カテゴリ:こんなの作ってみました( 70 )


2011年 02月 11日

自宅でマカロン1

こんにちは、マカロンです。

先日の教室での成果を試すべく、家でマカロン早速作ってみました。
作る前にまずは買い込んだこちら。
e0115350_18134397.jpg

絞り袋は一つのフレーバーに2枚使いますが、使い捨ての方が匂いも気にならないし衛生的でよいらしい(ピエールエルメ氏の助言により)ので、一気に100枚入りを。
つまり50回マカロン焼けます!!
本も買っちゃったしね。
e0115350_1814145.gif

で、習ってきたレシピはマカロン30個用(60coques)と量が多いのです。うちのオーブンは天板1段が精一杯でそれには25個くらいのマカロンcoques(つまりマカロン12個分)しか出来ず、2回目以降は時間がたってしまう。
メレンゲが入るものだし、時間おいて焼くのも…と思ってネットで少ないレシピを探してみたんです。習ってきたのを割り算して少なくしてやる方法もありましたけどね。

作ってみたのは普通のバニラ味とショコラのcoque。そこに作ったガナッシュをはさみました。
e0115350_18143357.jpg


反省点は多々ありますが、バニラの方は辛うじてピエができたけど、ショコラはクッキーみたいになっちゃった(汗)。
レシピどおりのオーブン温度は設定できないので、様子みながら時間、温度も変えて、まさに一発勝負です。
まずは味をいろいろ試すなんてレベルではなく、きちんとした基本のマカロンが出きるように練習あるのみ。

*ちなみに、うちのオーブンはダイヤル式でなく、150度、175度、200度、225度という何ともアバウトな温度設定のみ。
いつもお菓子作るとき、180度なら175でやってるわけです。温度を高温から低温に下げて焼くマカロンにはとても対応できない…。
ダーリンには将来いいオーブンを買ってもらう約束をしました。天板も3枚くらい一気に焼けるやつ!
[PR]

by France_reims | 2011-02-11 03:41 | こんなの作ってみました
2011年 02月 05日

冷蔵庫で発酵

こんにちは、マカロンです。

仕事も終わってほっとしたからか、ギックリ再発で3日くらい伏せってました。
やっぱり寒さと急に動くっていうのは良くないですね。まだ寒波がきそうだしまたやらないように気をつけなきゃ。

この前のマカロン教室の影響もあって、家でいろいろ作りたいっていう熱がふつふつと…。
マカロンを作るには卵白が必要→卵黄使うレシピって?と考えたら、前に買った本にいいものが載ってました。
参考にしたのはこの本です。
e0115350_5341527.jpg

しかも試そうと思ってた冷蔵庫で発酵させるパンのレシピ・ブリオッシュ
卵白3つ確保可能☆
生地をつくって、12時間以上冷蔵庫にいれてゆっくり発酵させ、いい状態にして次の日以降焼くというもの。

これが捏ねてビニール袋にいれた直後の状態。
e0115350_5345092.jpg

ビニール袋にいれて発酵させることによって、圧力がかかり手捏ねと同じ状態が引き出せるそうです。

そして2時間経過後。
本には少し膨らんでいるでしょう、と書いてあったんですが、全然…。
e0115350_535731.jpg


そして次の日の様子はこの2時間後の状態よりもさほど膨らんでいない…(涙)
で、もう一日待ってみました。
むりやり焼いてみたブリオッシュはこれです。と写真を載せようと思っていたのだけど、とてもお見せできるような状態ではなく(悔泣)、おまけに食べられる状態でもなく(号泣)、次回リベンジをはかりたい次第です。

本には冷蔵庫のどの場所に、という情報は載っていなくて、でもネットで検索する限り、野菜室が良かったのかもしれません。
なんだかしっかりと結末を書けない記事になってしまい、尻つぼみな感じでどうもすみません。

   ー*ー*ー*ー*ー

ちなみにマカロン用の卵白は冷蔵庫で寝かせ中。
ピエールエルメのレシピによると1週間ほど寝かすと白身が液状化し、メレンゲをたてるのにとてもいい状態になるそうです。
卵白確保してもすぐ作れないし、焼きあがっても24時間以上冷蔵庫で寝かせないと食べられない。
なんとも時間がかかる恋しいお菓子ですわ053.gif
[PR]

by France_reims | 2011-02-05 03:20 | こんなの作ってみました
2010年 11月 06日

ピスタッシュのお菓子 第一弾

こんにちは、マカロンです。

ダーリンの好きなお菓子の味にピスタッシュ(ピスタチオ)があります。
お菓子も緑色で日本人にはちょっと抹茶味?と思うような鮮やかさ。
それを家でも食べてみたいな~と前からリクエストされてたのでした。
先日義姉からもらったお菓子本に載ってたのを作ろうと、pâte pistache(ピスタッシュのペースト)を買ってきました。
e0115350_2237127.jpg

嗅いでみるともう濃厚!売られているお菓子の香りそのもの。
これは出来上がりが美味しければ(美しければ)、ダーリンも喜ぶに違いない!!

