シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2005年 05月 31日

ダ-リンの大好物


こんにちは、マカロンです。

人間最後の食事となった時、みなさんは何を食べますか?それがほんとに好きなものといえる、とうちのダ-リンは言っているのですが、彼はそれが「スパゲティ・ボロニエ-ズ」なんです。
ただし、日本でラ-メンの美味しさを知ってからは、「ラ-メン」に変わりつつありますが...。

私が働いていた札幌は、北海道でも指折りのラ-メン激戦地で、特に味噌味が有名です。
バカンスで年に数回きてくれていたのですが、その時も私が仕事でいないと、一人でラ-メンを毎昼食べてたんです、そのくらい大・大・大好き。
お店のも好きだし、インスタントラ-メンでも十分楽しめる人です。
仕事から帰ると、今日はこのラ-メン食べたのかとチェックするのも楽しみになってました^-^


フランスに住んでいると、ラ-メンを食べれるのはパリに行ったときか、うちで作ったときに限られます。
パリにはそうそう簡単にはいけないので、うちで作るのが増えるわけなんですが、実家から送ってもらったり、パリで買った袋入りのインスタントラ-メンに、ゆで卵と野菜 をたくさん入れて、作っています。
今日はラ-メンにしようかというと、☆目の輝き☆が違います、ダ-リン。
作る私に感謝はすごくしてくれるのだけど(態度でもかなり示してくれる^-^;)、ラ-メンを食べてるときの恍惚としたあの表情は、お見せしたいくらいです。


写真は、あるときの食事風景。
友達が送ってくれたシュウマイと一緒に、中華ランチなんてやってみました。
[PR]

by France_reims | 2005-05-31 22:12 | ダ-リンと私
2005年 05月 30日

夏になると...

こんにちは、マカロンです。

夏、暑い日になると窓を開けますよね。フランスには日本にあっても無いものがあるのです。
それは網戸。

マカロンは虫が大キライ!!
だけど暑いのも大キライ!!なので、窓を開けるとき、使うのがコレ!


←フランスの蚊よけです。その名もMoustiquaire(モスティケ-)。
辞書を引くと、まんま「網戸」と載っていますが、日本の網戸とは雲泥の差があります。

どのようにして使うかというと、窓の枠に、Moustiquaire本体を付属の両面テ-プを使って、貼り付けていくわけです。

これ結構大変な作業で、うちはベランダがないので、外から貼る事が出来ない、つまり家の中から貼るのですが、窓の構造上、中側からぺたっと貼ることはできないのです。
ダ-リンも実家で使ってなかったため、かなり試行錯誤して貼りましたが、またそこはフランス!
この両面テ-プの性能が悪いのですよ。
数週間するとはがれてくるのです。
去年、ダ-リンは、最低6回はMoustiquaireと格闘を繰り返しました^-^;

そして厳密に言うと、網戸ではないんですよ。戸じゃないんだもん(爆)。
ただのアミ...

そしてあまり買う人がいないのか、恐ろしく高い.....20ユ-ロ以上します。
   注;そのサイズは2m角くらいで
そこで激安ス-パ-を探したら、なんと10分の1くらいの値段で売っている!
それが写真の商品です。蚊が、また憎たらしい顔してるし...-_-


で、私たちが寝ている部屋は、階段を上がった2階の部屋になるんです。
*アパ-トは、ロフトじゃないけど2階があって、不思議な作り。

そこは屋根裏部屋のように天井がとがっているので、窓は斜めになってます。
で、あけるときは窓を押し上げるというわけ。
するとですねぇ、Moustiquaireをどう貼ったらいいの?状態なんですよ。
で、アミがないと、恐くて窓を開けられない、というわけで寝る部屋は蒸し風呂になるんですよ...。


去年は本当に死んでしまうんじゃないか?と思うほど、寝苦しい夜を過ごしたのです。
今年も同じことになったら、どうしよう...2003年のような酷暑がきたらどうしよう...とおびえるマカロンでした。

