シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Reims(ランス)・近郊( 31 )


2008年 02月 12日

美味しいのですが・・・

お久しぶりです、マカロンです。
軽いガストロ(胃腸炎)になって、少し臥せってました~。今は復活です。


週末ダ-リンと映画を観にいった帰り、お菓子屋さんの前を通りかかって、ショ-ウィンドウのお菓子があまりに綺麗だったので、ダ-リンが買ってくれたんです。
南仏のお菓子カリソン。そばに置いてあるのは、カリソンのフェ-ブです。先日紹介した中にあったのですが、可愛いでしょ~♪

ダ-リンは初カリソンで、食べた瞬間、「う~ん、悪くはないけど、全部食べていいよ」と。
調べてみればそれもそのはず、カリソンは「アーモンドとメロンのコンフィ(砂糖漬け)、オレンジピールがベースとなったお菓子」なんです。このメロンっていうのがダ-リン大嫌いなもの。きっと感じ取ったに違いない。
でもメロンが入ってるって知りませんでしたよ~。
黙ってるのも何なので、後からメロン入ってるってと言ったら、ふ~んってちょっと固まってました009.gif

で、この買ったお店ですが、シャンパンのブッション(栓)の形をしたChocolatなどが売られていてなかなかいいお店なんですけど、店員さんがいけません。接客中ぶすっとしたまま。こっちがBon week-endと言ってもmerciだけ。店を出た瞬間、すごかったね~とダーリンと同じことを口走ってました。
ま、パリのラデュレほどじゃないけれど、今まで利用したときも、ちょっといやな気分になったことも。

一応お洒落&美味しいお店なので、紹介しておきます。
La Petite Friande
15 cours Langlet 51100 REIMS


034.gifご利用の際は愛想の悪い店だということを頭において、入店のほどを。
[PR]

by France_reims | 2008-02-12 05:10 | Reims(ランス)・近郊
2007年 12月 01日

Marché de Noël


こんにちは、マカロンです。

12月になってしまいました。今年も後1月。まったくもって月日のたつのは早いです。
日本でもそうでしょうけど、フランスでも食べる機会が増える、すなわち、太る季節です。
秋も食べ物美味しいけど、冬も寒いからって暖かい食べ物がおいしい季節。困ってしまいます。

さて、Reimsでも11/23からMarché de Noël (クリスマス市)が始まりました。
市報誌によると、フランスで訪問客がNo.3なんだそうです、Reimsのは。
No.1はもちろんストラスブ-ルなんでしょうけどね。

で、今年もダ-リンとお散歩がてら行ってみましたが、出ている小屋は例年と変わりなく...(つまんない (゙ `-´)/ )。

ダ-リンと毎年気にはなってたんですが、食べたことがないものをついに試してみました。

いろんな味があるようなんです。私は初なのでミルクチョコ味を。ダ-リンはココナツ味を試しました。
中はこんな感じ。食べかけですみません


うまく表現できないけど、メレンゲのような泡泡のものがチョコでコ-ティングされてます。1個0.60ユ-ロ(100円)。まとめて買うとお買い得になってました。
お味は、軽くて甘すぎなくていいのですが、リピはありませんね。寒い中で買って食べるならクレ-プやワッフルの方がいいかも。

このMarchéは12/27まで開かれてます。もし旅行のついでにパリから地方へいきたいけど、ストラスブ-ルまでいくのはちょっと遠い、というときはぜひReimsへ!
[PR]

by France_reims | 2007-12-01 02:11 | Reims(ランス)・近郊
2007年 11月 12日

Salon des Vins


こんにちは、マカロンです。

しばらくご無沙汰してしまいました。
な~んかブログを書く意欲減退だったんですよね。なんでかわかんないんですけど。
心配してメ-ルをくれた方もいて、ありがたいことです。
ちょっとスランプ脱出しましたので、これからまたぼちぼち書いていきます。よろしくお願いしますm(_ _ )m

           ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日曜に、ダ-リン両親と一緒にSalon des Vinsに行ってきました。毎年秋から冬に4都市で行われるワイン見本市で、フランス全土のワインが試飲・購入できるというもの。
入場料は一人6ユ-ロ。チケットを渡すと入り口でグラスを一つもらえます。これで飲み歩く試飲するというわけ。

去年はダ-リンと一緒に行ったんですが、そのときはパパママの代わりにワインを買ってくるという使命があったので責任重大だったのですが(ワイン飲めないダ-リンは無理)、今回は3人なので気が楽でした。

今回ホ-ルが3つに分かれていて、1つのホ-ルにだいたい130前後のワイナリ-のブ-スがあります。たくさん回るとそれだけ酔いも回るというわけで、お目当てのブ-スへ。

それはママのおばさんの甥っ子のワイナリ-(ダ-リンとその甥っ子さんは何という関係になるのだろう...?)です。

白と赤を試飲したのですが、白は問題なく美味しい。赤はなんだか去年飲んだのより味が美味しくないような...。そうです、この地方(オルレアン)では2005年の方が2006年よりよかったのと聞きました。でも長くカ-ブで保管しておけば良くなりそうな予感の味だったので、パパママは友達の分も合わせて赤白30本お買い上げ。
何でも白は料理雑誌の今年のワインにも選ばれたらしいです。

その後は全体的にぶらぶら見て歩いて少し試飲。
チョコレ-トがこれでもかっとまでに積まれていたり...


魚のス-プや缶詰


濃厚で飲んでもおいしそうなオリ-ブオイル


ビ-ルのつまみでもいけそうなハム、ハム、ハム...


ワインとくりゃ、そりゃフロマ-ジュだろっ


他にフォアグラやエスカルゴのお店も出てました。試食は思ったより積極的にやっていなかった気がします。でも目でも十分に楽しめた一日でした。

最後にSalon des Vinsの日程をお知らせします。
ランス以外は、以下の都市で以下の日程で行われます。
Lille       11月16日~19日
Paris      11月22日~26日
Strasbourg  2月15日~18日

公式ペ-ジはこちら☆
[PR]

by France_reims | 2007-11-12 01:38 | Reims(ランス)・近郊
2007年 10月 26日

Fête des Vendanges その2

こんにちは、マカロンです。

昨日のブドウ摘み祭りの続編です。昨日の鳴り物入りのご登場はpressurage(圧搾)の披露だったんです。

ブドウを持ってたおじさんたちはお揃いのこんな衣装でスタンバイ。


昔ながらの圧搾機に重さを量ったブドウを入れていきます。


すると見えますか?ブドウが積み重なる重さですでに果汁が流れ出しています。


上についてるねじみたいなのをきりきり締めていくと、果汁がどんどん出てくる出てくる...


予想通り絞りたて果汁が振舞われました。手タレ・ダーリン、ただいま売り出し中
味は結構甘かったです。でもマカロン自身はこういう機械を見るときれいなのかな?と思ってしまうので一口でストップ。ダ-リンが乾杯してました。



なかなかの人手で、普段見ることのできない昔の工程も面白かった~。ただ一つの失敗さえ、なければ...。


その失敗とは、入場料は一人5ユ-ロ。そのチケットに半券がついていて、シャンパンフル-トを一つもらえるようになっていたんです。そのフル-トをもって、ブ-スみたいなところへ行き、シャンパンが飲めた模様。
なんとそれに気がついたのは、次の日の朝だったんですよ(°Д°;≡°Д°;) 
おばかなマカロンたちにカンパイ!
[PR]

by France_reims | 2007-10-26 18:34 | Reims(ランス)・近郊
2007年 10月 25日

Fête des Vendanges その1


こんにちは、マカロンです。

やっぱり秋は美味しいものが多いし、ここにきてお出かけする機会が増えているマカロンち。
今回はFête des Vendangesにいってきました。ここシャンパ-ニュ地方の名物シャンパンを作るぶどうの、摘み取り祭です。
実際には摘み取りはもう終了しているのですが、終わって落ち着いているからこそ出来るお祭りなのかもしれません。

