シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 31日

日本という名のお菓子2



こんにちは、マカロンです。

以前にもjapon(日本)と名前のついたお菓子をご紹介し、名前の由来に納得できず消化不良で終了したのですが、また名前に惹かれて買ってしまいました。
今度はですね、japonais(日本の)という名前の箱入りお菓子
で、これは私が良く行くCORAというス-パ-のオリジナルブランドのものです。
どういうお菓子なのかと言いますと、箱に書かれている説明は、以下のような感じです
*フランス語に用いる点のようなアクサン記号は省略します
Biscuits meringues fourres au chocolat et a la noisette sur un pied de chocolat

これってチョコとへ-ゼルナッツのクリ-ムをメレンゲをかけたビスケットにはさみ、底にチョコをつけたものという意味になりますが、味はまぁ、ぼちぼちって感じです。
甘すぎず、一口で食べれるので、手も汚れないし、まぁまぁかな。
でもjaponaisと名前をつけているところがまた疑問。
そして使っているチョコはスイス製らしいです。箱に大きくスイスの国旗と共に説明書きが...。
もちろんjaponaisに関しての説明はありません。
しかし、前回のお菓子との共通点は、上に乗せられたナッツ(前回はくるみで、今回はヘ-ゼルナッツ)とチョコの組み合わせ。
フランス人にとって日本のお菓子のイメ-ジはコレなのだろうか...。

共通点を見つけたので、次回はそれがまた入っているのか、確かめたいと思います。

それと、ダ-リンから教えてもらったのですが、箱のお菓子写真の下に「Suggestion de presentation」と書かれているんですが、これは、さしづめ商品イメ-ジといったところでしょうか。
何でも、フランスにもクレ-マ-がいて、例えばこれがお皿に乗ってる写真がついていると、中にその皿が入ってないなどと言う人がいるらしいんですね。
そういうのも防ぐために、商品だけの写真を載せて、このような注意書きを入れてるらしいです。
日本だと、果物を使った商品とかだと、果物の写真を載せたり、その原産地の風景写真を載せて、これはイメ-ジです、って載ってますよね。
[PR]

by France_reims | 2005-07-31 06:24 | こんなの買ってみました
2005年 07月 30日

これがほんとのバ-バパパ


こんにちは、マカロンです。

先日ご紹介したバ-バパパのマシュマロ ですが、先日ス-パ-でわたあめを見つけました。
ご存知の方もいるかと思いますが、バ-バパパとはフランス語でberbe a papa(aの上に点(アクサン)がつきます)、わたあめのことなんです。
直訳するとお父さんのあごひげなので、私のイメ-ジだとわたあめと呼べるのは、お父さんよりおじいさんのような気がするのですが...。

クリスマスやパックス(復活祭)の頃にはもっと大きい入れ物に入ったのが売っていたのですが、今回のはちっちゃい40g入りのサイズ。
色はピンクで、味は日本と変わらないのですが、香りがついている。バニラのような...。
原材料のところにはaromes(アロマ)と書いてあるので、香料が入ってるようなのですが、何の香料ははっきりしません。
先日のマシュマロは美味しくなかったけど、これは日本のお祭りを思い出し、美味しくいただいてます。

入れ物も可愛いんです。バケツ型で持ち手もついてるんですよね。
食べ終わったら何いれようかな♪

そして、みなさんに一つお伝えしたいことが。
描かれているイラストで、とても気になるのがあるんです。
それはこれ!
バ-バパパが持っているわたあめの絵が何かに似てませんか?日本の子供なら、きっと二つのものを思い浮かべると思うんです。
そう、一つはソフトクリ-ム、もう一つは....。

わたあめの描かれ方も、国によって異なるということですね。
[PR]

by France_reims | 2005-07-30 23:36 | こんなの買ってみました
2005年 07月 29日

フランスのパンスト


こんにちは、マカロンです。

フランスで、ラップと同じくらい使えないものを紹介します。

それはパンティストッキング。
写真は私が今まで買ったストッキングの入れ物です。日本では大抵紙に挟まれて、堅めのビニ-ルに入っていますよね。
フランスはこういう紙箱に入っているものが多いんです。しかも、中身はビニ-ルに入ってるわけでもなく、くちゃくちゃ丸められてそのまんま!
*注:写真の一番下にあるパンストは、ビニ-ル+箱入りでした。


