シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 30日

それはないんじゃない?

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

先日ちょっとびっくりしたサ-ビス(?)がありました。

ダ-リンが4年ほど使用していた上の写真の携帯を変えました。

ここフランスでは携帯を解約するにも書類、しかも止めたい2ヶ月前から連絡しなければならない。
アパ-ト引越しの際にも3ヶ月前書類通知だったんですけど、携帯までとは。
ここでマカロン、軽く驚き(ノ゚ο゚)ノ

でも他にも驚いたことがあったのです。

もう新しい携帯も到着して、ダ-リンはいや~新しいのは薄いし、軽いね~とご満悦。良かったねなんて会話していたら、届いた一通の手紙。

それは解約を申し出た電話会社からのものでした。
内容は...


解約を取り消すなら月々の料金を3ユ-ロ(450円)下げます。


なんだそれ?

私は日本ではドコモを使っていましたが(おそらく他の会社もそうだと思うのですが)年々割引がありました。長く使ったらその分、割引が受けられる。
聞いたら、ダ-リンの使用していた携帯、そんなサ-ビスは無かったんですって。
で、止めますよっていったら、値下げ、しかもたったの3ユ-ロ。

驚くのは値下げの金額ではなく、止めるといったら安くしまっせというその精神が気に入らない。

その後も電話での引止め作戦が数回行われましたが、ダ-リンが解約を取り消すことはなかった(当たり前じゃ!)

日本ってやっぱり顧客を考えてますよね、顧客がいつまでも他にいかないでくれるように、サ-ビスが行き届いていることが多いですね。
[PR]

by France_reims | 2006-09-30 05:38 | 日々のこと
2006年 09月 26日

美味しいものを食べよう

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

風邪は咳が少し残る程度、疲れも外出してもだいぶん平気になってきました。派遣で入ってくる仕事の方も、このところ数が増えてきたので、きちんと後がつながるように頑張っています。

パ-ティも終わったし、ダイエットも解禁になって、疲れをとり元気を取り戻すには、やっぱり美味しいもの♪
ということで、海外でも出来るなんちゃって和食、鮭イクラ丼を作ってみました。
一番最初の写真にあるように、鮭は、生ではなくスモ-クサ-モンです。
それとちょっと普段は手が出ないイクラの瓶づめ。ちっちゃい瓶で700円近くするので今回は奮発しちゃいました。

酢飯を作って、その上に切ったスモ-クサ-モンを乗せて、イクラを散らし、中央にわさびを添えて。食べる前に醤油をちょっとたらしていただきます。

白菜、じゃがいも、たまねぎのお味噌汁と一緒に、あっという間に食べちゃった。

なんちゃって、と言っても、海外生活組には涙が出るくらい美味しい一品。
次は何を美味しいもの食べようかな。
いくらもまだ残っているし、いくらのおにぎりもいいな~。
やっぱり元気を出したい時、原点の和食に戻るようです。
[PR]

by France_reims | 2006-09-26 02:45 | こんなの作ってみました
2006年 09月 24日

お久しぶりです

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

16日にパ-ティが無事終わり、家族も18日にフランスをたって、台風の影響が危ぶまれましたが、無事に到着したと連絡を受けました。そして今日はもう24日。マカロンいったいどうしちゃったの?とお思いの方もいるかもしれませんね。

パ-ティの少し前にうっかり風邪をひいてしまった私とダ-リン。
どうやらス-パ-でハム売り場の冷房にやられてしまったようです。
その後ダ-リンの風邪は治ったのですが、私はパ-ティの日最高に悪化していて、せっかくダイエット解禁になったというのにあまりお料理を美味しく味わうことが出来なかった(涙)。

でも出席してもらった家族、友達には楽しんでもらえたようで、ほっとしています。
フランとふんころがしさんの対面も叶ったし。同じ町に住む友達二人も読者なので、生フラン、生ふんころがしさん、生博士に興奮していたo(^-^)o こういう形の対面が自分たちのパ-ティで叶って、嬉しかったです。

しかし、私の両親がフランスが初ということで、快適に過ごせるように色々気を配ってみたのですが、思いのほか疲れてしまった。
それと風邪とあいまって、実はまだ疲れがとれていないのです。
フランが書いていたカルチャ-ショックもやっぱりありましたし。
それでブログもかなり休んでしまいました。

徐々に元気になると思いますので、これからも宜しくお願いします。
[PR]

by France_reims | 2006-09-24 02:46 | ご挨拶・お知らせ
2006年 09月 13日

嬉しいプレゼント第4弾

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

本日、また嬉しい小包を受け取りました。ちょうどクロノポストの配達車がとまって家の前で留守かな?とやってるところに、買い物から帰ってきた私たちが会えて、無事受け取れました。タイミングもよかった!

