2007年 02月 27日

義兄の誕生日パ-ティ

こんにちは、マカロンです。

先日24日に、義兄(ダ-リンの姉の夫)の40歳誕生日パ-ティが、ホテル&レストランで行われました。
フランスでは区切りのいい年齢のときに、周りがびっくりパ-ティをやるらしいと聞いていたのですが、実際に参加は初のマカロン。
本人には内緒で、招待状を送り、場所、メニュ-などを決めて、当日本人を驚かせる。
日本でもやる人はいるのかな?
これ、なかなかいいお祝い方法だと思います。

うちにもこの招待状がきたのが昨年の11月。2月の誕生日に、かなり前から取り掛かっていた義姉。愛を感じます(〃∇〃)
招待状にもトップシ-クレットなんて書いてありましたよ。連絡はすべて姉の会社宛てになっていたし。抜け目はありません。
だがしかし、義兄の仕事の関係で、誕生日の前の日出張先から帰って来て、また誕生日の次の日早朝また出張って話が出てきて、義兄は出張先からまた次に直行するつもりでいることが同僚からの報告でわかり、数日前に止む無く明かさなければならない事態となったのでした。残念...。


会場のレストランはこんな雰囲気にセッティングされていました。DJ コ-ナ-もあって、これはダンスは免れないわねと早くも覚悟のマカロン(・_・;)
ビ-ルを飲みながらダ-リンと待っていると、義兄の両親、兄弟+妻+子供たちが到着。挨拶のビズをしてわいわい歓談。
そして主役の義兄ファミリ-登場。みんなでJoyeux Anniversaireを合唱(実はマカロン既に少し感動して泣く)。
それから長いアペリティフ。1時間はたったままいろんな人と話す話す...。

椅子に座りましょうと誰かがいって(ありがたや~)、いよいよ食事開始!
まずは前菜のサラダ、フォアグラ、砂肝のソテ-、スモ-クサ-モンの盛り合わせ。


メインは、孔子(仔牛の間違いでした(;^_^A)のソテ-、グラタン・ド・フィノワ(じゃがいものグラタン)、ヴェトラブ(ボルシチに使う紫野菜)のパピヨット(春巻きのような皮で包んであるんですが、正確な名前がわかんない...(汗)の盛り合わせ。

写真が悪いけど、とっても美味しかったんですよ。でもアペロで既におなかいっぱいになっていたので、かなり苦しかったんだけど...。

この後は主催者である義姉の挨拶があって、その後ついに恐れていたダンス大会。
子供も大人もみんな踊る踊る。義兄の両親も高齢なんだけど、ワルツとかチ-クとか踊っていて、ステキでした。

この後は、バ-スデ-ケ-キの登場。

イチゴ味でなかなか美味しかった。この花火が出るデコレ-ションは私たちの結婚披露パ-ティでも使われたので、懐かしく見入った私。イチゴメインのケ-キでした。

そしてそして泣かせる仕掛けがもう一つ。義兄の兄弟(義兄は男兄弟の3番目)が手紙朗読です。残念ながら意味がわからなかった部分が多かったのだけど、気持ちがこもっているものって、伝わってきますよね。

とってもほんわかした家族愛に包まれたいいパ-ティでした。
次こんな驚きパ-ティに参加する機会はあるかなぁ。
[PR]

by France_reims | 2007-02-27 02:20 | 家族ou友達と


<< 日本を愛する男      ふんころがし家で >>