シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:医療・薬( 15 )


2010年 02月 18日

初Kiné

こんにちは、マカロンです。

仕事で痛めた腰と肘、肘に関してはもう2ヶ月になるのに、全然よくならず一向に痛みが消えないので、先日再度かかりつけのお医者さんに行き、Kiné(キネ)で施術を受けられるように処方箋を出してもらいました。
Kinéとは正式にはKinésithérapeute(舌かみそうな単語)、運動療法士のことです。
これまでフランスでいろいろな専門医にかかってきましたけど、これが初キネ。
予約の時、当日はタオルももってきてください、とのこと。どんなことになるのか、ちょっと心配でした。

先生は少しフィリップ=カンデロロを思いおこさせるようなお姿。きっと髪型のせいでしょう、と思ったらしょうもない冗談をいうのもなんだか似てます。

診断の結果腰は、脚の裏側の筋肉が私は弱く、そのせいで立ち仕事の結果腰に負担がきていて、それが数ヶ月たったある日ガツンときたらしい。
肘はテニス肘と判明。マッサージや器具で温める処置をしてもらった後、最後に肘にぬられたのがタイガーバーム。よくもみこんで血のめぐりをよくするようにしなさい、ということでグリグリやられて痛かった~。

家にあったはずのタイガーバームが見当たらないので、一つ買ってきました。
これはbaume chinnois(中国バーム)。なんて名前なんだ・・・
e0115350_6174215.jpg
フランス製でタイガーバームと同じ効果があると言われたので買ってきました。
先生がぬってくれたのもそうだけど、入ってないはずのシナモンの香りが少しして、本家タイガーバームよりきつくない。
治るには長くかかりそうなので、地道に塗りつづけます。
そしてKinéもまだ数回通わなければならないので、また先生のジョークをきく機会が増える。。。
またそれも楽し?
[PR]

by France_reims | 2010-02-18 06:02 | 医療・薬
2007年 10月 11日

歯医者の麻酔 その後

こんにちは、マカロンです。

先日からまた歯医者に行き始めたのですが、ずっと前に歯医者麻酔記事を書いたのです。
そのときのキョウレツな記憶というのが、目の下まで麻酔が効いちゃったこと。
それがまた悩みの種だったんです。

それはなぜかというと、たとえば麻酔を少し少なくしてくださいと頼むと、
◆下手すると、麻酔の効きが悪くて治療中に痛いを思いをするかも....という恐怖感
  かといって、
◆あの経験を再度する、というのもいやだよぉ....と同じく恐怖感。

なので、悩みぬいた結果、少なくしてもらうことに決めて、歯医者へ。

こないだは効き過ぎちゃって~目が開かなくなるかと思いましたよ~と笑い話のように話し、少し量を少なくしてくださいとお願いしたら、
あら、強かったのね、じゃあ弱いのにしましょう
、と先生が一言、笑顔でおっしゃる。

え?あれは強力だったの?量の問題じゃなかったの??
そんなのをアジアから来たか弱い女性に、ブスッとやってしまったの??


日本の歯医者の皆さん、もしくは歯医者の麻酔に詳しい皆さん、麻酔には数種類あるんですか?
やっぱりフランス人って薬消費量がすごいっていうから、麻酔も強いのかしらん(((゜д゜;)))

ちなみに今回の効き具合は、鼻はかる~く、唇とほっぺたがぶわっとした感じになっただけで終わりました。次回からは心配なく麻酔をしてもらえるわ~。

フランスで歯医者にいく皆さん、麻酔強いのと弱いのがあるか確認してみてください。
あったら、弱いのにした方がよいでしょう。
[PR]

by France_reims | 2007-10-11 04:16 | 医療・薬
2007年 10月 03日

腫れた手のその後

こんにちは、マカロンです。

先日の腫れた指、その後なんですが、もう皿洗いから1ヶ月たつのに、指やひじが痛いんです。で、たぶん腱鞘炎だろうってことで、ジェネラリスト(一般医)に診てもらいにいってきました。

で、もらってきた薬がこちら。たっぷり6箱あります((>д<))
矢印が書いてあるのは、こっちからあけるんだよというダ-リンの配慮(そうじゃないと、薬の説明書にひっかっかって出し入れ大変。

