カテゴリ:こんなの作ってみました( 70 )


2006年 12月 28日

新居で料理☆

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

引越ししてから、キッチンはもう普通に使えるように片付いているのですが、手のかかる料理を作っていませんでした。
そこで、先日勝った豚挽き肉(運良くス-パ-に冷凍じゃないのがあったんです)とパパの作ったポアロねぎで中身を作って、ギョウザを作りました。皮ももちろん海外では手作りです。作りはじめが午後1時半くらいで、出来上がりは5時くらいでした。


焼き上がりはこちら。
一応片栗粉と水をといたものを最後に入れて、羽(?)を作ってみました。パリパリしてダ-リンも気にいってくれた様子。

今回の皮は少し固めだったかな~。いつも水が多すぎるのかやわらかすぎるので、少し水を少なめにしたんです。やっぱり練習つまないとだめなのかも。


今回のギョウザは全部で25個できたんですが、全部今日焼くよという私に目を丸くするダ-リン。ダ-リンは私より小食なので無理もない。
でも子供時代、母が100個くらい作って、私は30近く食べていた話をしたら、かなり驚かれてしまった。ギョウザってぱくぱく食べれますよね?え?違う?(°Д°;≡°Д°;)
[PR]

by France_reims | 2006-12-28 03:27 | こんなの作ってみました
2006年 11月 16日

う~ら巻き巻き

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

11日の土曜日、ダ-リン実家にいってきました。おじさんおばさんも来るということで、彼らがまだ口にしたことのない巻き寿司を持っていこうと決めていたのですが、海苔でぐるりと巻くのでは、初めて見る紙のような黒いもの(実際にフランス人にこのように言われたことあり)に抵抗を示されても困るので、初の裏巻き寿司にしてみました。
これだと海苔が中に入ってるので、抵抗が少ないと思われるので。

写真赤く見えているのは、ランプの卵の赤いもの。黒いものと着色なしのものと3種類売られています。
ランプっていうのは辞書をひいてみると、ダンゴウオという魚 と出ていました。辞書にも卵が美味とある。確かに。
よく小さいパンにマ-ガリンをぬって、この卵を乗せてオ-ドブルにしたりもするんです。
そして同じく外側に白ゴマをまぶしてみました。

中身は、玉子焼きを棒状にして細くきったもの、きゅうり、すりみ(カニカマ)、アボカドを巻いてみました。
4つの具ということで、バランスがよかったのか、巻きやすかったです。

で、魚好きのおじさんは結構食べてくれたのですが、おばさんはあまり好きそうじゃなかったな~(残念)。
でも紛い物じゃなくて、日本食に触れてもらうにはいい機会なので、時々こういう場をもてたらいいなと思います。材料は日本で作るものと異なるけどね~(;^_^A
以前にマカロン自ら体験したエセ裏巻き寿司 なんか、絶対食べて欲しくないですからね~。
[PR]

by France_reims | 2006-11-16 03:53 | こんなの作ってみました
2006年 11月 10日

私のポン酢

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

以前から作りたいと思っていたポン酢をようやく作ってみました。
基本はバイアリ-・タ-クさんの写真解説付の作り方 に従って、そしてフランスならではのアレンジも加えて。

どんな風に作ったのかというと...。
昆布と鰹節は家にあったので、使用はOK。しかし、ベ-スになる日本酒がない...。
バイアリ-さんに質問して、家にあったガスの抜けかけたシャンパ-ニュ(私の誕生日に飲んだGOSSET です)を使用しました。
そしてオレンジキュラソ-もコアントロ-もなかったので、フル-ツつながりってことで、カルバドス(リンゴのお酒ですがな)をちょちょっと入れました。
味醂もうちにはないので、省略。
柚子ももちろんないので、緑色のレモンを使おうか迷ったのですが(見た目がとっても似てるし)、酸っぱさがどのくらい違うか想像できなかったマカロン。普通のレモンとオレンジを買ってきて使用しました。

その結果は、経験不足のため、酸っぱみが強いポン酢が出来上がりました。
レモンをはぶいてオレンジだけにすればよかったかなぁ。
作った日に食べるのが間違いなのかもしれませんが、鍋を作って食べてみたんですけど、ダ-リンには酸っぱいと不評(´・ω・`)。作ってから少し置いておいたら、角がとれた感じになるのかな~。次は豆腐にかけてチャレンジでもしようかな~。
[PR]

by France_reims | 2006-11-10 03:54 | こんなの作ってみました
2006年 10月 23日

タコライス

こんにちは、マカロンです。

私と同じくマカロン(お菓子のほうです)が大好きな元気娘kerikongさんのブログで、タコライスを発見 しました。
彼女のお手製です。
そこで、とっても食べてみたくなったので、彼女にレシピをおねだりしたところ、快く公開してくれました。

