2008年 09月 08日

Luxembourg 2

こんにちは、マカロンです。

今日はLuxembourgの続きです。

この後、少しお店なんかも覗きながらブラブラ。駅まで歩いて、バスにのってお昼を食べるため、中心部に戻ってきました。
で、どこで食べる?と悩む私達。カフェは調べたけど、レストランは行き当たりばったり入ってみようといってたので、早速ここは?いや美味しくなさそう、となかなか決まらない。
一つここはどうしたって高いだろうって雰囲気のところがあり、メニュ-を見たらメインで一皿50ユ-ロって!!隣の隣のお店にそそくさと入ってみたのです。
ひとまずビ-ル飲もうかってLuxembourgのビ-ルを。
ちょっと甘めでしたが、美味しかったです。

で、お昼のコ-スで頼んで前菜とメインで15ユ-ロ。料理名は美味しそうだったのに結果はあまり...。マカロンは写真を撮る気も起こりませんでした。ダ-リンの頼んだパスタも味がない...。家で作ったパスタの方がマシでした。
でも私達の後ろで食べてた英語圏のお客さんは、à la carteで頼んだス-プを飲んで、「美味しい!」って言ってたので、昼コ-スは力入ってないのかも。


レストランを出てから、ボックの砲台という場所に向かいました。ここは大砲など置かれていて、10世紀に作られ、その後14世紀にまた整備された場所らしいのです。ダ-リン軍人だし、行ってみようよと、向かったら、入り口に「心臓の弱い方、暗闇、閉所が苦手な方はご遠慮ください」とある。速攻取りやめました。
悔しいので入り口近くにあったこんな柵の写真だけ撮って、雰囲気を味わってみました...。


これは観光バス。日本語のテ-プも聞けるようです。黄緑色が斬新です。


この後、私たちはとんでもない出会いを果たします。
ある建物にORIGAMIという貼紙を見つけたので、入ってみました。在Luxembourg日本大使館が主催の催し物で、受付には一人の男性が。入るなり折り紙について説明し始めたその男性、私に向かって「日本人ですか?」と聞くので、はいと答えるとそこから彼のスイッチが入った。
最初は日本の映画の話、黒澤とか北野とか一般的な方向に向かいきや、そのうちなんだか雰囲気が怪しくなってきた。彼の口からfilm érotiqueは最高です、あれは下品じゃなく芸術だ!」と。
そんなこと、私に同意を求められても困るんですけど。
日活ノマンポルノのDVDがほしいけど、ここでは買えないから、ネットでダウンロ-ドしてるんだ、なんて話も。あの~違法ですけど、こんなはっきり初対面の私達にしていい話なんでしょうか...。
それからアラ-キ-の話、日活ポルノの話...出てくる出てくる。30分は私達拘束されてました。一人若者が入ってきて、彼の話を遮るきっかけが出来て、解放された私達emoticon-0107-sweating.gif

その後楽しんだ展示はこんな雰囲気でした。Luxembourgに住む日本人家族のお子さんの作品も可愛かったです。このお雛様も圧巻!

他にも風呂敷や手ぬぐい、着物、浴衣も展示されてました。


もうだいたい見所は回ってしまったので、午後4時前には帰ることに。10時から動き始めたのでルクセンブルグ(首都)の観光は半日あれば十分です。

帰りにガソリンを忘れずに。ルクセンブルグはガソリンにかかる税金がフランスより安いので、リットル当たり10サンチ-ムは差がありました。
消費税もフランスより安いので、お買い物にはいいかもしれません。
アパ-トの賃料はパリくらいでしたけどね。やっぱりそこは首都かぁ...。

で、帰り道、思い出したことが。調べたカフェに行くのを忘れてしまった...emoticon-0106-crying.gif
やっぱりあのおっさんのせいで、調子が狂ってしまったのでした。次はいくぞ~。
[PR]

by France_reims | 2008-09-08 22:05 | 旅行記


<< ビビンバ      Luxembourg 1 >>