で、気になるサイズの選び方なんですが、日本のようにS~M、M~LといったSML表示ではなく、体重と身長で選ぶんです。
下の表をご覧ください。 *クリックすると、拡大できます。↓

このように、縦にあるのが身長、横にあるのが体重で、交差したところのサイズ(T1、T2...)となっているものを選ぶんです。
で、メ-カ-によっても、このようにサイズ表示が違うので、買うときに、確かめることが必要です。
しかし、体重で選ぶって、例えば細くても筋肉質の人は重いけど大丈夫なんだろうか、なんていう疑問も出てくるわけですが、一回買って失敗したら、上か下かを買えばいいのね。
でもそうそう失敗はしたくないのよねぇ。

また、質の問題があるのです。
日本は手触りのいいものが多いですよね。シルクが入ったり、抗菌加工になっていたり、色々工夫されている。日焼けしないなんてものもあるくらいですよね。
しかし、フランスのは固いんです。最初つるしてある色見本を触ってびっくり!
こんなの穿いたら皮膚がガサガサしちゃうのでは?と思うくらいカタイ。
例えて言えば、パンストにジュ-スをこぼしてそれを乾かした後みたいにガビっとした感触。
わかっていただけるでしょうか。
そして、伸びが悪いこと。
これなら大きめだよねっていうサイズを選んでも、股上がきちんと合わないんです。無理に伸ばそうとすると伝線するし...。なので、最初のサイズ選びを変更してみると足にあうかと思いきや、今度は腰周りのサイズがあいません-_-
色々触ってみた結果、手触りはマシなのを発見したのですが、伸びに関してはまだです。

フランスにお住まいで、これは伸びるよというのをご存知の方、どうぞ教えてください。
また私と同じサイズの方で、ここのメ-カ-のはいいよ♪ってご存知の方もぜひ!
*身長158cm、日本ではM~Lサイズを買っていました。

でも次に実家に荷物を頼むときは、パンストをお願いしようと決めたマカロンです。
ちなみに、お値段は、大体1足2ユ-ロ(280円)、厚手になると3.5ユ-ロ(490円)くらいです。
*注:ス-パ-のオリジナルブランドなので、安い。デパ-トでちゃんとしたのを買うと、それなりに1足1500円くらいと高いです。
[PR]

by France_reims | 2005-07-29 06:57 | こんなの買ってみました
2005年 07月 28日

今日も牛さん


こんにちは、マカロンです。

今日のお昼ご飯に、牛肉のステ-キを食べました。
フランスではやはりお肉の方が魚より安いので、魚で健康的な生活を、と思っても、ついついお肉に偏ってしまいます。
フランスでは日本より値段も少し安い気がします。
今回買ったのは、Tournedos(トゥルヌド)という牛ヒレ肉の丸い切り身です。厚さは2cmくらいでしょうか。
約400g(枚数は2枚)で、約4ユ-ロ(約520円)。
これをバタ-を溶かしたフライパンで両面焼いて、お好みの焼き加減にするだけ。
脂も殆ど無く、柔らかくておいしいお肉でした。

*先日の記事 でも紹介したプチポワとキャロットの煮た缶詰を添えています。

実は昨日でダ-リンと付き合って3年の記念日だったので、あるレストランに行ったのですが、最悪だったので、仕切りなおしということで、今日のお昼、ちょっとレストランっぽく食事してみました。

どういう風に最悪だったのかというと...
1.前菜にフォアグラを頼んだのですが、今まで食べたことの無いくらいの
 やわらかさで、バタ-みたいだった。
2.喫煙席に座らされた。電話でちゃんと禁煙席と予約していたのに。
 テラスだからという理由で、そのまま席も替えてもらえませんでした。

最初はわからなかったんだけど、前菜を食べ始めて、なんだ、これは?!なんて憤慨してたところに、私たちより先に食事してた人が、タバコを吸い始めて、さらに怒りが増加という具合だったのです。