で、作ってみたのが、こちら!!
彼女のようにレタスを千切りにできていません。なぜなら、マカロン、袋に入った千切り済みのレタスを買ってきたから。
そしてチェダ-やピザ用チ-ズがなかったので、粉のパルメジャ-ノを入れてアレンジ。
味わいは違うと思うのだけど、かなり美味しく、混ぜ混ぜモリモリ元気に食べました☆
レシピは、こちら☆  彼女のブログをどうぞ見に行ってください~。
美味しいレシピをありがとう!!
で、今気づいたんだけど、盛り付け後にもソ-スがかかってるようですが、私忘れちゃった(滝汗)

ところで私の買ってきたタコソ-スですが、ホットとマイルドがあったので、辛いもの苦手夫婦は、迷うことなくマイルドを選びました。
でも売り場にマイルドは最後の一瓶。ホットはたくさ~ん残ってました。やっぱりフランス人って辛いものが苦手なのか?
マカロン確信しました( ̄ー☆


でもダ-リンもぜんぜん辛くないねというくらいだったので、私には当然物足りず...リピはホットに決定。
ちなみにこのタコソ-ス2.58ユ-ロ(387円)。何回も使えるし、お手ごろ価格ですね。
[PR]

by France_reims | 2006-10-23 03:55 | こんなの作ってみました
2006年 10月 21日

寒い季節にぴったりの2

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

今日も寒い季節にぴったりの一皿をご紹介。
ところで、フランス人って家でもフルコ-スを食べている、とか、家でも手のこんだものを食べている、なんて思ってる人、どのくらいいるでしょうか。私もフランスにきて、家庭料理をご馳走になるまではどんなものを食べているんだろうと想像の域を出なかった。
結構簡単なものを食べてることが多いんです。昼をしっかり食べて、夕食を軽くする人が多いというのも特徴のようです。

秋から冬にかけ、マカロン家の食卓にものぼる、ポアロねぎのス-プを今日は紹介しますね。
これは渡仏してすぐお世話になっていたダ-リン実家で食べて、美味しくてカンドウした一品。

『ポアロねぎのス-プ』


材料は、お好みで加減してくださいね。
ポアロねぎ:太いの2本くらい、じゃがいも:大きいの5.6個(適当なんです、いつも)、にんじん:中くらいの1本
これに塩コショウだけ。


作り方
1.ポアロねぎは1cmくらいの小口きり、じゃがいも、にんじんは乱切りでも何でもいいので、小さくきる。
2.鍋でひたひたの水で1を煮る。
3.やわらかくなったら、鍋の中身をミキサ-でどろどろにする。
4.鍋に戻し、塩コショウで味付け。
5.お皿に注いでクルトンなどを浮かべて出来上がり。

簡単ですよね?オレンジ色のきれいなス-プです。
*じゃがいもが多かったり、ニンジンが入らないとクリ-ム色や緑色になります。

日本だとス-プって中身がごろごろしてるのが多いけど、これだと溶けてる栄養分も全部飲めちゃう(日本のス-プでも全部飲めば同じですがσ(^_^;) )。
胃が疲れてるときにもお勧めです。

またス-プは夕食には出すけど(お客さんがいても)、昼食に出すのは失礼になるらしいです。
逆に昼、ス-プを出されたら、嫌われてるってこと?...Y(>_<、)Y 覚えておきましょう。
[PR]

by France_reims | 2006-10-21 03:57 | こんなの作ってみました
2006年 10月 18日

寒い季節にぴったりの

こんにちは、マカロンです。

秋から春にかけて、うちの食卓に登場するのが、アンディ-ブ(チコリ)。
冬野菜と聞いたことがあるのですが、最近は春や夏でも手に入れることが可能のようです。季節感を大切にしているフランスらしからぬ感じ。でも美味しいものが手に入るのならいいか~♪とス-パ-に行く度購入するのです。

で、このアンディ-ブをどのように料理するかといいますと、切って生でサラダにするのも多いのですが、アンディ-ブのグラタンも美味しいのです。

作り方も簡単です。
1.アンディ-ブを、塩コショウ、白ワインをふってレンジで
10分くらいやわらかくします。
2.ホワイトソ-スを作っておきます。
3.1のアンディ-ブの水気をふいて、ハムをぐるっとまき
つけ、グラタン皿にいれ、上から2のホワイトソ-スを
かけて、オ-ブンで焦げ目がつくまで焼くだけ☆


アンディ-ブの苦味がいい感じのお料理です。
日本だとアンディ-ブは高い野菜だけど、機会があったら、お試しください。
[PR]

by France_reims | 2006-10-18 03:58 | こんなの作ってみました
2006年 09月 26日

美味しいものを食べよう

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

風邪は咳が少し残る程度、疲れも外出してもだいぶん平気になってきました。派遣で入ってくる仕事の方も、このところ数が増えてきたので、きちんと後がつながるように頑張っています。