これは、クリコ5兄姉妹の3女きょんさん からのお祝いでした。
お祝いの品は、備前焼のビアマグ。泡がきめ細かく注げるらしい。さすがお酒をこよなく愛する妹の選択って感じです。
また和風の食器にステキな仲間入りです。きょんさんも家で焼酎などをこれで飲んでるだって。これはお揃いってことかなぁ。

そしてたくさんの日本食材の数々。ラ-メン好きダ-リンにはやはり広東風、北京風のラ-メンがかなり大当たりでした。
そのほかにもお鍋のス-プ、キットカットの期間限定和風味など、嬉しいものばかり。

またしてもダ-リンが、まだ彼女とも会ったことがないんだよねσ(^_^;)?と一言。
姉妹の契り(?)は交わしても確かに会ったことがない私たち。
でも秋~冬で、きょんさんの来仏もあるので、実際に会えるのが楽しみな私たちです。
ほんとにたくさんの贈り物、ありがとう~。
[PR]

by France_reims | 2006-09-13 02:48 | 家族ou友達と
2006年 09月 13日

枝豆

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

今年2月に日本に帰省したとき、ダ-リンのパパにお土産で枝豆の種を買っていったのですが、早速植えてくれて(実際にはフランスの春の気温がなかなかあがらず、植えるのが遅くなったのですが)、このたび、ようやく収穫を迎えました。
ただ、7月の酷暑の後すっかり涼しくなってしまい、中の豆が思うように大きくなってくれなかったので、少し残念です。
今も大きくなるのを待とうにも、一部かびた状態になってしまってるものもあるらしい。

で、ママとパパがうちに寄ってくれたとき、持ってきてくれました。
早速茹でて食べてみたら、豆は小さいけど美味しい!!
ダ-リンと日本を思い出し、冷えたビ-ルと一緒にいただいてみました。
ダ-リンも枝豆が大好きです。
実家ではedamameという名前もすっかり覚えてもらえたのも嬉しい。
実家の母の話ではビ-ルと一緒に食べると枝豆の栄養がさらにアップするらしい。ただし飲みすぎには注意ですけど(^_^;)

フランスで日本の夏を味わえて嬉しかった~。ありがとう、パパ。
[PR]

by France_reims | 2006-09-13 02:19 | 家族ou友達と
2006年 09月 12日

Vaux-le-vicomte城

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

ダ-リンがとった2週間のバカンス、そのほとんどが引越し作業で終わってしまいました。
でもそこはフランス人、バカンスがバカンスらしくなくてどうするっ!と、バカンスが終わる最後の日曜に、ドライブしてきました。

行き先は、ベルサイユ宮殿のモデルになったVaux-le-vicomte城

しかし、お天気が悪くってまいりました。行く途中でもワイパ-最速でも前が見えなくなるくらい雨に降られてしまい、いったい庭は楽しめるのかと思いきや、ついたら何とか曇り空で歩けそうだったので、お城からではなく庭からスタ-ト。


フランス式庭園によくある模様の手入れの行き届いた中を歩いていくと、ダ-リンが「ねぇねぇ♪」って嬉しそうなんです。そう、私たちの目前にあったのは、ゴルフ場でよくあるカ-ト。
45分で15ユ-ロ、1時間だと18ユ-ロ。45分を選んで出発です。

受付でダ-リンの運転免許証を預けることになったので、これはフランスの免許がない私は無理ね、と思ったのですが、受付から見えない遠くに行ってから、運転しちゃいました!ダーリンは初の私の運転、結構スピ-ド出すんだね、とびっくり、げらげら笑いながら、楽しんでくれた様子。
45分って以外に長く、十分でした。