私たちをこの席に通した男性に話すも、テラスは外だから、禁煙席も喫煙席も厳密に分けることができないと言って、結局取り合わず。
なんだかガッカリした記念日でした。

ダ-リンも怒鳴ったりしないで冷静に怒りを伝えたのですがね、私もフランス語めちゃくちゃでも言った方がいいかなと思ったけど、女の私がしゃしゃり出ない方がいいかとだまっていたのですが、そのうち言い訳としか聞こえない説明に、噴出してしまいました。

フランスで結構な数のレストランに行っていますが、サ-ビス面でこんないやな気分になったところは他にありません。
まぁ、フランス人に快いサ-ビスを求めるのが間違ってるとでも思った方がいいかもしれませんね。
[PR]

by France_reims | 2005-07-28 23:06 | こんなの作ってみました
2005年 07月 27日

どらちのサイズがお好き?

こんにちは、マカロンです。

フランスの雑誌はめくっていてなかなか目に楽しいものです。
日本のような事細かなメイク方法の記事がないのを除けば、恋愛ネタ、ダイエットネタ、お料理ネタ、芸能ネタ、星占いと日本と似たようなものです。

しかし、日本とは違うことがあるのです。

この写真をご覧ください。
これは日本でも日本語バ-ジョンが出ているおなじみの「マリ・クレ-ル」です。右は4月ころ、左は先日買ったものです。
これは号が違うので表紙が違っていますが、毎月同じ表紙、同じ内容で大小二つのサイズで販売されるんです。
マリ・クレ-ルの他にもこういった形態の雑誌は何種類かあります。

これって、2種類出すことで売り上げに何か違いがあるんだろうかと考えてしまいます。
いったい大小どんな%で、どっちが売れるんだろうなんて...。
大きいサイズの方が、もちろん文字は大きくなります。だから老眼が始まったマダムが選ぶから?でも彼女らはこの手の雑誌を読むのだろうか...。いろいろ考えてしまいます。
ちなみに私は小さい方が好きですね。バッグにもささっと入るし、ちょっと時間が空いたときなんかに、読めたりするので、お出かけにも持っていっています。
*ただし辞書も一緒にもつ必要がありますけど...^-^;

さて、今回私が買った8月号には、おまけがついていました。それは恋愛小説の小冊子。
中のタイトルは「愛、私がまだ出会っていないもの」、「私の二人の夫」、「アメリカ人の情夫」など。
夏の雑誌にこういう付録がつくというのは、やはり夏は恋の季節ってことでしょうか。
よくフランス人にとっては年中そんな季節って言われるけど、実際住んで見て、年中恋愛まっしぐらなんてフランス人には未だ出会ったことがありません。
イメ-ジが先行しているだけなのかな。それともパリに住んでると、そういう人見かけることも多いのでしょうか。

*雑誌の表紙ですが、左がアンジェリ-ナジョリ-、右がソフィ-マルソ-。
私はソフィ-は昔から可愛いなと思っていたのですが、私より年上で、
こういった可愛さを保ってるのはやはりすごいなと思ってしまいます。
ダ-リンもファンではないけど、彼女はきれいだといいます。
[PR]

by France_reims | 2005-07-27 23:07 | こんなの見つけました
2005年 07月 25日

OMEGA入りオイル


こんにちは、マカロンです。

日本でもOMEGA3とか6とか話題になっているんですよね?

実はフランスでCMを見て、この存在に気づいたマカロンですが、ネットで調べてみると、なにやら健康にいいらしい、ということで、早速買ってみました。
で、どういいのかは、ネットで調べてみました、日本語で^-^;
以下ネットから抜粋したものです。長いので、ご存知の方はとばしてください。

---------------------------------------------------------------------------
脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。
動物の脂肪は主に飽和脂肪酸で、植物性の脂肪や魚の脂は主に不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸は構造が不安定で、その不安定さが血液の浄化作用を促す作用を持っています。
この不飽和脂肪酸は、その構造からオメガ9とオメガ6、オメガ3に分類されます。
青魚に含まれるEPAやDHAは、オメガ3に分類される脂肪酸で、この脂肪酸は細胞が正しく機能するためには不可欠なものであることがわかってきました。
また、脳の機能とも関連しており、不足するとイライラしたり集中力が欠如します。
さらに最近の研究では、オメガ3脂肪酸を摂取していると、血流が改善されて心臓疾患のリスクが軽減、血中の中性脂肪の減少、アトピー性皮膚炎や喘息、慢性関節リウマチ、腸の炎症などにも効果があることが認められています。
オメガ3脂肪酸は青魚をはじめ、亜麻仁油(フラックスオイル)、シソ油、緑黄色野菜、豆類などの食品から摂取できますが、意識しないと不足しがちになります。