ちなみに2003年は、40度以上を記録する猛暑だったんですが、フランス国内で1万人を越える人が亡くなりました。こわいでしょう。エアコン完備じゃないフランスでは死活問題です。
でも先進国なんです。
[PR]

by France_reims | 2005-05-30 22:14 | こんなの買ってみました
2005年 05月 29日

古本屋さん


こんにちは、マカロンです。

昨日は古本屋へ行ってきました。道を歩いてて発見したお店で、ぶらっと立ち寄ったのですが、私は元々本屋が大好きで、日本に住んでいたときも、土日のどちらかは行ってました(つまり毎週行っていた^-^)

小さいときから絵本、本が大好きで、一人で静かに読んでる子供だったんです。おほほ
今も本が好きだけど、ここはフランス、売ってる本だってフランス語。まだまだ自由自在に読めるようにはなってないけど、それでも本屋は良く行きます。

一説によると、本屋にいくと、もよおす人もいるらしいですね。インクの香りがそうさせるとか。残念ながら、私にはその効果は現れません。


今回買った本は、シャンパ-ニュの歴史、作り方から、シャンパ-ニュを使ったお料理まで載ってます。
うちでも毎月1回は飲むくらいのシャンパ-ニュ好きなので、歴史も抑えておかないと!ということで、買ってみたので~す。

で、お料理なのですが、中にアンリ4世の鶏肉料理っていうのがありまして、アンリ4世という王様、なかなかの曲者なのですよ。
当時フランスはお風呂に入る習慣なんてなかったので、仕方がないのかもしれないけど、残っている文献では死体のように臭かったらしい(驚!!)

ま、料理から臭ってくるわけではないので(当たり前だろ~)。

そしてこの料理は普通の人は作れないようです。シャンパ-ニュを作る基になるワインを使うって書いてあるもん...。
ま、厳密に当時のレシピを再現しようとすると、ですけどね^-^;
で、最後はシャンパ-ニュのシャ-ベットになっておりました。

そうそう、悪酔いしにくいと言われているシャンパ-ニュも、質が悪いのを飲むと、頭が痛くなります。一度ス-パ-で10ユ-ロ(1400円)のシャンパ-ニュを買ってみたことがあったのですが、まず口に含んだ時のさわやかな感じが無く、おまけに後味が悪いんですよね。そして、後で頭が痛くなりました-_-

おっと、古本から話題が外れてしまいました^^;

で、沢山の本の中に、私が住んでる町の道について書かれた本があり、いつ作られたのかが書いてあったんです。
私の家の前の道は、14世紀から15世紀に作られたことが判明。
あ~歴史を感じられる瞬間。石畳もすごく古そうだなと思ってたんですけどね。
フランス革命より古いじゃないの!とちょっと驚いたマカロンでした。
[PR]

by France_reims | 2005-05-29 22:16 | こんなの買ってみました
2005年 05月 28日

日本という名のお菓子


こんにちは、マカロンです。

よく行くパンやさんでガト-コ-ナ-を見ていたら、JAPON(日本)って名前がついたお菓子が!
で、早速買ってみました。見た目はシュ-クリ-ムにチョコがかかった感じ?たっぷりくるみも乗ってます。



で、中身はこんな感じ...。


チョコクリ-ムが入ったシュ-クリ-ムでした。お味はくるみのおかげなのか、ちょっと懐かしいような味がしましたよ。でも明確に日本ってイメ-ジは伝わってこなかったんだよなぁ。

買うときも、どのあたりが日本なんです?って聞いたんだけど、お姉さん中身がチョコクリ-ムでね、とそれだけ。チョコは日本のイメ-ジじゃないよなぁ。ナゾ...

