カテゴリ:こんなの見つけました( 24 )


2006年 10月 08日

こんなのどうですか?


こんにちは、マカロンです。

ス-パ-に入っている眼鏡屋さんで見たポスタ-。
*クリックで拡大可です

Free Image Hosting at www.ImageShack.us

新製品の眼鏡らしい。

どうやら、日本をイメ-ジして作られたものらしい。ひらがなで作ったはんこのようなマ-クも入っているし。

名前はのどか


ちょっと新幹線みたいに3文字、でものどかじゃ早く走れないか...( ̄_ ̄ i)


どうです?これいけてますか?

中央が鳥居になってるし、なかなか考えたみたいです、フランス人。
[PR]

by France_reims | 2006-10-08 06:43 | こんなの見つけました
2006年 09月 10日

フランス式銭湯?

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

このブログを読んでくださっている方で、去年の8月以降からのお付き合いなら覚えていらっしゃいますよね?
マカロン家のシャワ-が使えなくなり、5ヶ月間涙涙の生活をしたことを。
引越しが終わり、そのつらい出来事を思い出すこととなったのが、表題のもの、銭湯です。
今度の家の近くにあるんです。その名も「Bains Douches」。直訳すると風呂シャワ-。

でもあるからといってシャワ-が壊れても怖くないわ、とはなりませぬ。
こういうところは汚いらしい。表の写真でも十分汚い感じですよね。
だいたい経営されてるのかも、いまいちわかりません。なので内部のリポ-トは出来そうにありません。
そして、祈るばかりです、家のシャワ-の行く末を。


実は引っ越し早々、トイレの調子が悪かったんです。流してもいないのに自然に流れるんです。
またかよ、と怒るダ-リン(前のアパ-トでもトイレの調子が悪く、パパに直してもらった経緯あり)。
でも引っ越したばかりだし、新しい不動産やのお手並み拝見と修理を依頼しました。
すると、2日後には修理の人が来てくれてあっという間に直してくれた。
しかも新しいシステムをいれてくれて、水を流すボタンを押したあとにすぐ押すと水が止まる仕組み。なんて経済的☆

なので、何かあっても対応が迅速である可能性が期待できるので、少し安心するマカロンとダ-リンでありました。
[PR]

by France_reims | 2006-09-10 02:20 | こんなの見つけました
2006年 07月 08日

マリ-アントワネットのニベア

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

変なタイトルで驚いた方もいることでしょう。
いつものように、定期購読している雑誌 が届きました。
さてさて、今回は変な記事 載ってるかしら?とぱらぱら見ていくと、新製品発売のペ-ジになにやら魅力的な名前&写真のものを発見しました。

La creme de Marie-Antoinette(*アクサン省略)
マリ-・アントワネットのクリ-ムですよ。
で、発売元は日本でもお馴染みのニベア。
下着会社のFifi Chachnil のクリエイタ-が手がけたものだそうです。
4缶セットで14.50ユ-ロ(2030円、@507円)(*_*)
1缶30ml入り。なんとも高い気がするマカロンです。



今年でマリ-・アントワネットが生まれてから丸250年ということで、先日フランスでマリ-アントワネットの映画も公開されているし、何かと雑誌でも特集を組んでいます。私も1つ雑誌を買ってしまいましたが、このニベアはさすがに買わないかな。
高いっていうことのほかに、どのあたりがマリ-アントワネットなの?(  ゚ ▽ ゚ ;)と突っ込みたくなる私です。
ピンク色かしら?
なので、今回は見送ることにいたします。

欲しい方は、パリ、ギャラリラファイエットで売られていますよ。
1500個限定だそうなので、お早めに!
*日本人は限定品に弱いので、意味も無く揺さぶった終わり方ですみません。
[PR]

by France_reims | 2006-07-08 01:57 | こんなの見つけました
2005年 09月 13日

これは栗じゃない...