その後お城内部へ。
ベルサイユは先日見学しましたけど、規模はやっぱり全然違いましたね。先にこのお城を見ていたら満足できていたのかなぁ。

肖像画がやたら多くて驚きました。中には顔が白く塗りつぶされてるのもあったり。*何の意味があるのでしょうか。

このお城を作ったニコラ・フ-ケという人は、ルイ14世の時代の財務大臣だったのですが、コルベ-ルという大臣の中傷のため、ルイ14世の嫉妬を招いてしまい、このお城での王や貴族を招いてのパ-ティを催した後、投獄され、そのまま獄死したという悲しい人生をたどった人なんですって。コルベ-ルって学校の授業で習ったんですけど、こんな腹黒い人だと思ってなくて、びっくりしたエピソ-ドでした。

そしてその後、ルイ14世は同じ建築士、デザイナ-を使ってベルサイユ宮殿を造ったのでした。

私の興味を惹いたのが、こちら。確かルイ14世の間のような名前がついていたんですが、トイレの数々が置いてあります。台に乗っかったカツラまで。
*クリックで拡大可

Free Image Hosting at www.ImageShack.us

どうですか?用足しづらそうではないですか?

見学最後のあたりに、食堂の辺りを歩いたとき、マカロンタワ-を発見!もっと寄って見たかったんですが、ロ-プがあったため叶わず。ダ-リンにも触れないよと制されるマカロンであった。


入場料が大人一人12.5ユ-ロ(1875円)するんですけど、この内容では高すぎる!とちょっとぷりぷりしながら、お城を後にしました。
この日も一部修復中でしたが、年間250.000人訪れるらしいので、修復費はたっぷり設けているだろうなと思ってしまった...。

結論としては、あまりお勧めいたしません。カ-トが一番楽しかった私たちでした。

また、期間はいつまでかわかりませんが、土曜の夜はキャンドルナイトキラキラが行われているので、そういうロマンチックなときにいくのがいいかもしれません。
[PR]

by France_reims | 2006-09-12 05:06 | 旅行記
2006年 09月 10日

フランス式銭湯?

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

このブログを読んでくださっている方で、去年の8月以降からのお付き合いなら覚えていらっしゃいますよね?
マカロン家のシャワ-が使えなくなり、5ヶ月間涙涙の生活をしたことを。
引越しが終わり、そのつらい出来事を思い出すこととなったのが、表題のもの、銭湯です。
今度の家の近くにあるんです。その名も「Bains Douches」。直訳すると風呂シャワ-。

でもあるからといってシャワ-が壊れても怖くないわ、とはなりませぬ。
こういうところは汚いらしい。表の写真でも十分汚い感じですよね。
だいたい経営されてるのかも、いまいちわかりません。なので内部のリポ-トは出来そうにありません。
そして、祈るばかりです、家のシャワ-の行く末を。


実は引っ越し早々、トイレの調子が悪かったんです。流してもいないのに自然に流れるんです。
またかよ、と怒るダ-リン(前のアパ-トでもトイレの調子が悪く、パパに直してもらった経緯あり)。
でも引っ越したばかりだし、新しい不動産やのお手並み拝見と修理を依頼しました。
すると、2日後には修理の人が来てくれてあっという間に直してくれた。
しかも新しいシステムをいれてくれて、水を流すボタンを押したあとにすぐ押すと水が止まる仕組み。なんて経済的☆

なので、何かあっても対応が迅速である可能性が期待できるので、少し安心するマカロンとダ-リンでありました。
[PR]

by France_reims | 2006-09-10 02:20 | こんなの見つけました
2006年 09月 08日

パンを焼いてみた

こんにちは、マカロンです。

パンを作ってみました。フランスにも少しだけ夏が戻ってきた感じで、これは発酵にはちょうどいい温度じゃない?
ならば思い立ったら吉日。

ひ-さん のお勧めでパンの本をアマゾンで買っていたのですが、ようやく作ることができました。
これは牛乳食パンです。
フランスには食パンってパン屋さんでは買うことができない  
*買うことができるブランジェリ-をご存知の方はご一報ください。

ス-パ-でパン・ドゥミというパンを買うしかないのです。これが結構日持ちがするのが嬉しいところなんですが、日本のパンより長い。強力な防腐剤が入っているのだろうか...ということであまりマカロン家では買うことがないのです。

っていっても、白状すると、カレ-やナンに刺激されて、美味しいものを食べたくなっただけなんですけどね。
みなさん罪ですわよ~。この分ならナンも作れるか?マカロン!

