シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:フランスでの手続き( 7 )


2010年 11月 09日

お役所仕事

こんにちは、マカロンです。

ラロシェルで10年有効の滞在許可証をゲットしたのですが、引越しすると住所変更手続きをしなければなりません。

3月に引っ越してすぐに手続きにいきました。
前に引っ越したときはカードの裏に新しい住所のシールを貼ってくれました。ものの5分で終了です。そのつもりでいったら、なんとカードを更新する際に提出する書類を全部出せと言われたのです。
顔写真、3年分の税金の書類、パスポートのコピー、家族手帳 etc…。
なんでこんな煩雑なことになるの?ときいたら、県が違うから、と片付けられてしまった。データはフランス国内で共有されてないの?と思ったけど、フランス人相手に言っても始まらないことが多いのでしたがうことに。

その後、カードを取りに来いと連絡がきたのは10月!(バカンスはさんでる時間かかります)
召喚状には70ユーロの証紙を用意とありました。ラロシェルでも払ってるのに?と思ったけど下手に逆らっても(私ってとても下手に出てますね)と思い、支払って受けとってきました。

そしたら数日後また召喚状が。カードを持って来なさいと。
なんだろうと思っていったら、あなた、支払ってるけど県変更だから要らないのよ、とあたかも私のせいみたいに言う。
ここは反論です、クールに。
そしたらやっとあちらの落ち度だと認めてくれました。

70ユーロは払い戻してくれましたが、あんな待たされたり、身に覚えのない召喚状もらって、なんだこれは?とドキドキしたのはどうしてもくれないのよね。
実は2回目の召喚状を受けとるとき、なぜか着払いで届くし(もちろんこれも払い戻ししてくれとお願いしました)。
何年住んでもなんだこりゃ?が絶えないフランスです。
e0115350_6211991.jpg

*写真は県庁のエラーであることを認めたサイン。最初からこう書いて呼び出してくれればドキドキしないのに…。
[PR]

by France_reims | 2010-11-09 06:01 | フランスでの手続き
2009年 08月 24日

10年カードをゲット!

こんにちは、マカロンです。

今回の引っ越し、急に決めたことだったので、とてもばたばたでした。
ちょうど滞在許可証の更新が引っ越しにかかっていたので、Reimsで申請するかLa Rochelleでするのか、そしてLa Rochelleでした場合、窓口の対応はどんなかなと心配は尽きませんでした。

結局Reimsでとってたランデブーは引っ越しより後の日付になってしまったので、La Rochelleで確認すると、まず申請書類が違う。申請の仕方もReimsはまずランデブー(予約)とってから、La Rochelleは並んで順番待ちとこの違い。
そして今年は結婚してから4回目の更新になるので10年カードがもらえるはず。サルコジ大統領になってからフランスに住む理由は何か、これまで何をしてきたか、動機文を提出&市長(市によって異なる)などとの面接が義務づけられることになったんです。

でもLa Rochelleの窓口で、今年は引っ越してすぐだから10年のは無理よ、とマダム。
どこに住んでいようと結婚してから丸3年たってればいいんじゃないの?と思ったけど、そこは窓口の人の対応によるのがフランスなので従うことに。用意しようと思ってた動機文も書かずにそれ以外の書類を提出しました。

しばらくしたら連絡があって、カードができたから取りにくるようにとのこと。しかも10年カードって。
動機文書いてないけど、いいんでしょうか〜?ま、いっか〜これがフランスだよな〜。
これで2019年まで申請にかかる煩わしさから解放されました。
でも更新忘れないようにしないとなぁ。
[PR]

by France_reims | 2009-08-24 07:39 | フランスでの手続き
2007年 02月 11日

運転免許を入手☆

こんにちは、マカロンです。

以前に申請していた運転免許証が、ようやく手に入りました。


写真をクリックすると拡大できます。このように3つ折状態になっていて、左には自分の名前、住所、申請したときの写真(みかんで隠してます)などが貼られます。
右側2列に有効な免許の種類が表示されています。

写真でわかりづらいかな~。写真や名前が印刷されてる部分にしかビニ-ルコ-ティングされてないんです。
一生ものなのに、こんなのってガッカリ...。だんだんボロボロになっていくわけだ...(-。-;)
*噂では一生ものも、将来変更されるかもしれないらしい。ほんとかなぁ。
[PR]

by France_reims | 2007-02-11 02:10 | フランスでの手続き
2006年 10月 31日

運転していいの?