今回の場所はVillers-Franqueuxというランスから11kmの村でした。2年おきに行われているこのお祭り、村が回り持ちで変わるんです。

私たちを迎えてくれたのがこんなブドウのオブジェ。これ全部シャンパンのコルクで作られてるんですよ。展示の説明では、
このブドウには5500個のコルクが使われているそうです

近づいてみると、こんな感じ


シャンパンの澱を抜くためのピュピトルもこの通り。


そのまま歩いていくと、tirageといって、二次発酵するために一次発酵済みの白ワインを壜につめる作業を披露してました。これは昔ながらの方法でして、今は機械でつめてしまい、栓もこんなコルクではなく王冠でやってしまいます。ドン・ペリニョンのような高級シャンパンはいまだにこの方法をやってるようですけどね。

まず樽からシャンパンになる白ワインを壜に注ぎます。


そしてコルク栓をして...


コルク栓をとめる金具をはめると


出来上がりです


また、樽職人さんの技披露もあったり見所いっぱい、昔のシャンパンつくりの工程が楽しめるお祭りでした。

事前にプログラムがわかっていたら、他の工程も見れたのでしょうけど。

夕方には友達と約束が入っていたので長居できず、残念だったね、なんて話していると、向こうから何かやってきた。ラッパみたいなのも鳴って、なんだか賑やか。ブドウかごを持った男の人たちとロバ(馬?)でした。これはいったい?


*写真がたくさんになってしまったので、これはまた明日のお楽しみ。
[PR]

by France_reims | 2007-10-25 13:12 | Reims(ランス)・近郊
2007年 10月 20日

TGVの新しい駅


こんにちは、マカロンです。

先日の記事の蚤の市ブドウ畑にドライブした後、ダ-リンの日光活用の旅(?)はまだ終わりません。
続いて足を伸ばしたのが、今年6月にできたTGV(フランスの新幹線)の新しい駅。
その名もCHAMPAGNE-ARDENNE駅です。
ここは辺りは田舎で、ランス市内からはバスが通っています。

まず、TGVが通るのを見なくっちゃ、とTGV小僧のダ-リンがさくさく先に行こうとするんですが、ブログ用に写真を抑えるのを忘れない私。これはなんだと思いますか?


答えは、渡り廊下の装飾だったんです。
外からみるとこんな風。シャンパ-ニュの泡をイメ-ジするデザインとライトがついています。凝ってますなぁ。

肝心のTGVは日曜だったこともあり、ダイヤがまばらで、そうそう通りません。ビデオに収めてブログに載せようとと、思いついた私たちはひたすら待ち続けました。


ドイツからの電車も通ったのだけど、太陽がまぶしすぎて、露出を直しておくのを忘れて写らず、この写真を写したときは、ビデオって頭がなかったから失敗。
その後も40分くらい待って、もうここで30秒こなかったらあきらめようと、さっき通った渡り廊下に行き始めたとき、TGVが通り過ぎていったんです(´д`lll)
その後も3本くらい通っていって、私たちはついてなかったんだねってことで、退散。

その後は駅の中の売店チェック。やっぱりありましたよ、シャンパ-ニュが。

他にもおみやげ物では定番中のご当地の名物入りの缶入りクッキ-と飴。

べたなんだけど、ちょっと欲しかったマカロンでした。飴の方がちっちゃい缶で可愛かったんです。

さて、今回撮れなかったビデオは次回リベンジでまた来ることを誓って、帰ってきました。いつになるかわかんないけど、撮ったら載せたいと思います。

これにて10月7日のお出かけ記事は終了です。お付き合いくださってありがとうございました。
[PR]

by France_reims | 2007-10-20 01:49 | Reims(ランス)・近郊
2007年 10月 16日

秋のブドウ畑

こんにちは、マカロンです。

先日の蚤の市のあと、どこに行ったかといいますと、マカロンの頭の中ではもうこのまま帰るのね~だったのですが、ダーリンが久々に晴れてるし(ほんとに雲一つなかったんです)、このチャンスを有効に活用しなくちゃ、と寄ってみたのが秋のブドウ畑


