<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 30日

ダ-リン実家でのクリスマス2006

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

今年のクリスマスは、私にとって3回目のダ-リン実家でのクリスマス。
今年は去年来ていた義姉ファミリ-が来れないので、少しさびしいものとなりましたが、美味しいものを食べて和気藹々と過ごしてきました。
去年のテ-ブルセッティング より赤いクロスになって、今年の方がゴ-ジャスですぜ、ママ!

さて、食べたものを一気にお見せしますぜ~。
左はアペロのシャンパ-ニュと共に食べたプチパンの上にランプの卵の赤黒が乗ったものと、ゆで卵スライスにアンチョビを乗せたもの。




右は、パパが畑で作ったアンディ-ブ(チコリ)の上にリンゴのソテ-とフォアグラ、鴨のスモ-クを添えて。

文句なしに美味しい前菜です。
フォアグラには、アルザスのGewurztraminer(甘口白ワイン)を一緒にいただきました。




左は牡蠣、エビ、スモ-クサ-モンの海の幸。
牡蠣は、クリスマス数日前からやっぱり風邪をひいてしまった私は、泣く泣く辞退して、エビとスモ-クサ-モンをしっかりいただき、牡蠣が苦手で、エスカルゴが好きな私とパパは右のエスカルゴをたっぷりいただいました。
写真は、これ一人分です。

それにしても牡蠣食べたかったなぁ。中るの覚悟で食べるつもりだったんですけど(体調万全だったら)、風邪ひいちゃ、あたるのは120%なので、止めておきました。
いつになったら、あたらなくなるんだろう、私の体...。(´д`lll)


左は、メインのオイルフォンデュ。
去年も25日のお昼に食べたけど、牛肉を各自串に刺して、この鍋に入れて、いい頃合になったらすき餡ソ-スをつけて食べます。
ぱくぱく食べれてしまうんだよなぁ。
これには赤ワイン(どの地方か忘れちゃった)。

ちなみにこの時点で12時くらいでした。



そして、右が今年のデザ-ト。ブッシュ・ド・ノエルではありませんで、ビエネッタです。キャラメル味で甘すぎず(フランスでは珍しい?)美味しかったです。
このデザ-トには再びシャンパ-ニュ。
食事終了は午前2時くらいでした。

しかしマカロン、白も赤もシャンパ-ニュもかなり飲んでまして、かる~く酔っ払っていたかな?
(軽くというのは、フランス語に必死なので、完全に酔っ払うまで行ってなかっただけなんですけど)
次の日は頭が痛かったです。なのに、午後になって復活したら、パパと一緒に食後酒をいただいていた私。
雰囲気で飲むタイプだから、お酒が強いわけじゃないのだけど...。
一緒に飲む人がいるとお酒って美味しいですね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

12/31は年越しで、友達の家に行って来ます。
今年のマカロン記事はこれでおしまいなので、この場を借りて、みなさんにお礼申し上げます。
たくさんの方にブログに遊びにきていただいて、大変嬉しく思っています。
2007年も、またよろしくお願いします。

Un grand merci a tout le monde!!
[PR]

by France_reims | 2006-12-30 03:25 | フランスの行事
2006年 12月 29日

クリスマス本番前に...


こんにちは、マカロンです。

クリスマスはイブからダ-リン実家なので、それから26日まで家族と一緒。ダ-リンと二人で過ごすイブイブ(23日のことです)を楽しもうと、夕食はこんな感じにしてみました。
その日は夕方からマルシェ・ド・ノエル(クリスマス市)へ。寒いからアツアツクレ-プ(ニュテラをくるんだもの)を頬張ってから、少し買出しをして、家に戻ってからささっと用意。

右から、プチフ-ル(ピザ味やベ-コンソテ-がのったキッシュの冷凍もの。暖めるだけでOK)、ガト-サレ(しょっぱいおつまみ)、ブリニにスモ-クサ-モンとスペインハムを切って乗せたもの。

このスペインハムはお店で見た途端、ウルコさん を思い出した私。
前からダ-リンにも記事を見せていたので、早速味見してみようと買ってみたのですが、うんまい!
彼女がブログで載せていたの はもっと高級感あったので、きっとあのブログに載っていたのはさらに美味しいに違いないと確信したマカロンでした。

