドのクリ-ムが入ったタイプが一般的です。


去年初めて食べてその美味しさにほっぺたが落ちるほどだったので、今年はフェ-ブ集めもあるし、数回食べたいとダ-リンに言ってみたのですが、太るからダメと敢え無く却下。
そうなんです、甘くてカロリ-高そうなんですよ。砂糖もたっぷり入っていそう。
*この写真は切り分けたところ。油がじゅ~って感じわかります?

このガレットは1月いっぱいはパン屋さんやケ-キ屋さんで売っていて食べることができるので、何とか2回は食べるということで、折り合いをつけました(笑)
また自分で作りたい人用に、手作り用の粉とフェ-ブのセットなども、ス-パ-で売られています。

どんなフェ-ブが手に入るかな。
これまでのマカロンのコレクションはこちら。 *クリックすると大きくなります。

こんなに集まってるのは、ブロカント(蚤の市)でもせっせと買ってるからで~す。
でも何買ったか忘れて、同じの買っちゃったり(涙)。同じの二つあるのわかります?
去年ゲットしたディズニ-のは右下のさめ。ディズニ-の何に出てくるのでしょう^-^;
[PR]

by France_reims | 2006-01-06 05:46 | フランスの行事


<< 怖すぎる...      これでぬくぬく >>