シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:事件!( 13 )


2010年 08月 06日

悲しいことが~

こんにちは、マカロンです。

日本から帰ってきて早10日…ようやく疲れがとれて夜も元気に起きていられるようになってきました。
それにしても暑かった。人生初の梅雨&夏の関東の暑さ体験は、尋常じゃない疲れを私にプレゼントしてくれたようです。

日本ではスーツケースにもたくさん買ったものを詰め込み、ほくほくだったのですが、一部入りきらないもの、ちょっと軽めのものを一つフランスに送ったのですが、それが今日届きました。
なんだか尋常じゃなかったんだな、これも。

届いた写真はこれ。入ってたものがほとんど袋や箱に穴を開けられたり、破られてました。
e0115350_227369.jpg

これはまだいい方。中身は無事でした。いちご味好きのダーリンに買ったお菓子です。
e0115350_2281060.jpg

ダーリンにたのまれてたケーブルを整理できるチューブ。こんな透明なものでも破って中身確認?
e0115350_2285297.jpg

柿の種も一つは穴が到達してて泣く泣く捨てました。
e0115350_2291221.jpg

これは妹がいれてくれたラーメン星人用のみそラーメン。4食あったのですが、全滅です。
e0115350_2282917.jpg

箱の中に無残にも散らばる麺くず… 泣ける
e0115350_229325.jpg

で、これはなんだったっけ?と思ったら、鰹節を妹が嵩を減らすためにジップロックに入れ直してくれたもの。もちろん中身はなく、破れたビニールだけが突っ込んでありました。
e0115350_2294967.jpg


ダーリンにも言われましたが、今バカンス中で、配達員や局内の人も臨時の人が多い。
よって泥棒が普段より増えている可能性大なんですわ。
うっかりしてました。夏日本に帰省するのは初、バカンス中に荷物送ったのも考えたら初でした。
フランスにいるときはいつも気をつけていたのに、日本に帰って気がゆるんでいたのかも。
クレームつけてもどうにもならないし、このまま泣き寝入りなんですが、もうこんな時期に荷物送ったりしないぞ~と固く誓ったマカロン夫婦でした。こんな悲しい気持ちになるのは今回でたくさん。
[PR]

by France_reims | 2010-08-06 21:50 | 事件!
2009年 08月 16日

嫌いになったわけ

こんにちは、マカロンです。

La Rochelleに引っ越すと決めて、同僚などのフランス人に話したときの反応は、みんな「いいね〜私も行きたい!」や「いろんな催し物があるし、海が近くて感じのいい町だよ」という羨ましがられるものばかり。アパートを探すときに少し散策してみて、確かにいいかも♪と思ってた私とダーリン。
しかし...その思いは引っ越して早々打ち砕かれることになったのです。

その理由1
いろんな催し物、確かに多いんです。何かといえば音楽祭のような何かが行われる。

当然人がたくさん訪れる。

夜になるとバーなども流行る、酔っぱらいが増える。

すると立ちションする野郎(女も!)が増える。
クサいんです020.gif
朝仕事行くときに、公衆トイレの中を歩いているような感覚なんです。普通じゃないでしょ〜

その理由2
7月初めに音楽の祭典があって、町は観光客がいっぱいでした。毎夜明け方4時くらいまで楽器がなり、歌が聞こえる。これも騒音以外の何物でもありません、好きな人以外はね。
そしてそして、引っ越したアパートはガレージ・駐車場がないので、路駐なんです。そしたら土曜の夜にやられました。
後ろの窓をがっつりと....。
e0115350_17194588.jpg

ただこの手の人たち、壊すことだけが目的のようで、何も盗まれた物がなかったのが不幸中の幸い。
町を歩くと店のガラスが割られてるなんていうのもよく見かけます、普通じゃないでしょ〜
私たちの車は、まだReimsのある県の番号だったのが仇になっちゃったのかな〜。他の県からきてる車は狙われますから。
ちょうど日曜が仕事休みなので、ドライブにいくことを計画、朝早起きしてお弁当も作ってばっちりだったのに...。
警察にいったり、当然ドライブには行けない結果に。おまけに雨も降ってきて、窓ガラスがないから地下の有料駐車場に数日止める羽目にもなり、踏んだり蹴ったり。

他にも色々あって、この町には長くても2年くらいでおさらばしようと計画中。
石の上にも三年は無理そうです...。
そして何より私の今の気持ちは、早く夏がおわって観光客も減り、平穏が訪れるコトを切に願うばかりです。
[PR]

by France_reims | 2009-08-16 04:18 | 事件!
2008年 06月 29日

ダイアモンドが!やってきた!

