<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 30日

この人もやってきた~

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

29日は、先日のきょんさん に引き続き、我が家にブログ+α で仲良くさせてもらっているふんころがしさん が遊びに来てくれました。
先日結婚披露パ-ティに来てもらったとき、町の観光は済ませている彼女なので、家でまったりガ-ルズト-クにしました。
カビ もしっかりみていただきました( ̄_ ̄ i)

いつもふんころがし家で美味しいご飯をご馳走になっている私。(前回 前々回 はこちら)
今回は私の手料理を楽しんでもらおうと、思案。そして以下の感じにしてみました。

前菜→スモ-クサ-モンのマリネ・サラダ添え
メイン→bavette(牛のハラミ)のステ-キ・ソテ-した玉葱、じゃがいも、マッシュル-ム添え
チ-ズ→カマンベ-ルとシャウルス
デザ-ト→チョコマフィン

今回焼いたチョコマフィン。時々参考にしているサイトのもので、これは卵が入ってないレシピなのですが、卵アレルギ-の人でも食べれるように考えられたレシピなんだそうです。
まぜて焼くだけ、とっても簡単。甘さも控えめで(フランス人用にはもっと砂糖追加が必要?)日本人に好まれる味かもしれないな~。
先日買ったハ-トのマフィン型で焼いたんですよ。これからもどこかのお宅にお邪魔する際手土産でもって行ったりするのにつくろうかな~。

せっかくハ-トの型なんだけど、あまりハ-トっていうのがわからなくて、ちょっと私的には不満です。でもふんころがしさんも同じ型を持ってることが発覚。お揃いで嬉しい私でした。

そして、トップの写真は、ふんころがしさんから、誕生日プレゼントでマリア-ジュフレ-ルの紅茶とクッキ-をもらっちゃった。
この紅茶は、Esprit de Noel(クリスマスの精神とでも訳しますか?あ~薄っぺらい日本語だ...)。
蓋をあけるとぱぁ~っと広がる香り、スパイスが数種類使われてるのですが、特にカネル(シナモン)が引き立ってます。ミルクティ-にしてもよさげです。
これで新居でノエルを気持ちよく迎えられそう。ありがとう、ふんころがしさん☆
日本でもマリア-ジュフレ-ルって扱われてると思いますが、このお茶はかなりお勧め!見つけたらぜひ!!
[PR]

by France_reims | 2006-11-30 03:09 | 家族ou友達と
2006年 11月 28日

涙..涙のお引越し

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

マカロンとダ-リンが、今のアパ-トに引っ越したのが忘れもしない8月5日。それから読者のみなさんは、新しいアパ-トで心機一転、新婚生活を楽しんでいるだろうと、想像していたことでしょう。
それが、秋も深まり寒くなってきてから、アパ-トに異変がっ!!

それは、これ、カビです。
特にひどいのはキッチンで、お湯や水が通る配管が壁にむき出しになっているのですが、そこを温度差のある水、お湯が通るとき、汗をかきます。その後換気が悪いことも手伝ってカビがはえる...(恐)。
その他、壁にもカビがはえ始めました(トップの写真)。
こんな状態、以前のアパ-トでは皆無だったので、びっくりしてagenceに掛け合うと、ジャベル(バクテリアを99%殺菌する掃除用液体)で掃除して、換気をよく、窓を開けろとのこと。
寒いんですけどぉ~ヾ(。`Д´。)ノ それに壁の掃除って、普通頻繁にやるものですか?
私が風邪をひいたのも、これが原因じゃないかと思っているのだ~。

それからagenceは、換気扇を取り付ける工事を提案してきたのですが、それより先に私たちの心は決まっていた。
それは引越し!
狭いため、思いのほか片付かない、その荷物にもうんざりしてたんです。

ということで、現在1件良さそうなところを見つけ、昨日サインしてきました。後は書類をそろえて送ったらカギをゲットできます。
家賃は高くなるけど、車庫も収納スペ-スもあるし、エレベ-タ-もついているし、何より建物が新しいので安心できそう。

引越し貧乏になりそうですが、この苦労もきっと後から笑い話になることでしょう。結婚した年のことだしね。
ということで、また少ししたらネットが使えなくなって、ブログからもしばらく離れますが、頑張りますので宜しくお願いします!

