シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 18日

これがフランス!




こんにちは、マカロンです。

先日納得いかないことがあったので、記事にすることにしました。
以前にも紹介したことのあるベルギ-のファ-ストフ-ドショップQuickですが、ちょうど今CHEESE FEVERというキャンペ-ン中で、異なる3種類のチ-ズが使われたハンバ-ガ-を食べることができるのです。

◎11/29-12/12 ラクレットという、サヴォア地方の濃厚なチ-ズ。じゃがいもとの相性抜群です。
ラクレットというその名もずばりの郷土料理もあるくらい。

◎12/13-12/26 エメンタ-ル。日本でも売られてますから、おなじみのチ-ズですよね。

◎12/27- 1/8  トム(tomme)という牛のチ-ズ
日本にも入ってないと思いますが、マカロンも未体験。

で、マカロンはラクレットが好きなので、街中やCMで12/12まで食べにいかなくちゃ、とダ-リンをそそのかし ダ-リンにお願いして12月11日に行きました
すると、店で今取り扱われてるのがエメンタ-ルと、デカデカと出ていて、ラクレットの文字がない。
いやな予感、ここはフランス...
で、聞いてみたら、

レジの担当者 「あ、変えたのよ」

ダ-リンとマカロン絶句 「・・・」

でも食い下がるマカロン 「でもラクレットは12日までじゃないんですか?」

担当者 「変えちゃったから、仕方ないのよ」

が~~~ん

日本だと広告にうたわれていることは、守られますよね?

ラクレットが足りなくなったのか、人気がなさ過ぎたのか知りませんが、私のようにこれを目当てにしてくる人だっているはずっ。

予想通り、desole(デゾレ=すみません)の一言もありませんでした。
フランスの店員たちから、この言葉聞いたことが一度もない私。

そして最後に一発。
ダ-リン 「au revoir」一応腹立っても礼儀は忘れない。

担当者 「ouais」 発音は ”うぇ”


この表現、oui(=yes)のくだけた表現で、客商売では普通は使わないと思う言い方。
学校でこういう返事をすると先生にも良くないから直しなさいと言われるし。
これを聞いた瞬間二人とも同じことを思っていて、席についてから、「今の何?」と怒りあってしまった。

長々とごめんなさいね。人が死ぬわけじゃないし、誰かが痛がる話でもないけど、やっぱりフランスの客商売って最悪だなと思ってしまったってお話しでした。
[PR]

by France_reims | 2005-12-18 05:47 | 事件!


<< クラスメ-トとパ-ティ      Tartiflette タ-テ... >>