こんにちは、マカロンです。

実は6月14日、マカロン家で事件が起きてました。
なんと懸賞でダイアモンドが当たっちゃったんです071.gif

エヴァ・ロンゴリアがCMやってたマグナムです。もしかしてお揃いかしら?

買ったアイスの懸賞で、食べた後のバ-に書かれたコ-ドをネットで入力すると、アタリかハズレか分かるというもの。ス-パ-の安売りで3つ買っても2つの値段(このキャンペ-ン良くあるんです)で買ったので、冷凍庫にたっぷり!
でもたっぷりあってもこういう懸賞は当たらないのが常、と思っていたので、そんなに期待しないでやり始めて2日目。いつもならMalheureusement(残念でした)って画面に変わるんですけど、目に入ったのはなんと
Félicitations(当たりましたよ)!

嘘でしょ~!という気持ちと、嬉しい!って気持ちが半分半分。ダ-リンもえ?当たったのってびっくりしてます。毎日ダイアモンド一個が誰かに当たります。つまり今日は私たちだけ(すげ~)。
アイスのアタリバ-を1週間以内に書留で送付し、6週間くらい待つと送られてくるシステム。

で、6月16日に送りました。ダイアが届いたのは6月27日。ほぼ2週間で届いたことになります。はや~い!005.gif
しかし届くまで心配してたんです。Parisや近郊では荷物が盗まれたり、包みが切り裂かれて中身を確かめられたりなんて話しを聞いたこともあって、ダイアなんてすぐやられちゃう、と不安が...。あと差出人とか小包自体にはどういう表記になってやってくるのかetc...

届いた姿はこちら




届いた箱にはぱっと見ダイヤであることはわからないようになっていましたけど、ついてた伝票にはdiamondって小さい字で書かれてました。盗まれなくてよかった...。


さて、これからどこに加工に出そうかしら。
ダ-リンから婚約指輪をもらっていないので、指輪にしたいのですが、加工料金次第です。
出来上がってきたらまた記事にしま~す。

★追記★
このダイアがあたる期間ですが、6月30日までなんです、つまり1日まだチャンスがあります。フランスにお住まいの方は試すのもいいかも!
[PR]

by France_reims | 2008-06-29 23:27 | 事件!
2007年 12月 07日

え?独身に?

こんにちは、マカロンです。

ダ-リンの左手を見てください。
何か変なところはありませんか?
え?色が白すぎる?そうじゃありません。何か足りなくありませんか?

そうです、結婚指輪。
いったいどうしたの??

ダ-リン 「 いやぁ、結婚一年半で、どうやら痩せたみたいですぅ(*゚ー゚)ゞ

指輪がゆるくなってしまったんです。それも、先日のsapinを買いにいった時のこと。
売り場のおじさんに見せてもらっているとき、枝を止めていたビニ-ルが外れて、ぶわっと広がった瞬間、一緒にひゅるうるるっっと指輪が飛んだらしい(((゜д゜;)))
焦ったダ-リン、即座におじさんに異変を告げて探したところ、すぐ見つかってほっと一安心。
最近ゆるいんだよね~という話しはしてたんです。ついにサイズ直しへ。

いったいいつ戻ってくるんでしょう、ダ-リンの指に。
しばらく独身だねってからかったら、むふって冗談で笑ってました。コノヤロ~(゙ `-´)/

こんなことって、お宅のご主人ありましたか?
一応断っておきますが、マカロンは鬼嫁ってことはないのよぉ。
[PR]

by France_reims | 2007-12-07 06:11 | 事件!
2007年 11月 19日

困った臭いには

こんにちは、マカロンです。

解決したので笑って記事にできるのですが、以前マカロンちでは悩みがありました。
それは臭い。配水管がくさいんです。
ただしそれはマカロンちが何か詰まらせちゃったとか掃除が行き届かなくて、ではなく、アパ-トの主の配水管の掃除が入って次の日くらいから、なんだかクサイ。想像しやすくお話ししますと、キャンプ場や公衆トイレの臭いです。それがお風呂浴槽の排水溝から上がってくる...。