これを28日間飲んで、その後もう一度先生に診せに行きます。
飲み始めて3日くらいたつのですが、効いてる感じです。でもここで油断しないで、しっかり続けなくちゃ。
心配したダ-リンからも、パソコン長時間使用禁止令が出まして、ブログもあまり時間をかけないで更新しなくちゃなりませぬ。そして料理も、あまり手先を多用するのはしなくていいよ、と。
気をつけて頑張りま~す。
[PR]

by France_reims | 2007-10-03 04:11 | 医療・薬
2007年 04月 12日

おばあちゃんの知恵袋から

こんにちは、マカロンです。

先日から私と同じように歯医者に行き始めたダ-リン。前に他の歯医者で治療していた歯が不完全治療だったのがわかり、かぶせているのを外して治療してもらったのが1週間くらい前。
治療後も大丈夫だったのに、3日くらい前から痛みが出てきたんです。
夜も寝れないくらい(かわいそう)。
薬も効き目が薄い状態のようで、ひたすら歯医者に行く日を待ち、ようやく今日歯医者の日なんです。

薬嫌いなダ-リンが「Clous de Girofle」を使おうかなと言い出しました。何でも、映画でそのオイルを歯に塗って痛みをしのいでいたシ-ンがあったらしい。
それは何?と聞くと辞書を引いて教えてくれたのが、クロ-ブでした。ほら、お料理に使うあれです。日本語では丁子
gooの辞書でみると、
フトモモ科の常緑高木。マルク諸島の原産。アフリカ・東南アジアで栽培される。葉は油点が多く芳香がある。花は筒状の白色四弁で香りが強く、枝頂に多数つく。蕾(つぼみ)を干したものを丁子・丁香あるいはクローブといい、香料として珍重される。また蕾・花柄・葉などから丁子油をとり、香料・薬用とする。とあります。
この丁子油が、映画でみたものらしい。

さっそくファ-マシ-に探しにいったのですが、ス-パ-のスパイスコ-ナ-を探せと言われてしまった。で、買ってきたのがみなさんも見たことがあるこれです。

早速ス-パ-からの帰り道、クロ-ブを痛い歯でかみ締めてました。効き目はゆっくりですが、少し感じられるらしい。
日本語でもネットに載っているので、試したことがある方もいるのでは?
まだの人は試しに匂いを嗅いでみてください。歯医者さんの椅子に座ってる雰囲気が味わえますよ。
[PR]

by France_reims | 2007-04-12 17:05 | 医療・薬
2007年 03月 21日

恐怖の・・・

こんにちは、マカロンです。

今日というか1週間前から歯医者に行き始めたマカロン。フランス滞在も長くなってきて、ついにこういう日がやってきてしまった。
で、今日は虫歯を削るのに麻酔をしたのですが、怖がりの私は先生に「日本だと針がとても細くて痛くないんですけど、ここではどうなんです?」って聞いたら、「大丈夫よ~髪の毛みたいだから」と。

確かに細くて刺したのもわからないくらいだったのですが、なんか麻酔の効きが良い、良すぎる。席をはずしていた先生が戻ってきたときには、かなりの効き具合。

そして治療も終わり、立ち上がろうとした私、あれ、なんか変だよ、目がおかしい。
なんと!目の下まで麻酔が効いてるんです。鼻ももちろん片方感覚無しです。まるで鼻の穴が全部塞がったような感じ。まばたきも怪しいんじゃないかという勢いだったんですよね。

現在夜9時、麻酔してから5時間ほど立ちますが、口の周りに麻酔が残るのみとなってきました。日本だともう少し早く戻るような気がする。次回は少し少なくしてもらおうかしら(でも治療が痛かったらいやだし(困))

で、もう一つ驚いたことが。
1本の歯を1回の治療で終わらせるってのもすごい!日本だと1本の治療に少なくても2回はかかりませんか?さくさく終わるのは嬉しいんだけど、なんか慣れない。

日本のように周りに治療中の他の患者さんもいないし、部屋の中に治療台が一つ、自分と先生だけ。看護婦さんもよっぽどじゃないと補助に入らないんです。ほんとに違いすぎ。

次回は4月に入ってからなんですけど、どんな治療になるのかな。心配は消えない私です。
[PR]

by France_reims | 2007-03-21 05:26 | 医療・薬
2006年 11月 24日

散々な日々

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

先日のきょんさんが来る まで、2週間くらいずっと風邪をひいていた私。
ここのところ、やっと治りかけ?って感じに落ち着いてきました。
今回の症状は、鼻水から始まり、咳が止まらない。のどもがらがらになって、声が変わりました。
仕事でもしゃべるので、お客様に今日はこんな状態でごめんなさいと宣言して、のど飴口に放り込みながらの仕事...。

しばらく市販の薬で治らないかな~と粘ってみたのですが、とうとう観念してお医者へ。

それから数日後、以前にあれ変だなと思っていた目のかゆみが再開。アレルギ-性結膜炎です。
フランスでは眼科医のランデブ-(予約)って数ヶ月先になってしまうので、ジェネラリスト(普通のお医者さん)でもいいと聞き、いつものかかりつけのお医者さんへ予約。
月曜に風邪で、金曜は目で。
帰るときには、付き添いのダ-リンが先生に、「A bientot(じゃまた。) 多分来週^-^」って言ったんです。
先生も笑っていたけど、来たくね~よ~ヽ( )`ε´( )ノ

一番上の写真は、2回の診察で処方された薬の一部です(箱が複数あるものは一つしか写していません)。
で、この左のブツ、いったい何の薬だと思いますか?









