シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 11日

Gien・Fontainebleauへの旅2

こんにちは、マカロンです。

ちょっと間があいてしまいましたが、旅の話の続きを。
今回はGien編です。

天気もあまり良くなかったので、今日も雨の降らないうちに外を観光です。
Gienの教会へ。名前はジャンヌダルク教会です。

この教会のすぐそばにあるのが、Gien城。といっても中は狩猟博物館になっているそうで、剥製とかたくさんあるらしい。興味はなかったので、入りませんでした。
このお城からジャンヌダルクがシャルル7世を連れて出発し、Reimsの大聖堂での戴冠式に行ったのです。終点から始点にこれて満足なマカロン。


お次はGienと言えば焼き物。これがメインの目的だったのですが、ブティックへ。

お皿の裏にあるGienマ-クの年代別がお店入り口の上に確認できます。


お店の中はこんな風にステキに展示されてました。キレイだけじゃなくて高かったけど...。


これが1級品落ちしたものが安く売られているお店。ス-パ-みたいです。カ-トも置いてあるし。


安くなっているといっても、元が高いからやはり高い・°・(ノД`)・°・値引率は最高で50%くらいかな。特別値引き品もあるので、好みが合えばもっと安く買うことも出来ます。運次第ですね。迷いに迷ってこのお皿を購入しました。ケ-キ用の大皿です。直径34cmくらい。デザインはトスカ-ナというシリ-ズです。Reims市内のお店で見てこのシリ-ズに一目ぼれしてたんです。
買ってレジを通った後は、自分で包む仕組み。紙やテ-プが置いてありました。人件費削減?それならもう少し安くしてほしいよぉ。

このお店のそばにGienの博物館もありました。入場料4ユ-ロ。中で写真は撮っちゃいけません、カメラで博物館内を撮っていますと注意書きが。でも、我慢できずに撮っちゃいました~。天皇家から贈られたのか、菊の紋がはいった伊万里焼の花瓶もありました。

で、これはマカロン大好きな作家のお宝が。ガレです。銅製のお盆(?^^;)19世紀末にNancyで作られたものです。

ビデオでGien焼きの歴史や作り方を見て、終了。
こんなところでガレの作品に合えるとおもわなかったので、とても満足しました。でもこの展示量で4ユ-ロはちょっと高いと思うけど。

この後、ちょっと寄り道して帰路に着きました。続きは別記事で。
引っ張ってごめんなさい(;^_^A
[PR]

by France_reims | 2007-06-11 01:20 | 旅行記


<< 嬉しいプレゼント☆      TGV開通! >>