シャンパ-ニュもハ-フボトルだけど飲んで軽く酔っ払い、楽しい夜を過ごしたのでした。
[PR]

by France_reims | 2006-12-29 03:26 | ダ-リンと私
2006年 12月 28日

新居で料理☆

Image Hosted by ImageShack.us


こんにちは、マカロンです。

引越ししてから、キッチンはもう普通に使えるように片付いているのですが、手のかかる料理を作っていませんでした。
そこで、先日勝った豚挽き肉(運良くス-パ-に冷凍じゃないのがあったんです)とパパの作ったポアロねぎで中身を作って、ギョウザを作りました。皮ももちろん海外では手作りです。作りはじめが午後1時半くらいで、出来上がりは5時くらいでした。


焼き上がりはこちら。
一応片栗粉と水をといたものを最後に入れて、羽(?)を作ってみました。パリパリしてダ-リンも気にいってくれた様子。

今回の皮は少し固めだったかな~。いつも水が多すぎるのかやわらかすぎるので、少し水を少なめにしたんです。やっぱり練習つまないとだめなのかも。


今回のギョウザは全部で25個できたんですが、全部今日焼くよという私に目を丸くするダ-リン。ダ-リンは私より小食なので無理もない。
でも子供時代、母が100個くらい作って、私は30近く食べていた話をしたら、かなり驚かれてしまった。ギョウザってぱくぱく食べれますよね?え?違う?(°Д°;≡°Д°;)
[PR]

by France_reims | 2006-12-28 03:27 | こんなの作ってみました
2006年 12月 27日

日本の番組紹介


こんにちは、マカロンです。
ダ-リン実家から無事にかえってきました。どんな様子だったかは、後日記事にしますので、お楽しみに!
今日は昨日から始まった新しいフランスの番組を紹介します。といっても、日本の番組をそのまま見せるだけなんですけど。
その日本の番組とは、コレ。


フランス語がわかる人は、想像つくかな?

タケシ+chateau(シャト-=城)というと.....??


それは風雲たけし城!


でもなぜ今これなのか?疑問です。

番組は約1時間。その間に風雲たけし城の一回の番組を、各コ-ナ-ごとに見せていく。そこにフランス人の司会者男女二人が、ちゃちゃを入れていくというもの。

でも、間が持たないのかナンなのかわかりませんが、同じ映像を何度も流したり、最後の関門城前での撃ちあい?のシ-ンは2回も流れて、たけしは2度も登場^^;

これが、テレビガイドに載ってた番組紹介の写真。
やっぱり日本の紹介って手を合わせておじぎなのよね。
中に出てくる一寸法師のお椀に乗って川を流れていくゲ-ムは、bol du riz(ご飯茶碗)という紹介になっていたし。いつも日本紹介は米だから無理もないけど。
*あのお椀ってお味噌汁を入れるお椀だと思うのですが、ご飯もOK?間違っていたら指摘してくださいね。

この一回で終わるのかと思いきや、年末までの特別番組らしく、26日から29日まで放映されます。

ダ-リンはこの番組の存在を知っていたので、驚いてはいませんでしたが、フランスではあまり有名じゃないようです(だからこそ、今紹介になったのだろうけど)。日本の文化に興味がある人なら知ってるよとダ-リン談。

たけしがあの映画監督の、とわかっているフランス人は結構いるそうな。ギャップがすごいと思うんですけど、へぇ~そうなんだ、とク-ルに流すんでしょうか?フランス人は。

ちなみに、ダ-リンは、あの谷隊長(?)の行けぇ~っ!!という雄叫びがお気に入りです。
時々真似するのはいただけません...σ(^_^;)

[PR]

by France_reims | 2006-12-27 06:41 | フランスでの日本
2006年 12月 21日

復活☆

お久しぶりです、マカロンです。

引越しから2週間、ネットが開通しました~。前の引越しよりも短かった気がする~。
そしてそしてノエル前の忙しい時期に、こんなに早く繋がるとは正直思ってなかったんです。
なので、嬉しい誤算!
ということで、これからまた記事を書いていきますので、宜しくお願いします!