《マカロンの心配》
これからクリスマスのバカンスもやってきます。そんな中引越しして、ネット復活はいつになるのだろうか...。
工事するフランス人のみなさん、お願いしますよ~。
[PR]

by France_reims | 2006-11-28 03:11 | 日々のこと
2006年 11月 26日

私はだ~れ?♪

Image Hosted by ImageShack.us



こんにちは、マカロンです。

私はだ~れ?こんなにふわふわのファ-がついて暖かいわよ~。
う~ん、私だけでも暖かいわよ。

Free Image Hosting at www.ImageShack.us
知りたい人は、この画像をクリック☆


答えは、先日紹介したポ-ランドのウォッカ ズブロッカのウィンタ-バ-ジョン商品でした。

さっそくダ-リンと味わってみようと、リンゴジュ-スも買って家で飲んでみました。
すると、なんだかこの間よりも美味しくない。割り方が悪かったのか...。でも一つ考えられるとすると、友達の買ってきたのは、ズブロッカでも、上の方の品質というか、かなり高級なズブロッカでした。それかな、違いは?

また飲みにいかなくちゃ(爆)
[PR]

by France_reims | 2006-11-26 03:13 | こんなの買ってみました
2006年 11月 24日

散々な日々

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

先日のきょんさんが来る まで、2週間くらいずっと風邪をひいていた私。
ここのところ、やっと治りかけ?って感じに落ち着いてきました。
今回の症状は、鼻水から始まり、咳が止まらない。のどもがらがらになって、声が変わりました。
仕事でもしゃべるので、お客様に今日はこんな状態でごめんなさいと宣言して、のど飴口に放り込みながらの仕事...。

しばらく市販の薬で治らないかな~と粘ってみたのですが、とうとう観念してお医者へ。

それから数日後、以前にあれ変だなと思っていた目のかゆみが再開。アレルギ-性結膜炎です。
フランスでは眼科医のランデブ-(予約)って数ヶ月先になってしまうので、ジェネラリスト(普通のお医者さん)でもいいと聞き、いつものかかりつけのお医者さんへ予約。
月曜に風邪で、金曜は目で。
帰るときには、付き添いのダ-リンが先生に、「A bientot(じゃまた。) 多分来週^-^」って言ったんです。
先生も笑っていたけど、来たくね~よ~ヽ( )`ε´( )ノ

一番上の写真は、2回の診察で処方された薬の一部です(箱が複数あるものは一つしか写していません)。
で、この左のブツ、いったい何の薬だと思いますか?









正解は目薬でした。上と下のキャップをはずすとこんな風に変わります。あけて3週間しか持たないっていうのに、なんでこんなでっかいのにしちゃうんだろ...(疑問)

そして今回他にも驚いた薬が、ポマ-ド(男性整髪料ではありません)。
それも目の中に塗るんです。
ま、塗るといっても、下まぶたをひっぱって、赤いところに乗せる感じ。そしたらまばたきと共に薬が広がって、目の前が白く少し見づらくなるというもの。夜寝る前に塗るのですが、箱に運転しちゃだめよマ-クがついてました。

日本でもこんな軟膏あるんでしょうか?