こんにちは、マカロンです。

この季節になると、苦い思い出が蘇ります。
去年の10月初めのことです。私にとって初めてのフランスの秋。ダ-リンと、紅葉がキレイな公園に出かけました。
そこで、あるご婦人がなにやら子供と一緒に、何かを熱心に拾っている。
すると、お~~~~!!栗ではありませんか
で、早速地べたに落ちてるのはおいしくなさそうなので(キレイじゃないし)、木についてるのを、石をぶつけて落としてとることにしました。
そして、1時間は熱中していた私たち。多分1kgは拾っていたと思います。
石をかなり上まで投げるので、利き手が筋肉痛になりそうなくらい、頑張っていた^-^;

でも、あることが一つ気になっていたマカロン。
日本のと、イガイガが違うよ、これ...。

で、それから家に帰り、それが栗ではなく、何なのかを発見したのです。

それは、マロニエの実。日本語では栃の木の実

食べられるの??

いいえ、食べられません

フランスでは飢饉にならない限り食べるなと言われているものらしい。
マカロン、飢饉じゃないのに手を出してしまった(滝汗)。

すると今度は別の疑問が沸いてくる。
なぜ、あのご婦人は拾っていたのでしょう。何に使うつもりだったのだろう。知りたい~。

今年またあの公園にいって、拾ってる人を発見したら、聞いて見たいと思うマカロンでした。
ちなみに、これが実がなっている状態です。
*私たちががんばって取ったのは、もう少し後の時期なので、色はこれよりも黄色っぽかったです
しかしぜんぜん違うよね。でもこっちの栗って味がちょっと違うし、こんな栗もあると思ったのぉぉぉぉぉ(泣)
味が違うというのは、日本のより甘くなくてホクホクしてなくて、あまり美味しくないという意味です。美味しい甘栗食べたいな。
[PR]

by France_reims | 2005-09-13 06:53 | こんなの見つけました
2005年 09月 05日

そんなの集めてどうするの?


こんにちは、マカロンです。

日本でもデアゴスティ-ニなどから、付録(?)を集めるシリ-ズが発売されてますよね。
例えば、車や電車の模型、お人形シリ-ズ、ド-ルハウスなどなど。

フランスでも存在します。
でもね、ついてるもの(コレクション対象のもの)が、少々違うのです。
渡仏後目にしたものは、結構オ-ソドックスな人形系、アンティ-クカ-などが出ていました。
ここのところは、DVDなんかもあり、一番驚いたのは、eventails(エヴォンタイュ=扇子シリ-ズ)。

初回はポンパド-ル婦人の扇子ですよ。2.99ユ-ロ(約420円)で手に入ります。
彼女は、一応資料としても扇子を使っていた事が残っているので、間違いではないのです。

で、こういうのって初回は安い値段設定になっていて、2回目からは普通の価格になりますよね。
それにしてもポンパド-ルの扇子、TABAC(タバ=タバコや雑誌を売ってるキヨスクのような店)で見かけましたが、この写真よりも色がどぎつくて、ひいてしまいました。

で、HP探して見ました。コチラ

このHPを開くと、3つくらい扇子が開いて、その後ウィンドウ左下の方にある「voir la publicite」をクリックすると、今フランスで流れているCMを見ることができます。

頻繁にTABACに行ってはいませんが、買ってる人見たこと無い~。CMに出てくる黒い引き出しももらえたら、確かに圧巻って雰囲気だけど、フランスじゃそうそう扇子やうちわを使う機会もないと思うのですが。
やはりこれもアジアのものってことで、ア・ラ・モ-ド?
[PR]

by France_reims | 2005-09-05 06:54 | こんなの見つけました
2005年 09月 03日

ス-パ-の小冊子


こんにちは、マカロンです。

私の家の近くにあって、歩いて買い物にいけるス-パ-でchampion というのがあります。
そこで2ヶ月置きに出している無料の雑誌がありまして、マカロンの愛読書になっています。