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

先日運転免許の書き換えを申請したと書きましたが、何やら役所から手紙が届いた。
ダ-リンが、もう受け取りにこいってか?な~んて言いながらあけると、そこにはレセピセが。

そうです。本物運転免許をもらえるまでの間、運転できるようにレセピセ(仮免許証のようなもの)が発行されたんです。
その場でもらえる場合もあるのかわかりませんが、私の町ではこのように後から郵送で届くようです。

で、これで運転できるってことですぜ。こわいよ~。
運転免許とったのはマニュアルで、14年前。免許とってから買った車はオ-トマでフランスに来るため車を手放してから、ずっと運転しておりませぬ。かれこれ5年くらい。

でもこんなこと言ってたら、本当に免許を受け取ってからも運転できるのだろうか...。かなり怪しい...。

そして余談ですが、受け取った書類のフォント。なんだか丸っこい可愛らしい書体なんです。
日本だと明朝体がほとんどですよね。こちらではアルファベだからさしづめゴシックとかがいいところだと思うんですけど、これがフランスなのかな、公の文書でも可愛らしい...。
[PR]

by France_reims | 2006-10-31 02:56 | フランスでの手続き
2006年 10月 25日

運転免許証の書き換え

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

結婚してから役所に手続きして、1年有効の配偶者用滞在許可証をもらったのが7月。
この滞在許可証をもらってから1年以内に日本の運転免許証をフランスのそれに書き換えることができるのです。
*注意 学生ビザでは書き換えは出来ません。
で、準備をして、ようやく役所にいってきました。

先に書き換え、免許証をゲットしていたcc-ristさんの記事 も参考して、もって行くものを確認していたのですが、何やら少し違っていました、うちの町。
うちの町で必要と言われたのは、以下のもの
1.運転免許証とそのコピ-(白黒)
2.滞在許可証とそのコピ-
3.運転免許証の法定翻訳とそのコピ-
4.写真2枚
5.住居証明1部とそのコピ-


cc-ristさんと違っているのは、まず申請書って何も書かされなかったこと。また切手を貼った封筒(自分の宛名を書いたもの)も不要。パスポ-トのコピ-は、滞在許可証があるんだから本人ってわかるわよといわれて終わってしまった(確かに)。
で、念のため確認したところ、受け取る証明書が郵送で発送されるので、それを持ってまたおいでとのこと。
ちょっと大丈夫かなと不安が残りますが、ま、待ってみることにします。
《 結論 》フランスは役所によって必要書類が違います。その役所に確認してみないと、ほんとに当てになりません!

余談ですが、フランスの免許証は一生更新無しなんです。日本の免許証を流さないように5年置きに更新というのは海外在住者にとっては非常に難しい、ということで書き換えてしまいました。
つまり写真はずっと同じものが使われる。なのでマカロン、写真の用意はかなり緊張しました。自動のマシンでは取らずにきちんと写真屋さんへ。

そして一つ改正がありました。
以前は日本の免許証ってその場で没収だったんですが、大使館が働きかけて、返却してもらえるようになったそうなのです。
マカロンも申請時にすぐその場で返してもらえました。また没収になった免許証も(期限が定かじゃありませんが)、大使館経由で返却されるそうです。そのためにも在留届は必要ですね。

*写真はダ-リンの免許証です。マカロンのはいつもらえるかな、わくわく♪
[PR]

by France_reims | 2006-10-25 03:01 | フランスでの手続き
2005年 06月 16日

味見+滞在許可証


こんにちは、マカロンです。

先日紹介した「馬ソ-セ-ジ」食べてみましたよ。
どうやって食べたかというと、炒めただけです。
一応素材の味を確認するってことで(でも本当は他の調理法が思いつかなかったんだけど^-^;)
同じくマルシェで買った、新キャベツも炒めてみました。
*新キャベツといいますが、日本の冬キャベツくらい、ぎっしりまかれてます。

で肝心の味の方は、にんにくがきいてて、普通のソ-セ-ジでしたよ。
特にクセもなかったし、ダ-リンにも少しだけ食べさせましたけど、一応食べれてました。
お肉がぎっしり詰まった感じで、包丁で切るのもかなりの手ごたえでしたねぇ。
木の葉パンさんが書かれていたように、コンビ-フのようなぎっしり感でした。

それと、気になるあの色!やはり着色してあったようです。
キャベツに色が移っていたもの...。
何の着色かわかりませんが、あの色を自然で出すのは難しいのでは?
ということで、次は買わないと思います。

-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----

それとかなりむかついたことがあるので、ここに書くことにしました。
むかついたけど、私自身も勉強になったことです。
フランスに住むためには、日本でビザの手続きをし、フランスにきてから、滞在許可証という証明書の発行手続きをしなければなりません。

私はこの国では学生という身分で住んでいますが、通常滞在許可証が切れる2ヶ月前からランデブ-(約束)をとり、その決められた日に行って、更新手続きをしてもらうのです。

予約を取りに行ったのは4/18、許可証は6/15まで、ランデブ-は7/4です。
このランデブ-が取れれば、滞在許可証が切れていても、滞在には問題が無い、ということで、マカロンうっかりしてました。

マカロンは5月から働き始めました。
行ってる学校に求人があって、応募したら通ったのです。
で、しかるべき手続きを行い、一時労働許可証を出してもらっていました。
 *通常の学生身分では働くことはできません。
しかし、上記の滞在許可証が切れている期間には、滞在自体は問題ないけど、労働はできないんですね。
私と勤務先の間に入っている派遣会社から連絡があり、発覚。
これを知らなかったのが、まず最初の敗因。