これから一段と寒くなると思いますが、日本のみなさんもフランスのみなさんも、風邪をひかないように気をつけましょうね~。
[PR]

by France_reims | 2006-11-24 03:14 | 医療・薬
2006年 11月 21日

あの人がやってきたぁ

Image Hosted by ImageShack.us

こんにちは、マカロンです。

ブログを始めて1年以上経過してから、ブロガ-の皆さんとお会いする機会に恵まれることはとても幸せなことだと思います。
今回対面が叶ったのは、クリコ兄姉妹の3女 「 きょんのたわごと 」 のきょんさん

当日きょんさんを喜ばせようと、特にアルコ-ルに力を入れてみました(ですよね?お姉さま、お兄様♪)。
Gateaux sales(ポテチとかのしょっぱいお菓子)には、きょんさんはビ-ルを選びました。うちのアペロコ-ナ-(暖炉の上)にはウォッカやらウィスキ-やらカルバドスやら色々置いてあって、それも薦めたんだけど、まずはビ-ルだったのかな~。

前菜は、プチパンにスモ-クサ-モンと、ランプの卵を乗せたものをそれぞれ作ったので、これにはシャンパ-ニュをあわせました。

メインは、ギリシャ料理(トルコとも言われているけど)ムサカを作ったので、これには赤ワインを。
マカロンの独断と偏見で Cote du Rhone(コ-ト・ドゥ・ロ-ヌ=リヨンより少し下の地域)のにしてみました。

そしてその後にチ-ズとパン。チ-ズはいつもマカロン家で食べてるカマンベ-ルと、マンステ-ルという非常に強いチ-ズを用意(これは買うときに可愛らしいパッケ-ジに惑わされ、マロワルというチ-ズを買うつもりだったのに間違っちゃった(゜д゜;))。
でもかなりきょんさんは気に入ってくれて、カマンベ-ルよりもぱくぱく食べてくれました。直径6cmくらいのチ-ズだったんだけど、2/3は彼女が食べてくれたような...。こんなに気にいってもらえるとはとっても嬉しい限り。
でも以前に私がマンステ-ル嫌いになってしまったレストランで食べたときよりも柔らかい香りだったので、熟成がちょうどよかったのだろうか...。

そしてマッシュのサラダ。その後はデザ-ト用ヨ-グルト で締め。

電車の時間の関係で、コ-ヒ-も飲んでもらえなかったな~。あっという間に時間が経ってしまった。
やっぱり初対面って感じはぜんぜんしなくて、話もはずんで楽しかった☆ボルド-に来月いくので、今回彼女がいったボルド-の話も参考になったし。
きょんさんと日本語でガ-ルズト-クなんだけど、ダ-リンもいるからフランス語も交えてト-ク・ト-ク・ト-ク。
ダ-リンもかなり楽しんでいました。

きょんさんは、2年ごとにフランスに来てるようなので、次は2008年かな?
また我が家にきてね~。ワインもマンステ-ルも用意してお待ちしてます( ̄ー☆ニヤリ

*写真はきょんさんからもらったお土産の数々。私にもダ-リンにもたくさんもらってしまいました。
O山名物のばらすしの素、あなごのパック、カイロ、きれいな箱に入った干菓子、ボルド-のメトロマップ、そしてダ-リンには日本人のジェスチャ-の本。
写真は髪留め。きょんさんとおそろいなんです(嬉)。たくさんのスト-ンを使い、手作りで作られた一品。シルバ-ベ-スで黒い石も入っているから派手すぎず使いやすいということで選んでくれたらしい☆
ほんとにたくさんのお土産をありがとう~。

フランスにいるから、もう7ヶ月美容室に行ってない(^o^;)んだけど、少しでもきれいな髪形で居られるようにがんばるぞ~。
[PR]

by France_reims | 2006-11-21 03:15 | 家族ou友達と
2006年 11月 16日

う~ら巻き巻き

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

11日の土曜日、ダ-リン実家にいってきました。おじさんおばさんも来るということで、彼らがまだ口にしたことのない巻き寿司を持っていこうと決めていたのですが、海苔でぐるりと巻くのでは、初めて見る紙のような黒いもの(実際にフランス人にこのように言われたことあり)に抵抗を示されても困るので、初の裏巻き寿司にしてみました。
これだと海苔が中に入ってるので、抵抗が少ないと思われるので。