どんなことが載っているかといいますと、普通の女性誌みたいに、美容、健康、お料理、恋愛、子育て、旅行などなどタップリの内容。90ペ-ジくらいで厚すぎず、かといって広告ばかりでもないので、私は雑誌を買わなくても、これで満足できるほどなんです。

で、ここに毎号20くらいのレシピがついていて、家庭用、経済的、スピ-ド料理などわかれており、写真と作り方が詳しく載っています。
また、championで出してるだけあって、使う材料もchampionブランドの商品をさりげなく宣言。
レシピの一番最後に「お買い物リスト」もついていて、便利に使えます。
注意:このchampionは野菜の鮮度が恐ろしく悪いので、野菜以外で買い物するしかないのがツライところです。マカロン家の近くだけ??お近くにchampionがある方教えてください~。


*画像クリックすると大きくなります。

また今回の記事でマカロンが気になったのが、簡単にできるブリコラ-ジュ(日本でいう日曜大工)のコ-ナ-で、チ-ズの箱を使ったランプ。
チ-ズの箱にプラスチックシ-トを布に張ったものをホチキスでとめ、中にろうそくを入れるというものなんですが、コチラにすんでいると、チ-ズの箱も結構たまりますし、こういう再利用はいいかも☆
チ-ズの箱って木なので、ろうそくいれると危なくないの?とそこだけが心配ですが^-^;
[PR]

by France_reims | 2005-09-03 00:08 | こんなの見つけました
2005年 07月 27日

どらちのサイズがお好き?

こんにちは、マカロンです。

フランスの雑誌はめくっていてなかなか目に楽しいものです。
日本のような事細かなメイク方法の記事がないのを除けば、恋愛ネタ、ダイエットネタ、お料理ネタ、芸能ネタ、星占いと日本と似たようなものです。

しかし、日本とは違うことがあるのです。

この写真をご覧ください。
これは日本でも日本語バ-ジョンが出ているおなじみの「マリ・クレ-ル」です。右は4月ころ、左は先日買ったものです。
これは号が違うので表紙が違っていますが、毎月同じ表紙、同じ内容で大小二つのサイズで販売されるんです。
マリ・クレ-ルの他にもこういった形態の雑誌は何種類かあります。

これって、2種類出すことで売り上げに何か違いがあるんだろうかと考えてしまいます。
いったい大小どんな%で、どっちが売れるんだろうなんて...。
大きいサイズの方が、もちろん文字は大きくなります。だから老眼が始まったマダムが選ぶから?でも彼女らはこの手の雑誌を読むのだろうか...。いろいろ考えてしまいます。
ちなみに私は小さい方が好きですね。バッグにもささっと入るし、ちょっと時間が空いたときなんかに、読めたりするので、お出かけにも持っていっています。
*ただし辞書も一緒にもつ必要がありますけど...^-^;

さて、今回私が買った8月号には、おまけがついていました。それは恋愛小説の小冊子。
中のタイトルは「愛、私がまだ出会っていないもの」、「私の二人の夫」、「アメリカ人の情夫」など。
夏の雑誌にこういう付録がつくというのは、やはり夏は恋の季節ってことでしょうか。
よくフランス人にとっては年中そんな季節って言われるけど、実際住んで見て、年中恋愛まっしぐらなんてフランス人には未だ出会ったことがありません。
イメ-ジが先行しているだけなのかな。それともパリに住んでると、そういう人見かけることも多いのでしょうか。

*雑誌の表紙ですが、左がアンジェリ-ナジョリ-、右がソフィ-マルソ-。
私はソフィ-は昔から可愛いなと思っていたのですが、私より年上で、
こういった可愛さを保ってるのはやはりすごいなと思ってしまいます。
ダ-リンもファンではないけど、彼女はきれいだといいます。
[PR]

by France_reims | 2005-07-27 23:07 | こんなの見つけました
2005年 07月 12日

ヤリス!


こんにちは、マカロンです。

なんだ、このタイトルは?とお思いになりましたか?