もうvendange(ブドウの摘み取り)も終わったので、ブドウもまばらに残っているのみ。でも葉っぱはすっかり秋の色です。

今回はわがクリコ兄姉妹ならではの、クリコの畑。

そして以前出かけたことのあるシャンパ-ニュメゾンMUMMの畑&風車です。前回は葉っぱが出ていなかったので、今改めて見ると裸んぼうですね。かなり印象の違う写真、楽しんでいただけましたか?


日曜なのに(日曜だから?)人もぜんぜんいなくて、ダ-リンと二人、ブドウ畑の散歩でロマンチックでございました( ´艸`)

さて、この後にもマカロンたちはどこかに出没。それはまた次回の記事で。
[PR]

by France_reims | 2007-10-16 01:39 | Reims(ランス)・近郊
2007年 10月 13日

久々に蚤の市

こんにちは、マカロンです。

先日の週末、ダ-リンと久々にブロカント(蚤の市)に行ってきました。場所はランスから20kmくらいのSept-Sault(セット・ソ-)という町。
ここには一度、月付き合い記念日でレストランに行ったことがあります(このあたりでは有名な星付ホテル&レストランがあるのです)。

ドライブにちょうど出掛けたいと思ってたのとお天気の2条件が重なったので、車でひとっ走り。

ブロカントを見ながら、マカロン作おにぎり片手に歩きます。こんな人は私たちだけでしょうねぇ。
まずはどんなものが並んでいたのか、ざっとお見せしましょう。

ブロカントでお馴染みのお皿とか食器類。リモ-ジュもありました。

古い雑誌。買う人いるのかな...。


フランスのお酒パスティス(アニスのお酒、マカロン大嫌い)の大瓶を使ったランプ。


ピンズ。マカロンもコレクションしてます


クルギュストなら誰でも欲しいClos du Mesnil(でも箱のみ)。
一応説明書はついてまして、中に日本語表記もありました。売ってるおじさんの息子さんがこのClosで働いているそうです


出店の数は全部で50はあったと思います。ガラクタも結構多かったなぁ。
マカロンがゲットしたのはこちら。
コレクションしているピンズ。シャンパ-ニュのメゾンのです。これで1個1ユ-ロを値切って2ユ-ロで。

これまたコレクションしてるフェ-ブ。2軒で買ったのですが、〆て3ユ-ロで7つ。


さて、マカロンとダ-リンの休日はこれだけでは終わりませんでした。
この後訪れたのは、また次回の記事で。
[PR]

by France_reims | 2007-10-13 15:44 | Reims(ランス)・近郊
2007年 09月 22日

トラムウェイお披露目

こんにちは、マカロンです。

かなり前になりますが、Reimsに2010年走る予定のトラムウェイ(路面電車)、デザインが選ばれてから、初のお披露目が町の中心部目抜き通りで行われました。
ダ-リンとお散歩がてら出掛けて、写真を撮ってまいりました~。

目抜き通りに設置された小屋(?)。入ると、お姉さんが紙袋を渡してくれます。
中に入っていたのは、こちら。
ラッキ-、ボ-ルペンが入っていたよ♪

さらに進んでいくと、トラムウェイが走ると思われる道順などを説明したパネルやその通りを写したビデオが流されていまして、すごい人だかり。
ま、私とダ-リンはトラムウェイ本体が目当てだったので、さらに進んで行き、発見!
コチラです。なんかデザインが選ばれたときとは、ちょっと色合いが違うような...。黄緑色で、少しアクセントに緑色の模様が入っています。
通りすがりの人が言っていた言葉を私たちは聞き逃さなかった。「c'est moche!(かっこわりぃ~)」
乗り口はバリヤフリ-で車椅子の人も乗り降り楽々です。座席にも座ってみましたが、少し硬かったなぁ。チケットは機械を見た感じでは、東京のスイカように、カ-ドでピッとやる(?)タイプのようでした。