で作ったのは、amaretti pistache、イタリアンマカロンです。
e0115350_23352685.jpg

本当はピスタッシュを真ん中にあしらうのですが買うの忘れた…。

で、肝心のダーリンの感想は、美味しいよ~でも、もっとピスタッシュのいれて。
だそうです。次回は改良しなくっちゃ。
それにいびつだけどこれにクリームつくってはさんだら、歴としたマカロンになる~。
次回はやってみなくちゃ。
[PR]

by France_reims | 2010-11-06 01:18 | こんなの作ってみました
2010年 10月 07日

フランス人はお好き?

こんにちは、マカロンです。

フランス人にとってチーズとはデザートの代わりにもできる、食事(メイン)の後に食べる物。
しかしこちらではあまりチーズケーキってみかけない。
考えてみてください。デザートとチーズが一緒になってるんですよ。便利じゃありませんか。チョット強引か…
でもフランス人にはちょっと不思議な取り合わせらしいのです。最近でこそgateaux aux fromageというものがお店で見かけられるようになったけど、私が渡仏したころはReimsの街には皆無。
日本ではカマンベールのフライが居酒屋メニューにあるって話したら、ギョッとされるほどでした。

ダーリンは当然チーズケーキを食べたことがない。
私もそろそろ食べたくなってきたので作ることに。レシピは栗原さんのネットで検索して。
出来はなかなか。型から外すのがちょっと難しいけど味は満足のいく出来。さすがはるみレシピだわ~。
e0115350_18313743.jpg


で、問題のダーリンの感想は、「うん、食べられるよ。」
しかしこの1切れ全部食べるとちょっと味に飽きてくるらしい。チーズで重たいと。
でも食べてもらえてよかった(嫌いだったら食べない人なので)。
次回は使用するチーズを変えてあっさりめになるよう作ってみようかな~。
[PR]

by France_reims | 2010-10-07 06:24 | こんなの作ってみました
2010年 10月 01日

食べたいなら、自分で

こんにちは、マカロンです。

うちのダーリンが大好きなもの、死ぬ前に食べたいくらいのもの、それはラーメン。
Reimsにはラーメンを食べられる店はありませんので、食べたくなったらインスタントラーメンにたくさん具をいれて食べるのが贅沢。
でももっと贅沢なのが自分で麺をうつことだと思うんです。
で、ついにラーメンの麺をうってみました。

参考にしてる本は、麺道楽
本では10食分、1kgの小麦粉を使ってますが、ちょっと捏ねるのに力不足だったら、と思って、4食分作ってみることに。米の空き袋を使って、足でも踏み踏み。ダーリンにも頼んで踏み踏み。
これが出来上がりです。
e0115350_453350.jpg

私は北海道出身ですから縮れ麺が好き。本のやり方で縮れを作ってみたけど、ちょっと弱かったかな。次回はもっとギュッと力強くいこうと反省。

さて4日の熟成期間をおいて、夜作ってみました。タレは東京の北海道アンテナショップで買ったもの。
e0115350_4121298.jpg

おっとタレが少なかったかも。茹で上がりもやはり縮れが少ないですなぁ。
でもお味はなかなかでした。ダーリンにもしょっちゅうは太っちゃうけど、また作って~とリクエストされました。パスタやうどんのようではなく一応ラーメンと呼べる代物に!
生麺のまま冷凍もできるようなので、次回は運動不足解消に1kgいってみようかな。
[PR]

by France_reims | 2010-10-01 02:06 | こんなの作ってみました
2010年 09月 27日

ノエルの準備

こんにちは、マカロンです。

この間日本のドラマをみていたらポマンダーっていうのが出てきて、何かとネットで調べたら柑橘系のくだものに香辛料をまぶした香りの玉でした。
そのドラマでも香りがキーワードになっていてとても興味深かったので、ぜひ午後のアクティビテの時間でやってみることに。ヨーロッパでは16世紀にとても流行っていたとか。
参考にしたサイトはこちらこちら

材料はこれだけ。スパイスはいろいろ混ぜる作り方もありますが、私はシナモンが好きなのでそれだけに。オレンジの他にはレモンやりんごでもいけるそうです。
e0115350_2057719.jpg

これがクローブを刺し終わった状態。これにシナモンを満遍なくまぶします。
e0115350_20582264.jpg

そして乾かすのですが、ぶら下げるような場所がないので本棚の上に紙に包んで乗せてみることに。
でも実は一回目は大失敗!作り方をよく読んでたはずなのに、セロテープをとるのを忘れてしまった。後からリボンなど飾るための場所確保のためなのですが、そこにシナモンがかかってなかったので、見事にカビた。。。020.gif
e0115350_20585737.jpg