有効と思われる症状:
1.イライラする
2.心臓疾患の予防
3.子供のキレ予防
4.中性脂肪が高い
5.アレルギー

---------------------------------------------------------------------------
で、このオイルですが、ス-パ-では2種類置いてあり、オリ-ブオイルが多いものと、今回私が買ったサラダオイルが多いものとありました。
それとビタミンもプラスされているので、お肌にもいいかしらん。
現在使っているオリ-ブオイル、胡桃オイルと一緒に、しばらく使い続けてみようと思います。
[PR]

by France_reims | 2005-07-25 23:09 | こんなの買ってみました
2005年 07月 24日

パリにいってきました


こんにちは、マカロンです。

昨日ダ-リンと、友達に会うためにパリに行ってきました。
先日、ふんころがしさん から教えてもらったパリのお勧めのお店の中 のうちの一つに行ってきました。
それは、ZEN ZOO 台湾風サロン・ド・テ

ふんころがしさんから教えてもらったHPを見てみたところ、久々に鶏のから揚げが食べたくなって、もう私の頭の中では決めていました。


で、頼んだのがこちら。
ふんころがしさんもお勧めといってたし、自宅で揚げ物をしない私にとって、これはほんとに食べたかったのです。
で、正解でした。衣がカリカリでお肉もジュ-シ-。ほんとにおいしかったです。台湾風って言ってのは、衣のことかなぁと思いながら、味わってきました。合ってるかしら。それにご飯とお肉ってやっぱり合うのね~。
  
付け合せは、豚の炒め物と、イカのピリカラスペシャルソ-ス和え(ちょっと名前うろ覚えです^-^;)をチョイス。5種類くらいからあって、ここから2種類選べます。
このメインと付けあわせ2種で12ユ-ロ(1680円)です。デザ-トをつけると15ユ-ロ(2100円)になります。

それとタピオカ入り紅茶もお勧めとのことだったので、そちらもいただきましたよ。
写真は撮らなかったけど、あの太いストロ-で黒タピオカを吸い込むのは、ダ-リンにとって、ちょっと珍しかったみたい。

ダ-リンは、牛肉入りうどんと、付け合せに季節の野菜と、豆腐とピ-タンの小鉢を頼みました。


こうやって、ブログで知り合った人のお勧めのお店に行くのって、楽しいなぁと思いましたよ。ここに、ふんころがしさんと博士がきたのね~なんて、思いを馳せながら...。
他に雑貨の店も紹介してもらっているので、次はゼヒ行って見たいと思います。
ほんとにありがとう、ふんころがしさん。
[PR]

by France_reims | 2005-07-24 23:10 | 家族ou友達と
2005年 07月 22日

ひき肉のステ-キ?




こんにちは、マカロンです。

今日はス-パ-で、ダ-リンのリクエストで買ったものをご紹介します。
これは、ひき肉のステ-キとでも言いましょうか。牛ひき肉が味付けされて、日本で売ってるハンバ-グのような形でトレイに入って売られています。
で、普通はお肉本来の味に塩コショウなどの味付けなのですが、これはトマト風味の商品だったんです。ダ-リンママが子供のとき、よく買って食べさせてくれた思い出の味らしい。
ス-パ-には、この他にたまねぎ風味もありました。

このひき肉ステ-キ(普通の味の方)、冷凍食品でも置いてあります。ひき肉の脂肪が35%カットされたものなど、数種類ありますが、だいたい10枚入って5ユーロくらいで売られていたと記憶しています。
*お店によっても異なります。
冷凍庫に入れておくと、今日は何にしようかなというとき、ほんとに便利です。
日本では売られてないですよね。こういうのって日本では受けないのかな。