写真赤く見えているのは、ランプの卵の赤いもの。黒いものと着色なしのものと3種類売られています。
ランプっていうのは辞書をひいてみると、ダンゴウオという魚 と出ていました。辞書にも卵が美味とある。確かに。
よく小さいパンにマ-ガリンをぬって、この卵を乗せてオ-ドブルにしたりもするんです。
そして同じく外側に白ゴマをまぶしてみました。

中身は、玉子焼きを棒状にして細くきったもの、きゅうり、すりみ(カニカマ)、アボカドを巻いてみました。
4つの具ということで、バランスがよかったのか、巻きやすかったです。

で、魚好きのおじさんは結構食べてくれたのですが、おばさんはあまり好きそうじゃなかったな~(残念)。
でも紛い物じゃなくて、日本食に触れてもらうにはいい機会なので、時々こういう場をもてたらいいなと思います。材料は日本で作るものと異なるけどね~(;^_^A
以前にマカロン自ら体験したエセ裏巻き寿司 なんか、絶対食べて欲しくないですからね~。
[PR]

by France_reims | 2006-11-16 03:53 | こんなの作ってみました
2006年 11月 12日

不思議な野菜

こんにちは、マカロンです。

先日姪っ子甥っ子に会いに、義姉宅に遊びに行った時のこと。
いろんな野菜やら蜂蜜やら、産地直送みたいにして売ってるお店に行ったんです。そこで見かけた見知らぬ野菜...。

フランス産でCROSNESとあります。kg30ユ-ロ近くと結構高い。今売られてる高級きのこくらいします。
で、見た目はすごくびっくりしたんですけど、虫???? と思った私たち。
*クリックで大きくなります。

Free Image Hosting at www.ImageShack.us


ダ-リンもCROSNESを知らないというので、辞書で引いてみたら、tubercule comestibleとなっていました。
食べられる塊根・塊茎らしいです。要はじゃがいもなどと同じってことですね。
でもそのときは辞書も無かったし、買う勇気がなかった~。あ~残念。次見つけたら買ってみようかな。

日本にもあるのかな~、見つけた人は迷わずチャレンジして味を教えてください(。・ω・)ノ゙

---追記---
その後いただいたコメントで、日本にも存在するチョロギという野菜であることがわかりました。
[PR]

by France_reims | 2006-11-12 02:50 | こんなの見つけました
2006年 11月 10日

私のポン酢

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

以前から作りたいと思っていたポン酢をようやく作ってみました。
基本はバイアリ-・タ-クさんの写真解説付の作り方 に従って、そしてフランスならではのアレンジも加えて。

どんな風に作ったのかというと...。
昆布と鰹節は家にあったので、使用はOK。しかし、ベ-スになる日本酒がない...。
バイアリ-さんに質問して、家にあったガスの抜けかけたシャンパ-ニュ(私の誕生日に飲んだGOSSET です)を使用しました。
そしてオレンジキュラソ-もコアントロ-もなかったので、フル-ツつながりってことで、カルバドス(リンゴのお酒ですがな)をちょちょっと入れました。
味醂もうちにはないので、省略。
柚子ももちろんないので、緑色のレモンを使おうか迷ったのですが(見た目がとっても似てるし)、酸っぱさがどのくらい違うか想像できなかったマカロン。普通のレモンとオレンジを買ってきて使用しました。

その結果は、経験不足のため、酸っぱみが強いポン酢が出来上がりました。
レモンをはぶいてオレンジだけにすればよかったかなぁ。
作った日に食べるのが間違いなのかもしれませんが、鍋を作って食べてみたんですけど、ダ-リンには酸っぱいと不評(´・ω・`)。作ってから少し置いておいたら、角がとれた感じになるのかな~。次は豆腐にかけてチャレンジでもしようかな~。
[PR]