大家さんにすぐ手紙を書いて、来てもらったのですが、それがまたおかしいやら腹立たしいやら...。
この大家さん、なにやらすごいニンニクのかほりがする人なんです、食べ過ぎてるのかそういう場所に長くいるのか、はたまた中国人か??(注:正真正銘フランス人です)
なので、彼女がうちのアパ-トに入った時点でもうニンニク臭しかしない。逆にあの公衆トイレの臭いをかき消すくらいってそれまた凄いことなのですが...。
で、彼女、直接排水溝に鼻を近づけ、「何も臭わないわよ」「他の住人から苦情が出てないし、きっと貴方たちは臭いに敏感なのね」と一言。

まさかあんたの体臭で臭いがわかんないだろ、とも言えず、でもダーリン不在のときにこられたので、マカロン一人で頑張って意見してみたのですが、このアパ-ト排水管の掃除はこのアパ-トが建ってから17年目にして初めて行われたことがわかりました(それまでやっていなかったっていうのが信じられない!)。
そしておそらくその臭いがあがってきてるのね、という話しになったのですが、「空気の入れ替えをして、待つしかないわね。」という彼女に、試してみてだめならまた連絡します、というと、でも言われても何も出来ないから、とフランス人らしい一言が。
でも私たちも何も出来ないのは同じですから、と一言いってやりましたが、あまり効果はなかったかも(涙)

で、その後2週間にわたり、空気の入れ替えを行いましたが、臭いの強弱はあれど変化なし。
困った時にはママの出番です。
聞いてみたらいい商品があると教えてくれました。
それがこれ


で、効果のほどは、これをキャップ2杯流して、あっという間に臭いが消え去りました。この商品はもともとは配水管が汚れて詰まってきているのを、きれいにする効果があるようなんですが、レモンの香りなんかもついていて、いやな臭いもとってくれるものらしい。

もしフランスで同じような悩みを持つ方がいたら、ぜひお勧めです。
日本じゃこんなことありませんよね、やっぱりフランスは住みづらい国です。お洒落な国なんて、幻想です。
[PR]

by France_reims | 2007-11-19 03:25 | 事件!
2007年 09月 01日

手が・・・・・・

こんにちは、マカロンです。

フランスでしかも地方都市で仕事を見つけるのは難しい。
最近見つけたホテルの朝食準備の仕事があるのですが、5日くらいたったある日、ディレクタ-から今日はplonge(皿洗い)の人が急に連絡なしにこなくなってしまったので、ヘルプで入ってもらえないかとのこと。
日本でももちろん経験無しのわたくし、できるかなと思ったのですが、マシンも使うし、なんとかかんとか午前中から昼は乗り切りました。
しかし、問題は夜。この日は170人くらいのお客さんが来たので、おそらく洗った皿の数は1000くらいになるのではないかと...。マシンから出した皿をアツイうちに拭かなければならず、そのうち親指の一部が軽くやけど状態のような感じに。

でもそんなのは序の口だった!!((>д<))

夜ぐっすり寝て、朝起きてみると右手が腫れている。指を折り曲げることができない
(一応右の中指意外は折り曲げることが出来るのですが、これって外国人にむけてやっちゃいけないジェスチャ-になってしまうのだ)
左手はスポンジをもって洗っていた分、常時重たいお皿を持ち上げていなかったかららしい。
手の写真を撮って見ました。



わかりますか?特に中指と人差し指が腫れて、ちょっとぱんぱん状態。

この皿洗いの仕事は辞退し、朝食準備の方に戻る予定ですが、しばらく右手が不自由かも。手って大事ですよね。ダ-リンにも妹にも怒られちゃいました(;^_^A
そしてお金を稼ぐって大変なことですよね。
[PR]

by France_reims | 2007-09-01 23:35 | 事件!
2007年 07月 01日

うぉ~!!

こんにちは、マカロンです。

今日ちょっとネットサ-フィンしていたら、こんなニュ-スを見つけました。
大地真央 シャンパ-ニュで挙式
記事はこちら☆

何??場所はEpernayで、Reimsの隣町です。ここはモエ・エ・シャンドンをはじめ、有名どころがある、フランス一、一人当たり所得が多いといわれるお金持ちの町。
挙式は7/25(水)らしい。