既に6/15~7/4の間に仕事の予定が4日入っていたので、急遽ランデブ-前だけど、滞在許可証の更新ができないか、県支庁にかけあったのですが、答えはNON。
でも窓口の男性が、今日のランデブ-の人がいなくなったら、受け付けられるからと言ってくれたので、言われたとおり、40分くらい後に出直すことにしました。

そして、戻ってみると、さっきいたときより少し人は増えているものの、そんなにランデブ-の用紙を持っている人がいないみたい。こりゃいけるか?と淡い期待をするマカロン♪
番号札をランデブ-のある無しに関わらずひかされるのですが(これが意味不明)、自分の番号が呼ばれ、先ほどとは違う女性の窓口へ。この時点で15h00でした。
ダ-リンが事情を説明すると、すぐさま「NON」。
その理由は、他にもランデブ-を持った人がいるから。
すかさず、ダ-リンは待ってる人たちに、今日のランデブ-を持ってる人はいるか聞くと、誰もいない。
それならやってくれるよね?と聞く私たちに、彼女は「今日の私の仕事の割り当てはもうマックスを超えたから、もう出来ない」と言い放ったのです。

仕事の割り当て?1日に何人を受け付けると、あなた様の仕事は決まってるので?
とギモンがいっぱい、でも怒りもいっぱいのマカロン
しかし、フランスではキレルと、そこでもうだめなんですね。
日本だとごねたもん勝ちなんてあるけど、そんなのは通用しない社会。
ダ-リンも堪えてました。
*この国ではフランス人同士だとラシストに見られたくない人が多いのか、スム-ズに進むことが多いので、私はいつも同伴してもらっています。

すると、先ほどの男性が、やっぱり待っててくださいといってくれたので、私たちは一度待合スペ-スに戻ったのですが、だんだん終わりの時間が近づいてきても、後から来て番号札をとる人は、途切れない。
結局終了時間の15分前には、もう今日はいかなる書類も発行できないと、さっきの女が言い放ち、戸を閉めにかかった。
結果私たちは13h30から16h00までいて、滞在許可証を手にすることは出来なかったのです。
パリでは結構ランデブ-を持っていても、何時間も待たされた挙句、何も受け取れなかったなんてことはよくあるようですが、ここは地方。しかも待ってる人間は10人程度。
その日に来てる人は、処理してあげようよ。
日本だったら、時間でしめられようと、そこまで番号をとって待ってる人は受け付けるもんですよね。
でも一番腹がたったのは、自分の割り当ての一言だった。
この一件で、この単語覚えましたよ。quota(コタ)といいます。割り当てのこと。

そして、その後派遣会社と勤務先に連絡。
勤務先は派遣会社から既に連絡がいっていたけど、通常の仕事のプランニングは直接勤務先とだったので、どうにも4日間の穴をあけてしまうので申し訳ない気持ちでいっぱいだった私に、責任者は「マカロンは私たちのエキップ(チ-ム)だから」と言ってくれたんです。
マカロン感動。泣いちゃいました。

7/4にまた県支庁に行って、滞在許可証をもらったら、今度は切れる間際のランデブ-の日付には気をつけますよ。今度は切れる4ヶ月くらい前にいってランデブ-を切れる前にもらってやる!!

フランスに住むには避けて通れない滞在許可証。
これからも私にはついてまわります、この苦労が。
でもこうして段々強くなっていくのかも知れません。
[PR]

by France_reims | 2005-06-16 22:30 | フランスでの手続き
2005年 03月 19日

所得税日払いのときがきた!


こんにちは、マカロンです。

ダ-リンに税金の書類が届きました。フランスという国は、個人で計算する仕組みらしいのです。私はまだよくはわかっていないのだけど、日本でいう所得税に当たるものだと思われます。

払い方は各自で選べて、各月、年に3回、年に一括となっています。
なんだかダ-リンが少しブル-になっている...。

フランスって独身が一番税金の率が高くて、大変らしいんです。フランス在住者の掲示板にも、働いても働いてもお金が出て行くって投稿がよく載っているし。

でもその分日本より優れている社会保障などもあるらしいけど(ごめんなさい、もっと勉強します^^;;)。
フランスではインタ-ネットで申告すると、20ユ-ロが割り引かれるらしい。日本円で約2800円。日本も確定申告がネットでできると思うけど、こういう割引はあるのかな。



---後日談---
インタ-ネットでは、申告はスム-ズにはいかなかった(さすがフランス^^;;)。でもメ-ルで問い合わせをしたら、次の日には返事がきた(ここは感動!)。

で、無事にダ-リンはネットで申告ができ、割引も適用になったのでした。
[PR]

by France_reims | 2005-03-19 06:04 | フランスでの手続き