さて引越ししてからのマカロン家、快適過ぎです!!湿気もないし、カビもないし、洗濯物はすぐ乾くし、やっぱり換気扇の威力をかなり感じています。
湿気に関しては、これまで買ってきたバゲットが、少し時間がたつとしなっとなっていたのにパリパリのままだし、クッキ-もラップなしで放置しても、いつまでもさくさくなんです。これってすごいことです。
その反面、手や唇が乾燥するので、部屋のあちこちにハンドクリ-ムとリップクリ-ムを常備。これも困ったことなのだけど、湿気ているよりいいよね。顔にしわができないように気をつけなくちゃ(^▽^;)

また広さもサロン(居間)が大きくなった分、食卓テ-ブルとロ-テ-ブルを余裕で置ける!歩くとき足元を気にしなくても痛い思いをしないのがいいですね。

まだ片付いてないダンボ-ルもあるのですが、収納するものを吟味しているところなので、それが決まればさくさく片付いていきそうです。本当に今回の引越しは正解と思えます。ダ-リンとここには長く住みたいねと話しています。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

さて明日からノエル、私もダ-リンの実家にいって家族で過ごします。なので、記事復活するも、すぐ何日かお休みしてしまいます。
実家での様子は後日レポ-トしますね。去年はママが手術後で料理を準備できなかったけど、今年はOK、美味しい手料理期待です。太り過ぎないように気をつけなくちゃ。


マカロン家にはサパン(ツリ-)が無いので、こんなことしちゃいました。
お互いのプレゼントは実家にはもっていかないので、家で交換してしまいます。
ダ-リンへのプレゼントは、こんな風にツリ-の下に。
私へのダ-リンからのプレゼントは、イオンドライヤ-なのですが、前のが火を吹きそうになったので、もう使い出しているため、ここには置いていません^-^

では、みなさんもよいノエルを!Bonnes Fetes!
[PR]

by France_reims | 2006-12-21 03:06 | ご挨拶・お知らせ
2006年 12月 08日

しばしのお別れ-再び

こんにちは、マカロンです。

先日カビ屋敷から引越しします~と記事にしましたが、そのときがやってきました。
明日から引越しを開始しますので、しばらくネットが使えなくなります。
問い合わせた限りでは3週間から4週間とのこと。本当でしょうか?neuf telecomさん!

しばらくブログも、フラン一人状態にまたなってしまいますが、また戻ってきますので、宜しくお願いします。
居ない間、フラン、更新よろしくね。

また引越し中の話題は復活後記事にしますので、面白い話があったらメモっておきま~す。

では a bientot~o(^▽^)o
[PR]

by France_reims | 2006-12-08 03:06 | ご挨拶・お知らせ
2006年 12月 07日

引越し前に

こんにちは、マカロンです。

新しいアパ-トですが、引越しをする前に、壁および天井のペンキ塗り・壁紙張替えをすることになりました。正確にはやってもらうが正しいのですが...。

やってくれる人、それはダ-リンパパです。ありがとう、パパ☆

実家の壁紙も季節などできれいにささっと張り替えてしまうブリコラ-ジュ(日本でいう日曜大工)の達人のパパ。引っ越すときに鍵を新しくつけてくれるのも、いつもパパです。

今回は9日に引越し予定なので、パパも休みをとって、6日(水)から泊りがけ(うちにパパママが泊まるのが初☆)での一仕事です。
実家にその都度帰るのも大変だからね~。

帯状の壁紙を貼ることになりました。こういうの私は不慣れなので、何度も壁紙を貼り変えているママのアドバイスです。天井も白、壁も白だと、こういうアクセントをつけた方が綺麗らしい。

きれいな部屋で新たなスタ-トが切れるのが、とっても嬉しいマカロンとダ-リンの、引越し風景でした。
引っ越し終わったら、新しい居間の写真を公開するかも☆
[PR]

by France_reims | 2006-12-07 03:06 | 日々のこと
2006年 12月 03日

やっぱり冬は鍋だよね☆

こんにちは、マカロンです。

先日私の誕生日にケ-キを焼いてくれた友達のN子さんに誘われて、晩御飯にお呼ばれしてきました。
仲良しのA子さんも一緒に、みんな日仏カップルなので、3組揃って鍋パ-ティになりました。
あ~久々の鍋、しかもギョウザ付ですよっ!
ダ-リン3人が揃うのも今回初でしたけど、宮崎駿のこととか経済の話とかクリスマスのカレンダ-売りのこととか、色々盛り上がっておりました。