しかしマカロンは、この間パリに行っているのです。ミ-ハ-丸出しでレポ-トしようとしたらだめだった...。
きっと日本からもリポ-タ-がたくさん来るんでしょうね。

素朴な疑問...場所はどこになるんだろう...。お相手の森田氏はシャンパ-ニュ大好きらしいので、まさかモエ・エ・シャンドンの迎賓館で、かなぁ。

ま、何はともあれ、おめでたいですね。
[PR]

by France_reims | 2007-07-01 15:23 | 事件!
2006年 08月 29日

フランス人のお寿司

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

私の住んでる町に台所用品が売られているちょっとおしゃれなお店があるのです。
そこで、今年の春くらいから料理のデモンストレ-ションが行われてるのです。
なんと引越し前日の4日はお寿司となっていた。
日本にお住まいのみなさん、フランスでお寿司を作るのはけして簡単なことではありません!
それをフランス人が作るのです。
マカロンもスモ-クサ-モンやアボカドなどを使い、なんとかやっていますが、もしかしたら具で何か発見があるかもしれないと、甘い期待をし荷造りの手を休め行って来ました。

ついてすぐに、写真を撮ってよいか確認すると、ダメと言われてしまい、残念-_-
ぜひぜひ皆さんにもあの状況を写真つきでお伝えしたかったのに...。

まず、お寿司は2品、裏まきと手巻き寿司になっていました。
材料をざっと確認すると、ん?と思う具はパプリカを入れることになっているくらいで、アボカド、エビ、至って普通の様子。
マダムを中心に男性を含む7、8人の人が集まって、デモンストレ-ションが始まりました。
まず、シェフは冷蔵庫からお皿を取り出した。お皿にひらべったく貼り付けられた状態のご飯。シェフいわく、冷やすのに少し前から冷蔵庫にいれておいたとのこと。ここで軽くいやな予感。

続いてシェフは、ボウルにご飯をスプ-ンでざざっと入れ、おもむろに混ぜ始めました。いや、練り始めました。
見ているマダムと話しながら練る練る練る...。(餅になるんじゃないだろうかと思ったマカロン)

巻き簾にラップを敷き、(練りたての)ご飯を乗せていく。ここでもスプ-ンの背を使い、ご飯を押し付け広げていく。もうこの時点でご飯はテッカテカ。そしてその上に(裏表を間違えた)海苔を乗せ、具のきゅうり、エビ、パプリカ、マヨネ-ズ、しょうゆを乗せていく....。
そしてお寿司は巻かれました。

日本だと裏巻きの場合、白ゴマなどをまぶすようにつけ、白くした部分を活かすように飾り付けると私は認識していたのですが、シェフはなんとランプの卵(キャビアのような魚卵で、赤か黒が売られています)の黒をお寿司の表面にまぶし始めた。
塗り塗り塗り~。あっという間に白かったお寿司は真っ黒。
冷蔵庫で落ち着かせましょう、とできたお寿司は冷蔵庫の中へ。

マカロンの血の気が引いているのをよそに、シェフは手巻き寿司へ進んでいく。

海苔をこれまた裏表反対で、巻き簾の上へ。海苔は切らずに一枚使用です。
さっきの裏巻きで使ったご飯の残りに、粉末のわさびを混ぜ、さらに練るシェフ。
そして海苔の半分だけに練られたご飯を乗せていく。
そこへ具のアボカド、きゅうり、白ゴマ、マヨネ-ズ、スリミ(カニカマ)を乗せ、ラッパのように巻いていく。
ずいぶん細長いなぁ、と思ったら、なんと一口サイズにカットし始めた!!

その後試食です。食べたくなかったんだけど、どんな食感なんだろうと、恐る恐る口へ。
浸水時間が短かったのか芯が残っているし、練っているのでご飯が固い。
こんなにまずいお寿司は初めてでした。
でもマダムたちもマドモアゼルも、裏巻きの方を美味しいといって食べている。ほんとのお寿司を知らないとこうなってしまうんだぁ。
見ていた人でアジア人は私だけだったのですが、シェフも私が日本人かもしれないとは思わなかったのかもしれません。きっと私のことは、お寿司に興味のある中国人と思っていたんだろうな。

ご飯は酢飯ではなかったし。ぜひあのシェフには日本のお寿司をきちんと食べてもらいたい思いでいっぱいです。
[PR]

by France_reims | 2006-08-29 02:36 | 事件!
2006年 02月 02日

祝☆シャワ-全快!