お値段は、1個1.85ユ-ロ(259円)。ちょっと高めだな...
[PR]

by France_reims | 2005-05-28 06:29 | こんなの買ってみました
2005年 05月 27日

フランスのティッシュ




こんにちは、マカロンです。

フランスにきて、最初困ったことは紙製品の質の悪さでした。
紙製品で一番お世話になるのは、ティッシュとトイレットペ-パ-ではないでしょうか。
この二つは、フランスではとんでもないものが売られています。

どんな風にとんでもないのかというと、カタイッ!!タカイッ!!
*文字の順番変わっただけ?(発見☆←あほ)

この写真のティッシュペ-パ-は、一箱60サンチ-ムほどします。日本円で84円です。
日本だと5箱で298円とかで売ってますよね。計算するとフランスのは高いんです。
そしてなんと5箱パックなんてものは存在しない!

噂では聞いていたので、日本から大量に持ち込んだポケットティッシュを大事に使いながら、マシなティッシュを探すこと数ヶ月。やっと見つけたのが、写真にうつした左側の方。
最近箱が変わったんです。カワイクなったじゃないの、アンタァ

次にトイレットペ-パ-
ま、これもやはり日本のとは雲泥の差。そして許せないのが巻きが甘いというか、すぐに無くなる!
不経済だというわけで、これも探しました。
すると、1個が3個分長持ちというのを発見!
写真でも4ロ-ルが12ロ-ルと書かれてるのが見えますか?
大体1巻きが1週間でなくなっていたので、マカロン、きちんと数えましたよ。3週間まで伸びるのかどうか。
ちゃんと3週間持ちました(フランスなのに、きっちり正確。感動☆)
これは12ロ-ル分で3ユ-ロ弱くらいでした(日本円410円くらい)。やはり高い...-_-

しかし人間は、慣れるとキッチンペ-パ-でも鼻をかめるようになるんですね。最初ダ-リンの家にお世話になっていたとき、お母さんが鼻をかんでたのを見たんです。
え~鼻痛くないの??と不思議だったんですけど、最近やってみたら、数ヶ月間のティッシュ探しが功を奏したのか、イタクない。
要は私の鼻の下は強くなったんですねぇ。

でもほんとの風邪ひきになったときは、マカロン母が持たせてくれたロ-ションティッシュを使ってます。
ダ-リンに触らせたら、感動してた^-^ フランスにはこんなの無いもんね♪
[PR]

by France_reims | 2005-05-27 07:04 | こんなの買ってみました
2005年 05月 25日

最近見てるテレビ

こんにちは、マカロンです。

フランスに暮らし始めて1年たちましたが、まだまだテレビの内容がわかるようにはなりません。
ところどころはわかっても、笑ってるところで笑えない、よくあります。
最近見ているテレビ、スペインのドラマ なんですけど、ダンススク-ルでの繰り広げられる人間ドラマです。
これ、ダンスシ-ンメインなので、みなさん良く動きます。汗かきます。シャワ-浴びます。
で、更衣室のシ-ンがよく出てくるのですが、気になるのが男女一緒、時々おっぱい映ってるよ!!
それとマカロン気になるのが、レオタ-ド、Tシャツから、胸元のポチッがバッチリなんです。

ダ-リンも最初目が点になっておりました。
CMでおっぱい出ちゃっても、ドラマでこういうのは少ない(と思われる)フランス。
*もちろんラブシ-ン以外で

で、このドラマ、ペネロペ・クルスの妹(姉?)が出ているのです(写真左から2人目)。
顔は似ています。でもペネロペの方が可愛い。

タイトルは、「Un Dos Tres 」

で、物語ではペネロペ姉妹扮する女の子が妊娠?!って大変な状態です。
目が離せません!
[PR]

by France_reims | 2005-05-25 22:19 | テレビ番組
2005年 05月 22日

ダ-リンの災難

こんにちは、マカロンです。

ダ-リンって、お金をズボンのポケットにいれちゃう人なんです、ダイレクトに。
で、家に帰ってくると、机の上に小銭を出すのですが、私がその置かれているコインを何気なく見ていると、あれ?これは.....。

なんと今はもう使えない10フラン硬貨があるではありませんか!