正解は目薬でした。上と下のキャップをはずすとこんな風に変わります。あけて3週間しか持たないっていうのに、なんでこんなでっかいのにしちゃうんだろ...(疑問)

そして今回他にも驚いた薬が、ポマ-ド(男性整髪料ではありません)。
それも目の中に塗るんです。
ま、塗るといっても、下まぶたをひっぱって、赤いところに乗せる感じ。そしたらまばたきと共に薬が広がって、目の前が白く少し見づらくなるというもの。夜寝る前に塗るのですが、箱に運転しちゃだめよマ-クがついてました。

日本でもこんな軟膏あるんでしょうか?

これから一段と寒くなると思いますが、日本のみなさんもフランスのみなさんも、風邪をひかないように気をつけましょうね~。
[PR]

by France_reims | 2006-11-24 03:14 | 医療・薬
2006年 06月 28日

フランスで入院

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

先日マカロン、検査のため入院したんです。
全身麻酔が必要だったので、数種間前麻酔医との面談をして、23日金曜の夜入院しました。
検査は24日午前に行われ、夕方には体調が回復したので退院したのですが、フランスでの入院、麻酔とあってドキドキしていた私。
でも終わってみればなんともなくてほっとしています。

           ○●○●○●○●○●
まず受付にいって入院手続き。
今回個室に入ったのですが、こんな感じ(上の写真)の病室でした。トイレ、シャワ-、冷蔵庫など完備されていて、これで1日(1泊?)7600円くらい。
テレビは申し込めば1日580円くらい。日本だとプリペイドカ-ドを買ったりする必要があるので、安いなと思いました。
マカロン何をみたのかと言いますと、フランスVSト-ゴ戦。病院で観戦することに(^∇^)。

看護婦さんとの面談ではダ-リンに代わりに答えてもらうんではなく、自分でと思っていたのが災いしたのか、アレルギ-は?の質問に、しばらく考え込み、牡蠣!と答えて爆笑されてしまった私。
でもその前まで硬かった雰囲気が和んで看護婦さんも笑ってくれるようになったので、結果オ-ライ(*゚.゚)ゞ

           ○●○●○●○●○●
そして気になるご飯!23日の夕食と24日麻酔が切れた後の昼食を食べたのですが、やはりフランスは美食の国と言われようと、病院食はまずい!・°・(ノД`)・°・
夕食だけ写真を撮ったので公開します!
・メニュ-は鶏肉のグリル+パスタ(これが茹ですぎで最高にまずい)、パン、ヨ-グルト、ライスプディング

まずいくせに(?)一応デザ-トもあるんですよね。
でもお米のデザ-ト、私にはやはり食べれませんでした。甘さは控えめだったのですが、ご飯がつぶつぶで入ってるし、受け付けない...。

昼食は、ハムとレタス、パン、チ-ズ、ヨ-グルト、プリン(ぷっちんプリンみたいな感じの)。
こちらはおなかが最高にすいていたからか、美味しく食べることができました。パンが夕食よりマシだったので、チ-ズとバタ-をつけて完食。


           ○●○●○●○●○●
これは、検査の前日と直前に体を洗ってくださいと渡されたもの。
開けると、ルゴ-ルのような色と臭い。
ちなみに髪の毛もこれで洗うように指定されたので、臭いが...。手もその臭いになるし、ちょっと閉口しました。

           ○●○●○●○●○●
気になる支払いですが、個室の料金も、加入しているダ-リンの仕事先のミュチュエル(健康保険)で返って来るので、ほっと一安心です。
慣れないことなので、少し神経質になっていたし、一人でよかった。話しかけられてもフランス語だし、気が抜けませんからね~。

そして今回の入院、ダ-リンの仕事が入ってないときにしたのですが、ほんとについててもらって心強かったです。そして麻酔の先輩でもあるダ-リン。親知らずを抜くときにフランスって全身麻酔らしいです(((゜д゜;)))
一気に2本とか3本とか抜くからかもしれないけど。でもすごすぎじゃないですか?

検査着の話になったとき、歯の治療なのに、パンツはいちゃダメっておかしいよね~って私に力説するダ-リン。ノ-パンで歯を抜かれたらしいです。お後がよろしいようで。
[PR]

by France_reims | 2006-06-28 01:49 | 医療・薬
2006年 06月 16日

やっちゃいました...