パ-ティも終わったし、ダイエットも解禁になって、疲れをとり元気を取り戻すには、やっぱり美味しいもの♪
ということで、海外でも出来るなんちゃって和食、鮭イクラ丼を作ってみました。
一番最初の写真にあるように、鮭は、生ではなくスモ-クサ-モンです。
それとちょっと普段は手が出ないイクラの瓶づめ。ちっちゃい瓶で700円近くするので今回は奮発しちゃいました。

酢飯を作って、その上に切ったスモ-クサ-モンを乗せて、イクラを散らし、中央にわさびを添えて。食べる前に醤油をちょっとたらしていただきます。

白菜、じゃがいも、たまねぎのお味噌汁と一緒に、あっという間に食べちゃった。

なんちゃって、と言っても、海外生活組には涙が出るくらい美味しい一品。
次は何を美味しいもの食べようかな。
いくらもまだ残っているし、いくらのおにぎりもいいな~。
やっぱり元気を出したい時、原点の和食に戻るようです。
[PR]

by France_reims | 2006-09-26 02:45 | こんなの作ってみました
2006年 09月 08日

パンを焼いてみた

こんにちは、マカロンです。

パンを作ってみました。フランスにも少しだけ夏が戻ってきた感じで、これは発酵にはちょうどいい温度じゃない?
ならば思い立ったら吉日。

ひ-さん のお勧めでパンの本をアマゾンで買っていたのですが、ようやく作ることができました。
これは牛乳食パンです。
フランスには食パンってパン屋さんでは買うことができない  
*買うことができるブランジェリ-をご存知の方はご一報ください。

ス-パ-でパン・ドゥミというパンを買うしかないのです。これが結構日持ちがするのが嬉しいところなんですが、日本のパンより長い。強力な防腐剤が入っているのだろうか...ということであまりマカロン家では買うことがないのです。

っていっても、白状すると、カレ-やナンに刺激されて、美味しいものを食べたくなっただけなんですけどね。
みなさん罪ですわよ~。この分ならナンも作れるか?マカロン!

こねるもの時間があまり必要じゃないし、台にたたきつける作業もなし。簡単に作れます。
焼いた後、切って食べてみたら、外がかりっとして、中がふわふわで美味しかったです。ほんのり甘めの生地なのでおやつ感覚でも食べれそうです。早速ト-ストで明日食べてみようと思います。

私が買った本は以下のものです。結構評判がいいようですね。

稲田 多佳子, 門間 みか
たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ

[PR]

by France_reims | 2006-09-08 02:21 | こんなの作ってみました
2006年 09月 07日

果実酒

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

引越ししてからやってみたかったものの一つ、果実種つくり。さっそく作ってみました。
*記事が遅れましたが、作ったのは8月19日です。


作るに当たって、焼酎というものがフランスでどれに当たるのかわからなかったので、ウォッカを使用。
また氷砂糖が見つからなかったのでネットで調べて、蜂蜜で代用です。
うまくいくかわからないので、マヨネ-ズ空き瓶にちょこっとだけ。プル-ンの量が少なかったかな...。
1ヶ月で飲めるようになるそうですが、3ヶ月から半年おいた方がよいとのこと。
やっぱり待っておいしくなったところを飲みたいかな。

で、これが本日9月7日現在の様子。色がきれいについてきました。
蜂蜜も全部溶けたようです。やっぱり少なかったかなぁ(心配)
ホワイトリカ-1リットルとかで作った場合、氷砂糖はどのくらいで溶けるもんなんでしょう?
果実酒の達人さん、教えてください。
[PR]

by France_reims | 2006-09-07 02:24 | こんなの作ってみました
2006年 07月 20日

[!1i!1i!1i]

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

先日きょんさんのブログで書かれていたふんころがしさん直伝のお料理 [!1i!1i!1i] をマカロン家でも作ってみました。
きょんさんがかけたクレ-ジ-ソルトはうちには無かったので、オリ-ブオイル、塩コショウというふんころがしさんのレシピそのままに。
*私は初めて作る料理はレシピどおりに作る主義なので。

出来たものが上の写真です。
四角いお皿に入れる方がぎゅうぎゅうに押し込めていい感じですね。うちには四角いグラタン皿がないのです。見事に全部丸かオ-バル...。
そしてなすは半分でも大きすぎるので、1/4にきっているのですが、見事に大きさが合っておりませんね...(;^ω^
見た目がいまいちですが、味は美味しいです。

で、実はダ-リンは、なすが大きく切られてる料理が苦手。ということで、この料理はあまり食べてくれません(残念)。だからダ-リンが泊まり勤務の時に堪能することに決めました。といってもなすもクルジェット(ズッキ-ニ)も大きくて使い切れないので、ラタトュイユを作れるというオマケ付き。
野菜のお料理はいっぱい食べてもヘルシ-で嬉しいですね。
ラタトュイユはふんころがしさんみたいに麦と合わせて食べてみました。美味しかった☆
[PR]

by France_reims | 2006-07-20 02:13 | こんなの作ってみました