こんにちは、マカロンです。

皆さんから、何度もシャワ-は大丈夫?というやさしいコメントをいただきましたが、そのシャワ-がついについに直りました。というか、シャワ-ル-ム全取替え!
使えなかったときの写真は撮っておりませんが、直ったのがこの上の写真!
なんともキレイなシャワ-室ではありませんか。
去年の8月に書いた記事をみていただくと、シャワ-ル-ムを壁の前にデン!と設置したのがわかっていただけると思います。

うちのシャワ-の床が水漏れるようになって、浴びれなくなったのが去年の8月21日 でした。
それから早5ヶ月と少し。ほんとに8月という夏の間からでどうなるかと思ったけど、6月末の酷暑の後、一気に冷夏になったフランス。そのおかげでクサくならず済んだのは、少しだけ神様が味方してくれたのかな。
ここは実話ですが、ダ-リンがシャワ-浴びれて無い私に、脇がくさくない?と聞いて来たので、自分でかいで見てぜんぜん臭くない。ダ-リンも嗅いで、どうしてっ!!とかなり驚いていたのですが、私はアジアティックだからと締めくくっておきました。でも浴びてないといっても拭いたりしてましたからね...^-^;

で、早速シャワ-全快記念でシャンパ-ニュで乾杯です。

今日のシャンパ-ニュは、ペリエ・ジュエ。
ここのシャンパ-ニュはヴィンテ-ジだと緑色の瓶にエミ-ル・ガレの描いた花(この箱にもちょっと描かれている)があしらわれているのですが、ちょっと軽く出せないお値段なので、ノンヴィンテ-ジです。
でもそのうちヴィンテ-ジ買って、瓶を家に飾るんだい~。

余談ですが、このシャワ-が浴びれなかった間、髪の毛を洗っても時々痒い。原因はすすぎが足りないこと。流しの蛇口には勝てなかった私。よくすすいでるつもりでも、シャワ-で流しているのとは違うんですね。
襟足なんかは、蛇口が届かないから、トレイのような入れ物にお湯をいれ、自分でかけながら片方の手で泡を落とすようにしてたんです。
あぁ...腰かがめているからギックリにならなくてよかったと、つくづく思う...。


もうこんな思いをするのは懲り懲りですが、この国に住んでいる以上、また何か起こるのでしょう...。
驚かないつもりだけど、早々被害にあいたくないなぁ。
[PR]

by France_reims | 2006-02-02 01:07 | 事件!
2005年 12月 18日

これがフランス!




こんにちは、マカロンです。

先日納得いかないことがあったので、記事にすることにしました。
以前にも紹介したことのあるベルギ-のファ-ストフ-ドショップQuickですが、ちょうど今CHEESE FEVERというキャンペ-ン中で、異なる3種類のチ-ズが使われたハンバ-ガ-を食べることができるのです。

◎11/29-12/12 ラクレットという、サヴォア地方の濃厚なチ-ズ。じゃがいもとの相性抜群です。
ラクレットというその名もずばりの郷土料理もあるくらい。

◎12/13-12/26 エメンタ-ル。日本でも売られてますから、おなじみのチ-ズですよね。

◎12/27- 1/8  トム(tomme)という牛のチ-ズ
日本にも入ってないと思いますが、マカロンも未体験。

で、マカロンはラクレットが好きなので、街中やCMで12/12まで食べにいかなくちゃ、とダ-リンをそそのかし ダ-リンにお願いして12月11日に行きました
すると、店で今取り扱われてるのがエメンタ-ルと、デカデカと出ていて、ラクレットの文字がない。
いやな予感、ここはフランス...
で、聞いてみたら、

レジの担当者 「あ、変えたのよ」

ダ-リンとマカロン絶句 「・・・」

でも食い下がるマカロン 「でもラクレットは12日までじゃないんですか?」

担当者 「変えちゃったから、仕方ないのよ」

が~~~ん

日本だと広告にうたわれていることは、守られますよね?

ラクレットが足りなくなったのか、人気がなさ過ぎたのか知りませんが、私のようにこれを目当てにしてくる人だっているはずっ。

予想通り、desole(デゾレ=すみません)の一言もありませんでした。
フランスの店員たちから、この言葉聞いたことが一度もない私。

そして最後に一発。
ダ-リン 「au revoir」一応腹立っても礼儀は忘れない。

担当者 「ouais」 発音は ”うぇ”


この表現、oui(=yes)のくだけた表現で、客商売では普通は使わないと思う言い方。
学校でこういう返事をすると先生にも良くないから直しなさいと言われるし。
これを聞いた瞬間二人とも同じことを思っていて、席についてから、「今の何?」と怒りあってしまった。

長々とごめんなさいね。人が死ぬわけじゃないし、誰かが痛がる話でもないけど、やっぱりフランスの客商売って最悪だなと思ってしまったってお話しでした。
[PR]

by France_reims | 2005-12-18 05:47 | 事件!