まずはA子さん夫婦のシャンパ-ニュで乾杯!N子さんだんなが開けた途端シャンパ-ニュが少し吹き出て、彼のパソコンにかかるアクシデントあり(x_x;) その後キ-ボ-ドは無事かなぁ。

いただいたお料理はこちら☆
写真左がダンド(七面鳥?)の手羽先と卵の煮物。味が染みてて美味しかった。手羽先だからコラ-ゲンゲット( ̄ー☆



そして右が一口水ギョウザ。
N子さんちで一緒に包む作業をしたのだけど、久々で楽しかった~。それにしてもN子さんお手製の皮はさらさらとした手触りで包みやすかったなぁ。


左がメインの鍋。一緒にN子さん作のポン酢でいただきました。そしてマカロン初のキノコ(すみません、名前を忘れてしまいました)。平茸に雰囲気が似てるんだけど、鍋にいれると非常に合う!これはマカロン家でも購入して鍋をやってみなくちゃ。


ケ-キはマカロン&ダ-リンがデザ-トに買ってきたものです。イチゴのケ-キ。
面白いことに、夫たち3人は食べ終わるのが早い~。妻たち3人はまだ1/3は残っているのにもう無くなってた。やっぱり甘いもの好きなフランス人なんだろうか...。
そして私は残してしまった、あまりの甘さに...(;´Д`)ノ

N子さんと一緒にギョウザを包みながら、食材のこととか話をしたけど、やっぱりフランスで和食を作るのは難しいよなぁと実感。だからこそ、こうして同じ街に住んでる日本人と知り合えて、情報交換が出来るって幸せなことだなと思う。
これからもよろしくね、N子さん、A子さん☆


そして、N子さんのお宅に行く前に寄ったうちの街のマルシェ・ド・ノエル。写真だけささっと撮る予定だったので、その間ダ-リンは車を駐車するスペ-ス探し(土曜の夜、しかも12月ということで、かなりの苦労です)。
今年は去年より木についてるイルミネ-ションが綺麗な気が....と思って写真を撮ったのですが、ブログに載せられるいい写真が撮れなかったので、次回ダ-リンとじっくりマルシェを見たときに再チャレンジとします。
引越し前に載せられるのか??(疑問)
[PR]

by France_reims | 2006-12-03 03:07 | 家族ou友達と
2006年 12月 02日

新しい携帯☆

こんにちは、マカロンです。

フランスに来て2年半ずっと使ってきた携帯を新しくしました。
どんなのにしたかっていうと、こんなのです。

日本だとこういうタイプはいつのだろう?と思うくらい、古いタイプですよね(汗)。
しかし、フランスではこのタイプでも7000円くらいしちゃうところがイタイ。

今までプリペイドで携帯を使っていた(ちなみにbouygue telecom)ので、60ユ-ロ(9,000円)で75ユ-ロ分、6ヶ月間電話がかけられるのを使用してました。
6ヶ月のあと、新しいカ-ドを買わなくても8ヶ月(だったかな)、受信用としては電話を使えます。
ただし電話に出られなかったとき、メッセ-ジを吹き込まれると、そのメッセ-ジを聞くことができない(電話をかけられないから)というデメリットあり。

マカロン携帯で電話をかけるってあまりない。なので75ユ-ロ分もぜんぜん使い切らんのです。
で、ダ-リンと相談して、以下のような契約にしてみました。

今使用しているプロバイダ(ちなみにneuf telecom)のチップを購入し、新たに電話を購入し、チップを装着すると、月10分までタダで話せる。つまり10分以内なら、もうお金がかかることがないのです。
10分って私には十分かな。でもこの時間を越えても話せる(追加料金になる)ので、注意が必要なんです。
かかってきて掛けなおしが必要な場合、ダ-リンの携帯からかければいいし、一人だったら家に戻ってからかければいいので、なんとかなるかな。しばらく様子をみようと思っています。
[PR]

by France_reims | 2006-12-02 03:09 | 日々のこと