これ、間違えて渡されてるよというと、ダ-リン、かなりクヤシそう。
おそらくTABACでやられたんだろうということになりましたが、これを使うことも出来ないので、マカロンコレクションにめでたく入りました。
*TABAC(タバと読みます)とは、キヨスクのようなお店で、タバコ、新聞・雑誌、ガムなどのお菓子、ロトなどが売られているところ。


 ←それにしても、1ユ-ロ硬貨と、10フラン硬貨は似ているのです。
大きさもほぼ同じです。でも間違ったふりして渡しちゃだめだよねぇ。





☆余談ですが...
二人が知り合った2002年からの1ユ-ロコインを集めよう、ということになり、現在は2003、2004年のを探しています。
しかし流通してないのか、まったく見かけません。

硬貨の発行ってどんなタイミングでされるんでしょうね。
ダ-リンの読みでは、1999年の1ユ-ロコインが多いことから、ユ-ロ導入前で大量に作ったので、2003年以降はもしかして作られていないか、作られている量が少ないのでは?とのことですが、どうなのだろう。

そういえば、日本の2000円札もなかなか見れなかったなぁ...。
[PR]

by France_reims | 2005-05-22 22:21 | 日々のこと
2005年 05月 21日

ステキなリサイクル?

こんにちは、マカロンです。
この写真、皆さんただのコップ?って思ったことでしょう。

フランスでは、商品を消費した後、食器として使える商品が沢山あります。
ダ-リンの実家で使用しているグラスも、今うちで使っているアペリティフ用のグラスも全部そうなんです。
意外と強いし、見た目もシンプルなので、知ってる人は「あの○○だな」と気づくけど、私のように知らない人は、買った食器だと思ってしまいます。え?思わない?
で、私たちの引越しのとき、ダ-リンママが、グラス(写真後ろの背の高いやつ)を6つくれました。これでお客様きてもOK~^-^

ス-パ-にいくと、こんな感じの品揃え。クリックで拡大可。
*マカロン、警備のお兄さんの目を盗み、撮影に成功!オイオイ-_-;;

これはまた違うタイプのグラスです。

で、今うちで使っているマヨネ-ズなんですが、3つお買い上げで1つプレゼントというキャンペ-ン中で、1年かかってようやく応募できました。応募締め切りが6月末だったので、大丈夫かなと思っていたのですが。
それが上の写真手前のやつです。

二人だと、マヨネ-ズなどの消費がどうしても遅いです。またダ-リンはソ-スこってりじゃなく、素材の味を大事にした料理を好み、マヨネ-ズは太るとの理由で、敬遠しがち。
そしてなかなか無くならない。
*余談ですが、全然大丈夫なのに、「マカロン、このマヨネ-ズはもう捨てた方がいいんじゃない?」なんて、いらぬ心配をするダ-リン。

自分があまり食べてないからなんだろうけど、そんなすぐに傷んだりしないのになぁ。
彼はそんなにデリケ-トなのか?!不思議。
[PR]

by France_reims | 2005-05-21 07:05
2005年 05月 20日

ダ-リンの家族


こんにちは、マカロンです。

今日はうちのダ-リンの家族について紹介します。

まずはお父さんの話から。
ダ-リンの本当のお父さんは、彼が1歳のときに、病気で亡くなっているのです。
だから、あまり本当のお父さんのことは、覚えていないそうです(1歳じゃ無理もない)。
このときお母さんは30歳くらい。最愛の人を突然亡くして、さぞかし辛かっただろうなぁ。
お父さんとの思い出は二人で写ってる写真だけ。
お母さんはブルタ-ニュ出身なので、お父さんが仕事でお母さんの住んでいた町に行ったとき知り合って結ばれた、と聞いています。

お義父さんとお母さん。
お義父さんとお母さんは結婚をしていません。お母さんがクリスチャンってこともあるのかな。クリスチャンにとって結婚は1回だから。
でも結婚してなくても、もう20年以上一緒にいます。
最初にこの話を聞いたときはうまく飲み込めなかったけど、二人を見ているとステキなカップルだと思います。
ダ-リンとも本当の親子のように仲がいいし。
そのお義父さんとは、お母さんが花屋に勤めて子供たちを女手一つで育てていた頃、これまた花好きなお義父さんがお店にやってきて、そのうち恋人同士に...らしい。
今でも家は二人の育てるお花たちでいっぱい☆
お母さんは、4人の子供の母親です。ダ-リンまでの3人が亡くなったお父さんとの子、下の妹はお義父さんとの間の子どもです。
フランスでは珍しいと思うけど、普通分娩でみんなを産んだそうです(*フランスでは無痛分娩が一般的)