by France_reims | 2006-11-10 03:54 | こんなの作ってみました
2006年 11月 08日

ウォッカの飲み方-ポ-ランド式

こんにちは、マカロンです。

先日ポ-ランドの友達宅に遊びにいったとき、彼女がポ-ランドで買ってきたウォッカをご馳走になりました。

今回ご馳走になったのは、瓶の中にハ-ブが(茎)が一本入っていて、うっすらと緑色がついているタイプ。
それをリンゴジュ-スリンゴで割るのです。
友達の彼曰く、ロシアではよくオレンジジュ-スで割るけど、ポ-ランドはよくリンゴジュ-スを使うとのこと。
飲んでみると、ちょっとシナモンのような香りもして(ハ-ブの効用かな?)りんごとシナモンってよく合うから、とっても美味しかったです。
前にリトアニアの子がグレ-プフル-ツジュ-スで割ると教えてくれましたが、そのときよりも酸味が少ないジュ-スだからか、非常にウォッカとあっていて、さくさく飲めてしまった。

記事を書きながら調べてみたら、「ズブロッカ(ジュブルフカ) (Żubrówka) とは、ウォッカにバイソングラス(ズブロッカ草)を漬けて香りを移したポーランド産のアルコール飲料のことである。桜餅のような香りがする。」とあります。
桜餅か~。それが私にはシナモンっぽく感じたのかな。フランスで簡単に桜餅って食べれないから、食べたくなったらこれを嗅ぐ??

日本でもポ-ランドのウォッカって売られているでしょうか?ハ-ブが入ったのがもしあったら、ぜひぜひリンゴジュ-スで割ってお試しください。

*載せた写真は、遊びに行った時カメラを忘れていたので、ネットから探して載せてます。
ラベルが少し違ったけど、同じメ-カ-のものです。
[PR]

by France_reims | 2006-11-08 02:51 | 家族ou友達と
2006年 11月 07日

ポ-ランドの名産品って?

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

先日も記事にしたポ-ランドの友達から、誕生日プレゼントをもらいました。
彼女は先日結婚式の準備でポ-ランドに帰っていたので、そのとき、名産品をプレゼントに買ってきてくれたんです。

それは、琥珀のアクセサリ-。ピアスとペンダントヘッド。
コハク(琥珀)とは木の樹脂が地中に埋没し、長い年月により固化した宝石なんですね。出来方って実は知らなかったので、今回説明してもらって(もちろんフランス語で)、ちょっと怪しかったので、家で調べたら意味がつながりました^_^;。
琥珀の有名な産地は、リトアニア、ポモージェ、東プロイセンなどバルト海沿岸地域らしいのですが、ポ-ランドもバルト海に面していて、そこでよく採れるらしいです。
日本では岩手県で採れるらしい...。みなさんご存知でしたか?

琥珀のアクセサリってもらうのも使うのも初めて、しかも友達が結婚式の準備で忙しい合間に買ってくれたということで、嬉しさを倍増です。
そしてもう一つプレゼントに一緒に買ってくれたものが、ポ-ランドのお菓子。
ア-モンド、オレンジピ-ルを使ったクッキ-というか、焼き菓子です。
ポ-ランド語で書いてあるので、説明してもらったんだけど、家に帰ってきたらもう忘れてる...(;´▽`A``
このA.Blikle というメ-カ-は1869年創業の老舗らしいです。
パッケ-ジに描かれてるおじさんが、きっと創業者なのでしょう。
少しだけ、明治天皇に似てるかも、とマカロン心の中でつぶやいてみました。斜め右向いてるのとヒゲのせいかな...。

箱を開けるとこんな風にお菓子が入っていました。直径6cmくらいかな。
早速ダ-リンと味わって見ましたが、オレンジピ-ルが細かくなって入っていて、香りがとてもいいんです。ちょっと歯にくっつくのが難ですが、美味しい~。
HPをチェックしたら色々なお菓子がある様子。
これは、彼女たちの式に出席したときには、買ってこなくちゃ。
[PR]

by France_reims | 2006-11-07 02:53 | 家族ou友達と