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

先日のフランからの忠告 、みなさん覚えてますか?出かけるときは日焼け止めを忘れずに。
マカロンまたやっちゃいました。
太陽湿疹...。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 しかも出ているところは顔全部と手・腕の一部です。

去年薬局で買った塗り薬 を塗るも、回復の兆しが見えないので、今日ダ-リンと一緒にお医者さんへ。
そして飲み薬と塗り薬をもらってきました。
また予想はしていたけど、帽子を被ったり、腕を洋服で隠したりしなさいと。日焼け止めじゃだめなのかも。

頑張って直さないと9月のパ-ティにも差し支えるし。
マカロン、さっそく帽子を探すことにします。
で、お医者さんから出された処方箋に、なんとこんな表記がっ!

一番上の写真でもクリ-ムの箱が大きいのがお分かりになると思うのですが、250g入っているのです。
そしてこの量は28115日間用と...。
77年間かかるんですか...(@ ̄Д ̄@;)

計算したくないんですけど、私は100歳を超えてしまうのですが(爆)
[PR]

by France_reims | 2006-06-16 01:43 | 医療・薬
2006年 04月 04日

フランスにきても...


こんにちは、マカロンです。

皆さんは、頭痛でお困りではありませんか?
私は日本で偏頭痛に悩まされていたのですが、フランスにきてからも続いているのです。
フランス語で偏頭痛はMigraine(ミグレン)といいます。
日本でMRIの検査を受け、脳や血管には異常なし、偏頭痛でしょうという診断になり、専用の薬を処方してもらっていました。一粒1000円もしていました。

で、フランスにきてからは、専用の薬を買うにもいちいちお医者のランデブ-を取って、見てもらわなければならない。日本でもこの専用の薬をもらうにはお医者さんに行かなければなりませんが、いつでも好きなときにいけますよね。フランスではそうはいかない。そこがフランスで行きたくない理由の一つ。

で、こっちにきてからは、フランスの市販の頭痛薬でなんとか切り抜けてきました。と言っても、時々効かないときもあり、そんなときは勉強も仕事もできないので、家で安静にしているしかないのです。

先日お友達のmimosaさんのブログ で、彼女も偏頭痛に悩まされていることを知りました。

紹介されていたHPに載っていた商品を早速買ってみました。
それは冒頭の写真のスティック。
100%ナチュラルなエッセンシャルオイルにミント、ラベンダ-が入ったものです。
それを頭が痛くなりそうなとき(頭重、ストレスを感じたとき)にこめかみ、額、うなじに塗るというもの。
痛くなってからでも使えるそうです。

どのくらい効果があるのでしょう。このスティックを買ってから、なんだか痛くなりそうって時があったので、試してみました。

ニオイは、なんだか懐かしいニオイなんですよね、日本で既にかいだことがあるニオイ。ミントにラベンダ-なので、気持ちが安らぐ感じです。
肝心の効果の程はあまり感じられなかったので、少し使い続けてみたいと思います。
このスティック、ドイツ製で3ml入り、6.65ユ-ロ(910円)でした。
[PR]

by France_reims | 2006-04-04 01:19 | 医療・薬
2006年 02月 03日

薬の飲み方




こんにちは、マカロンです。

シャワ-が全快したら、今度は自分が風邪を引いてしまいました。もうすぐ日本だっていうのに。
早く治さないと!ということで、お医者さんにランデブ-(予約)をとって、行ってきました。
仕事が休みだったので、ダ-リンも付き添ってくれました。
そして薬を処方されたのですが、カプセル、タブレットの薬に混じり、粉がありました。

フランスにきてから薬は数々飲んでいますが、粉は初!
で、飲んでみると、案の定ぐふぇっとなってしまい、目を白黒させてしまった。そんな私にダ-リンが一言。

「Qu'est ce que tu fais?(ケスクチュフェ?=何やってんの?)」
見りゃわかるでしょ、薬飲んでるよ、ということも出来ないマカロン。苦しかった~。
で、飲み込み終わってから、どうやって飲んだか説明したところ、飲み方が間違っているとのこと。

粉薬って皆さん、どうやって飲んでいます?
日本人の方であれば、ダイレクトにいくか、オブラ-トなんかで包んで、水と一緒にのみますよね?
フランスはなんと、水に溶かしてのむ!
薬の袋を見ると、確かにそう書いてありましたよ。マカロン読まずにのんじゃった。
でも、でも、でも!水に溶かすとそのまずい味を長く味わうことになりませんか。
そんなの私はいやだよ、ダ-リン。

なので、むせてもいいから、私はそのまま飲み込む道を選択するのであった。
[PR]

by France_reims | 2006-02-03 05:45 | 医療・薬