シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 06日

フランスのリネン

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

ずっと前からフランスにきたからには手に入れてみたいものと思っていたのが、リネンでした。

買ったのは、上の写真のテ-ブルクロス。色も刺繍も気に入って、町のお祭りで即買いしちゃいました。

ダ-リンに驚かれるほど早かったらしい。だって、そのお祭りのお店、普段はお店出してないっていうし、その日の夕方で閉まってしまうというんだもの。

*これは売るための作戦だったのだろうか??今となってはわかりませぬ。

ところが、マカロン、あぁ~勘違いをしていたことが発覚。

リネンの定義、みなさん、正しく言えますか?


辞書を引いてみると、
1.亜麻の繊維を原料とする糸・織物。強く、水分の吸収発散が早く涼感がある。夏物衣料などに広く用いられる。

2.テーブル-クロス・シーツ・タオルなど。
とあります。

私は、1と2の両方に合ったものがリネンだと思い込んでいました。よって、テ-ブルクロスで麻の生地で出来ていると思って買ったこのクロス...実は綿100%だったってことが、家に帰ってから発覚ヽ(;´Д`)ノ

触ったらわかるだろ~という突っ込みはなしでお願いします(涙)


なので1か2がリネンということなんですね。

フランス語でリネンはlin(ラン)と言います。これは亜麻、亜麻布という意味があります。それで勘違いしてたのね...。

で、誤算がもう一つ。このテ-ブルクロスは正方形なんですけど、かけるところが無い!!

ダ-リンにはどうするの?これって顔されるし、あぁ...。(´д`lll) 。

気を取り直して、マカロン家で使っているほかのリネンをご紹介します。写真右

これは綿45%、麻55%の私が求めていたリネンです。
ソルドで買ったから1枚2.5ユ-ロ(375円)でした。

食器拭きに使用していますが、すぐ乾くので使い勝手がいいです。

硬いけど徐々になじんでいく感じがするし、非常に長持ちすると聞くので、ずっと使い続けようと思います。
[PR]

by France_reims | 2006-10-06 06:44 | こんなの買ってみました


<< こんなのどうですか?      フランスで梨 >>