で、今は紙にくるまず、テープをとってしっかりシナモンをまぶし、乾かしている途中です。
そばを通るとシナモンのいい香りがしてます。
できあがったらまた記事にしますね。
[PR]

by France_reims | 2010-09-27 03:19 | こんなの作ってみました
2010年 09月 15日

お菓子作り

こんにちは、マカロンです。

ようやく普通の記事で復帰です。
ダーリンのすすめもあって、一日にどうやって過ごすか、少しタイムテーブルを作ってみたんです。
そうじゃないと、無職の今、どうもネット三昧になってしまったりで、だらけた生活になってしまってるので。

その結果、午後アクティビテに使える時間が3時間ほどあるのですが、外に散歩や買い物にいったり、カルトナージュをしたり、料理をしたり、意外とすっきり集中できているので、自分でも驚いています。

前に型を買っていたのですが、なかなか実現できてなかったカヌレ作りをしてみました。
ネットで検索したり本でみても一つとして同じレシピが存在しないほど、謎(?)に満ちているお菓子です。パン屋やお菓子屋で売られてるのを買ってもおいしいのからべちゃっとしたおいしくないのやら、色々で、自分でも焼き時間や温度、なかなか奥が深くて、まだ自分で食べる用に焼くだけ。
早く人にあげられるくらいに上達したいものです。
色はまずまず合格なんだけどなぁ。。。
e0115350_0293225.jpg

[PR]

by France_reims | 2010-09-15 00:23 | こんなの作ってみました
2010年 06月 28日

きのこが美味しくなる~

こんにちは、マカロンです。

先日今ダイエット仲間のkndchkさんのブログでみたセゴビア風マッシュルーム、作ってみました。

ダイエットということで普通のハムを入れなければならないところ、ちょっとだけだからとラルドン(豚バラ肉の塩漬け)を使いました。

写真は夕食の写真。
e0115350_3584844.jpg

やさしい味でとっても美味しかった~。きのこがとってもジューシー!
これはいいものを教えてもらいました。ダーリンにも好評☆
ちょくちょく食卓にのぼりそうです(普段から食べるとなるとラルドンは止めないとならないな…)
[PR]

by France_reims | 2010-06-28 03:55 | こんなの作ってみました
2010年 04月 14日

辛子明太子

こんにちは、マカロンです。

フランスやイギリスにお住まいの方のブログでたまに見かけていた魚卵、特にタラの卵。
ラロシェルに住んでいたとき、海の近くだしと積極的に探してみたのですが見つかったのは燻製のみ。燻製されてるんじゃたらこにできないじゃない~!!

ランスに帰ってきてそんな話を友達にしていたら、スーパーで時々見かけるよ、買って食べたこともあるっていうんです。
で、こないだあったよと連絡もらったので、早速行ってみると、あるある。
Merlinという魚の卵で、ちょっと(かなり)小ぶり。でも辛子明太子を作るには十分の大きさです。
キロあたり10.2ユーロ(1300円くらい)で、初めてみたもので舞い上がり1kg買っちゃおうかと迷いましたが、無駄になってももったいないと7腹だけにしました。
e0115350_20403317.jpg


家に帰ってきてから、早速ウォッカで洗ってから冷凍。虫などを殺すためです。

その後、下漬け、本漬けして出来上がったのがこちら。
e0115350_2041313.jpg

味見してみると雰囲気は十分明太子なんですけど、ちょっと苦いかなぁ。
友達にも味見してもらうということで、一腹ずつ冷凍しました。

参考にしたサイトはこちらで、調味液が決め手とあるので、韓国産の唐辛子を次回は使いたいところです。
[PR]

by France_reims | 2010-04-14 05:14 | こんなの作ってみました
2009年 04月 30日

パイナップル・ウォッカ

こんにちは、マカロンです。

以前に仕込んだ果実酒が、いよいよ飲み頃になったので、ウォッカの瓶に入れてみました。
色もきれいについて、味わいもなかなかに仕上がりました。お友達のところにも持っていったけどすっきりして美味しいと好評でした。

で、あいた入れ物を使って何か作りたいなと思っていたら、Fuchsiaさんのこの記事を思い出した!!
その名も、パイナップルウォッカです。


パイナップルを小さくきり、ウォッカにつけるだけ、という簡単さ。
で、早速マルシェでパイナップルを購入。1.2kgくらいのをひとつ。Fuchsiaさんは2.5kgの大物を使用していたので、足りなかったら、と思って、缶詰も一応スタンバイ。

で、入れ終わりがこんな感じです。


大きいサイズが買えなかったので、つまみ食いは禁物でひたすら切って入れました。

で、出来上がりは4/28。さてお味は、飲みやすい!ほんとに危険です。アルコ-ル度数を考えると、2杯くらいにしておかないと...。
今度またおいしそうなパイナップルを見つけたらやってみようっと。
[PR]

by France_reims | 2009-04-30 20:27 | こんなの作ってみました