2007年 04月 09日

Verzenayへドライブ

こんにちは、マカロンです。

ずっと曇りか雨の天気が続いていたのですが、ここのところ回復、かなり太陽が拝めるようになって来ました。気温も朝晩との差が大きいけど、最高気温も18℃くらいに暖かくなってきたので、ダ-リンと昨日の午後、急遽どこかに行こうかという話になり、出発~。

最初に予定していた場所にたどり着けず、地図を見ながら走っていると、シャンパンメゾンMUMMの畑発見☆
MUMMはラベルに赤いリボン(コルドン・ル-ジュといいます)があしらわれているので有名。また日本人に人気のある画家、藤田嗣治がMUMMの援助を得て、チャペルフジタを建てた関係も有名です。
これ、墓標ではありませんよ(汗)、ここは◎◎のメゾンの畑だよっていう目印です。

この時いた場所が近郊の村Verzenay
地図にはこの近くに興味深い建造物があるマ-クがついている。それは風車でした。
前にも他の村からこの風車を眺めたことがあるんです。

でもどうして有名なのか知らなかった。じゃ近くまで行って見ようと近づいてみると、こんな説明板が。


これによると、
1820年、VerzenayのMont Boeuf(直訳すると牛山?(ノ゚ο゚)ノ)に、この風車は特別なブドウ畑の類稀なる目印として建てられた。それ以来、3代の製粉業者によって保有され、小麦、大麦、ライ麦を引く風車として使われた。〔・・・〕第二次世界大戦中はアメリカ軍によって1944年8月まで使用された。そして1972年、シャンパンメゾンのMUMMが購入、たくさんのブドウ畑を見に来る人々が訪れ、この特別な畑を見渡すことができる場所となっている。だそうです。

*クリックすると拡大可です。
風車とブドウ畑、そして遠くに広がるReimsの町です。
ブドウもまだ葉っぱも出てない時期だったので寂しい様子だけど、これが葉っぱが茂り、ブドウが生る頃は圧巻の眺めです。その頃また写真で紹介できるといいなぁ。

でもこれって最初の目的地に行けてたら、発見できてなかったんですよ、多分...。迷って結果オ-ライでした(いつもこんな調子です、私たちのドライブって(恥))
[PR]

by France_reims | 2007-04-09 16:35 | Reims(ランス)・近郊


<< これが美味しい季節になってきた!      美味しかったワイン >>