そして、ここは透明プラスチック(?)ですっぽり覆われていたので、この日の気温22度に加え、温室効果が発揮され、恐ろしいことになっていた...(・_・;) ダ-リン汗だくです。

さっさと退散しようとする私たちに、出口付近で配られたのがこれ。
バッジ。なんか懐かしい感じ?こういうのかばんとかにつけてた学生時代がありましたね~。トラムウェイは車や地下鉄から比べると格段にCO2の排気量が少なく、地球に優しいといわれてるのですが、それと併せてなのか、自転車や歩きを奨励するようなことが書いてあるバッジ。マカロン家に今12個あります...(どうしろっていうんだろう)。

会場を後にして、買い物に歩き始めた私たちでしたが、お姉さんがニコニコしながらダ-リンに何かを渡しました。なんだろ?と思ったら、キ-ホルダ-でした。
車のメ-カ-のです。車だからかダ-リンにだけ(ちょっと不満)。
今日はなんだかたくさんもらう日だね~なんて話しながら、家路についたのでした。

このトラムウェイの展示会は、9月29日まで行われてます。興味のある方はぜひどうぞ。Reims駅からもすぐ近くのPlace d'Erlonにある白い小屋(?)が目印です。
[PR]

by France_reims | 2007-09-22 20:54 | Reims(ランス)・近郊
2007年 09月 07日

突然食べたい病が・・・


こんにちは、マカロンです。

私の名前、マカロン、アンリ2世に嫁いだカトリ-ヌ・ド・メディシスがイタリアからフランスに伝えた伝統的なお菓子です。
いまやイタリアから伝わったなんてことは思えないくらい、フランス菓子として大流行。といっても美味しいのはやっぱりパリにいかないとなかなか食べられない。
わが町ランスでは、マカロンを売ってるお店は色々あれど、パリに近いと思えるのが、1軒あるのです。

隣町エペルネ(Moët et Chandonがあるシャンパンの街)にあるchocolatier(チョコレ-ト屋さん)が、ランスにもしばらく前にオ-プンしたのですが、そこのマカロンは美味しい~。
だいたい12.3種類くらいのフレ-バ-しか扱いがないのが少し残念ですけどね。
お値段は100g(だいたい5個くらい)で7.5ユ-ロ、パリのラデュレで1個1ユ-ロちょっとくらいだったはずなので、ちょっと高めかもしれません。しかし選択肢がないのだからグダグダ言わず買ってきました~。

先日からマカロン食べたい食べたいって唱えていたんですよ(ちなみに先日はシャンパン飲みたいだった(・_・;)。
でも今日はダ-リンが仕事でいないので、明日まで我慢。


このchocolatierにはチョコはもちろんですが、紅茶葉、お茶の小物が売られているんです。マリア-ジュフレ-ルみたいな雰囲気かなぁ。その中にあったのがこれ。茶筒。
パリの和グッズを扱うお店でも見て、買おうか迷ってやめてしまったんですが、やっぱり欲しいということで買ってきました。
小さいお花模様が可愛いでしょ?ちゃんと日本製です。

◆◇◆◇お店情報◆◇◆◇
Vincent Dalletお店HPはこちら
☆47,cours J.B.Langlet 51100 Reims
tel 00 33 (0)3 26 35 40 53

☆26,rue du Général Leclerc 51200 Epernay
tel 00 33 (0)3 26 55 31 08
[PR]

by France_reims | 2007-09-07 21:41 | Reims(ランス)・近郊