こねるもの時間があまり必要じゃないし、台にたたきつける作業もなし。簡単に作れます。
焼いた後、切って食べてみたら、外がかりっとして、中がふわふわで美味しかったです。ほんのり甘めの生地なのでおやつ感覚でも食べれそうです。早速ト-ストで明日食べてみようと思います。

私が買った本は以下のものです。結構評判がいいようですね。

稲田 多佳子, 門間 みか
たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ

[PR]

by France_reims | 2006-09-08 02:21 | こんなの作ってみました
2006年 09月 07日

果実酒

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

引越ししてからやってみたかったものの一つ、果実種つくり。さっそく作ってみました。
*記事が遅れましたが、作ったのは8月19日です。


作るに当たって、焼酎というものがフランスでどれに当たるのかわからなかったので、ウォッカを使用。
また氷砂糖が見つからなかったのでネットで調べて、蜂蜜で代用です。
うまくいくかわからないので、マヨネ-ズ空き瓶にちょこっとだけ。プル-ンの量が少なかったかな...。
1ヶ月で飲めるようになるそうですが、3ヶ月から半年おいた方がよいとのこと。
やっぱり待っておいしくなったところを飲みたいかな。

で、これが本日9月7日現在の様子。色がきれいについてきました。
蜂蜜も全部溶けたようです。やっぱり少なかったかなぁ(心配)
ホワイトリカ-1リットルとかで作った場合、氷砂糖はどのくらいで溶けるもんなんでしょう?
果実酒の達人さん、教えてください。
[PR]

by France_reims | 2006-09-07 02:24 | こんなの作ってみました
2006年 09月 02日

え?海水のんじゃうの?

こんにちは、マカロンです。

引越しが済んで前のアパ-トの引渡しも終わり、ちょっと一息、ということで、ダ-リンの実家に行って来ました。
今回の目的は、スイスに旅立つ義妹の見送りと、ママの妹(ダーリンの叔母さん)が来ているので、初顔あわせでした。

叔母さんが住んでいるのは、ママの故郷のブルタ-ニュ。
フランスの西側で海に近いところです。涼しいし、魚も美味しい、日本でいったら北海道という感じ。
夕食の前にアペロタイムで、ぜひ汲んできたl'eau de merを味わってほしい、というのです。
ん?海の水?叔母さん、海水ですかっ!!

そしたら、こんなきれいな色のカクテルでした。
やっぱりマカロン、フランス人の冗談にまだまだ着いていけてない模様です(恥)

作り方は、ジンに、シュエップス(レモン風味の炭酸飲料)、プルコのレモン(レモン味のシロップ。レモン果実入り)、砂糖(液体の)、青色のリキュ-ル(名前忘れてしまいました)を混ぜるだけ。

実はジンは苦手なマカロン。日本でジンベ-スのカクテルは飲めたことがないのです。でもこれは飲めちゃった。
ジンが苦手ということは叔母さんに言ってあったのですが、美味しい~と言った私に喜ぶ叔母さん。
結局2杯半も飲んでしまった。この前に妹の出発を祝ってシャンパ-ニュ飲んでいたのですが。

シュエップスの代わりは、砂糖を入れないで三ツ屋サイダ-でも代用できるかな。日本でも作れそうかも。機会があったらぜひお試しを!
でもこの道のプロの方なら、こんなカクテルの名前をご存知かな?

余談ですが、フランスにきてから人間らしさを取り戻しているのか、涙もろいんです(年のせいともいう?)。
義妹がいよいよ出発するときに、時々メ-ルしてね、とか言ってるうちに、ぼろぼろ....(゚ーÅ)
マカロン、どうしたの?といわれる始末。実家にいけば会えていた義妹に会えなくなるのはさびしいなぁ。
そのうちダ-リンとスイスに遊びにいきたいものです。
[PR]

by France_reims | 2006-09-02 02:24 | 家族ou友達と