昨日のお昼に早速食べてみたのですが、お味は、トマトの味が突出してないけど、雰囲気はボロニエ-ズみたいな感じで、美味しかったです。
これを食べるとき、マスタ-ドをつけるのですが、これもよく合う。
次回はたまねぎ風味を試すことになりました。

で、こういうステ-キの付け合せには、ジャガイモをソテ-したり、フライドポテトをつけたりもいいのですが、便利な缶詰があるのです。
グリ-ンピ-スと小にんじんの煮たものなんですが、レンジで暖めて、お肉が出来たらお皿に一緒に盛って出来上がり。
ステ-キと同様に、常備しておくと、便利な一品です。
[PR]

by France_reims | 2005-07-22 06:25 | こんなの買ってみました
2005年 07月 21日

大人も大好き、バ-バパパ

こんにちは、マカロンです。

バ-バパパは日本でもソニプラや雑貨店にグッズがおいてあって、人気ですよね。
私も大好きなんです。
フランス生まれのアニメということもあるけど、あの何にでも形を変えられる自由自在なのが、憧れちゃう。

それに、このアニメが出来るきっかけというのが、確かカフェで隣り合わせた男女が、筆談だったか話してだったか盛り上がり、そのときのお話を書いたのがきっかけだったような。
たまたま隣り合わせた人と、こんなステキなお話を作れるってなんかステキではありませんか?
*すみません、ネットみても探せなかったので、うろ覚えをそのまま書いてます。

で、先日ダ-リンとス-パ-の飴売り場を物色していたとき、見つけたんです。
おなじみHARIBO!マシュマロとグミの中間みたいな飴。
そしてバ-バパパのキャラクタ-の形をしてる。

即買いだったんですが、食べてみると、なんだか香料はきついし、味が何より濃いんです(味の無いラ-メンの話の次は味の濃い話ですみません^-^;)。
ダ-リンもあまり食が進まないほど。
久々にパクパク食べてないダ-リンを見ました(驚!!)

ま、味はイマイチだけど、形や袋は可愛いということで、紹介してみました。
[PR]

by France_reims | 2005-07-21 23:16 | こんなの買ってみました
2005年 07月 20日

カップラ-メン


こんにちは、マカロンです。

フランスにおけるカップラ-メン事情をご紹介します。

フランスで売られているインスタントラ-メンは、日本製は存在しません。
中国製が多いのが現状です。
注:パリの日本食品店は別ですよ。

ラ-メンは元々中国の食べ物です。それが日本に伝わったのですから、美味しいのでは?と思っていました。
しかし、現実は違っていた!なんとも不味いのです。

日本で売られているカップヌ-ドルも、なにやらそっくりなパッケ-ジで売っていたりするのですが、全然味違う~(しかもメ-カ-名NISSHINと入ってるのに)。

いくらバゲットやクロワッサンが美味しいといっても、やっぱり食べたくなるのがラ-メン。
だから最初は不味いから食べないと行ってた私も、実家から送ってもらったラ-メンが底を突くと、買わざるを得ない。
こうして、ダ-リンと私のラ-メンジプシ-が始まりました。

色々なラ-メンを試したものです。
一度なんか「皇帝」みたいな名前がついたカップラ-メンを買ったんですが、ス-プはホタテ味と書いてある、これはどうなの?いけるんじゃないの?と期待して、すすった瞬間、私とダ-リンの頭の中には



「味がない.....」



かなりショッキングな味でした。薄味にもほどがある!!

で、写真のラ-メンがこれまで食べた中で、一番マシなものです。
上の赤いのは、牛肉が入ったピリカラタイプ。
下左の青いのは、海鮮風味、でもちょっと味薄め。
下右の緑は、きのこ入り。

この同じメ-カ-で焼きソバも出していて、この海鮮焼きそばがお気に入りだったマカロン。
しかし、この焼きソバを売っていたアジア食材店が、もうすぐ閉店という驚愕の事実.....。
今までお米(ジャポニカ米)や海苔など買っていたのに、残念。
別のアジア食品店は遠いし、参りました。
何か他のもので代用しなくては。いよいよデザ-ト用丸米を試すときがきたようです。
[PR]

by France_reims | 2005-07-20 23:17 | こんなの買ってみました