ダ-リンのお兄さんは、ジャズミュ-ジシャン。CDも出してるらしい。
一回コンサ-トに行ったことがあります。
彼女も同じ音楽系の仕事をしているはず。(まだ2回しかあってないので、ちょっと不明)
ア-ティストなので、兄弟の性格はとても違い、妙にハイテンションな兄^-^;;

ダ-リンのお姉さんは、ダ-リンと同じ勤め先(職種は、お姉さんは秘書なので違います)。
この前紹介 したように、3人の子供のお母さん。
同じ勤め先を選んだだけあって、性格似ている。掃除好きだし。
お姉さんのだんなさんもマジメで、気さくな人。この私のフランス語上達度を試すかのように、よく話しかけてくれる^-^;;

ダ-リンの妹。まだ19歳。この間バカロレアという大学進学の試験に受かり、今はまた学校に通っている。コメ-ス(商取引)の勉強をしていると言っていた。
彼女の付き合ってる彼が、とんでもないやきもち焼きで、彼女は時折けんかして大変みたい。
ダ-リンも、何回か別れた方がいいよと、何度も勧めたことがあるらしい。
でももう腐れ縁ってやつみたいです。

■こぼれ話
ダーリンが生まれたとき、ミドルネ-ム(?)にお父さんの名前をもらっています。
それが、なんと!!!      アンドレ
ベルバラだ~(ばかな私^-^;;)
ちなみにダ-リンもベルバラ、フランスでも放送(タイトルはレディ-オスカル)されていたので、知っております。
でもお父さんがどんな気持ちで名前をつけたんだろうと考えると、アホなことは言ってられませんっ。
私の想像では、3人目で最後の子供と思ったお父さん、自分の名前を入れたのかなと。

ダ-リンと結婚したら、私の家族にもなる人たち。
実際、今も遊びにいくと、ほんとの娘のように接してくれるお母さん。感謝してます
次に会えるのは、母の日かな。
何プレゼントする?とダ-リンに何日も前から聞いて、ちょっとうるさがられているマカロンです(爆)

*写真は、ダ-リンが4歳くらいの時の写真。最初私は、ダ-リンのお姉さんだと間違った。
 だって、女の子みたいだと思いませんか。
 クリックすると、ちょっと大きくなりますよ。
[PR]

by France_reims | 2005-05-20 22:22 | 家族ou友達と
2005年 05月 19日

MIKADO




こんにちは、マカロンです。

今日は、ヨ-ロッパで売られているポッキ-について、ご紹介します。

フランスをはじめ、他のヨ-ロッパの国でもMIKADOという名前で売られているこのポッキ-、フランスのLUというメ-カ-と日本のグリコが提携して、ヨ-ロッパで販売しているものです。
今はLUはダノングル-プのようです。

で、このMIKADOというのは、このお菓子のような細い棒を積み上げて、参加者一人ずつ、棒を1本ずつ、他の棒を動かさずにとるゲ-ムのことなんです。

じゃあ、このお菓子でもゲ-ムが出来る?夏にはキケンな遊びですなぁ。
棒動かす前にくっついちゃうよ。
私も数年、どうして天皇のミカドなんて名前がついてるんだろう、別に和菓子でもないのに、と思っていたのですが、ダ-リンからある日教えてもらったのです。

便秘がすっきりしたかのように、謎が解けて嬉しかったマカロン。

味は、日本ほどバリエ-ションがありません。
ミルクチョコ味、ビタ-味、キャラメル味だったと思います。
日本人としてはイチゴポッキ-(つぶつぶ付き)が食べたい~

[PR]

by France_reims | 2005-05-19 06:30 | こんなの買ってみました