これはフランスで販売されているTOYOTAの車で、YARISといいます。
カタカナで書いてもヤリス、ひらがなで書いてもやりすですが、変な名前だと思いませんか?
私はどうも馴染めません。

実はこの車、ダ-リンが、次に欲しい車なのです。
私もフォルムや色など好きな感じなので、賛成なのですが、どうも名前だけが...。
日本で売られているTOYOTAのラインナップでは、どれに該当するんでしょうね。
他に日本でもおなじみのアベンシスやカロ-ラは、普通にこちらでも同じ名前なんですけど。
うちのダ-リンが今乗ってるNISSAN車も、日本で売られている名前となんか違うんですよ。
日本の方が可愛い名前です。

フランスのTOYOTAのHPはこちら です。
[PR]

by France_reims | 2005-07-12 22:53 | こんなの見つけました
2005年 07月 07日

ス-パ-に行くのが楽しい?2


こんにちは、マカロンです。

以前紹介したス-パ-での買い物カ-ト子供用ですが、私のいつも行ってるス-パ-のを撮影成功しました。

 こうやって、買い物したものを置くベルトコンベアみたいなのと高さを比べると、ほんとちっちゃくて可愛いのがわかると思います。
色もとずいぶんカラフル。
一応親が、危ないときにぐっと引っ張る用(?)の取っ手もついています(赤い棒がのびてる中間にグレイの三角のがそれです)。

これは無料なので、利用者も多く、大抵可愛い姿が見られます。
先日は、買い物中に、カ-ト使用中の子供3人くらいみました。
女の子だけじゃなく、男の子もお気に入りの様子。
この写真みて、思い出したことですが、43、44って見えますよね。
これってこのレジがこれだけの数あるってことなんですけど(大型ス-パ-なので)、これが全部あいてるわけじゃないんです。
夕方の混んでるときも同じです。
何のためにこんなにレジがあるんでしょう。マカロンの素朴な疑問です。

あと、マカロン家では土曜日は買い物をなるべく避けるのですが、それと同じように避けてるのが水曜日
学校が休みなので、子供連れの家族が多いんです。レジは少ないし、混む混む混む。
レジの対応もさらに悪くなりがちだし、いいこと無しです。
[PR]

by France_reims | 2005-07-07 07:00 | こんなの見つけました
2005年 06月 20日

フランスのファミレス

こんにちは、マカロンです。

昨日ダ-リンと買い物に出かけた帰り、もうそろそろお昼だよね、ここで食べて帰ろうかと、Flunch(フランチ)に入りました。
実はここは初めて入ったのですが、フランスのファミレスみたいな雰囲気。
サラダ、デザ-ト、チ-ズ、飲み物を各自トレイに取り(バイキングみたい)、最後にレジでメインをオ-ダ-する方法です。
そして、レジで引換券をもらい、メインを受け取った後、付け合せのポテト、パスタ、煮野菜、ソ-スを自分でお皿にもって、ハイ出来上がり。

今日マカロンが選んだのは、こちら⇒

メインは、牛肉のテネシ-風(?)。牛肉のステ-キが、細かく切ってステ-キ状に焼いたポテトの上に乗っかってるもの。
ソ-スは、胡椒とトマトの2種類あったので、トマトを選択。
付け合せはフライドポテト、ニンジンとグリンピ-スの煮たもの。

右側は、ゆでたアスパラと生ハム(こないだも食べたばかりなのに)。で、これが最高にまずかった-_-

そしてデザ-トは、フランボワ-ズのム-ス。
これはかなり甘かった。

パンをつけて、これらで、12.4ユ-ロ(1736円)なり。満足度からすると、かなり高いかなぁ。

ちなみにダ-リンはメインは同じもの(+胡椒のソ-ス)を食べて、デザ-トはイチゴがカスタ-ドクリ-ム、ホイップクリ-ムと一緒になったパフェみたいなのを食べました。
こちらもかなり甘かったです。

ファミレスの雰囲気が味わいたい人には、お勧めです。
[PR]

by France_reims | 2005-06-20 23:04 | こんなの見つけました