シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 31日

うちのアボカド君


こんにちは、マカロンです。

以前やっていたブログの最後の記事が私の育てているアボカド記事だったのですが、その後のアボカド君をご紹介します。

というか思い切ったことをやっちまいました...。

ここまで伸びたんです。一時期元気のなくなった葉っぱを3枚ほど切りました。冬に出てこなかった葉っぱも、一番上の写真のように、このところ暖かくなってグンと伸び、開いてきたんです。

高さもこの通り。
でもダ-リンが伸びすぎだよね、もっと低くて葉っぱがたくさんっていうようには出来ないのかなと言い出したんですよ。

で、思い切って荒療治(アボカド君は弱ってないんですけどね)。
きっちゃいました。

上の元気だった葉っぱは水にさして、根っこが出てきたら、これも土に植えてみようかなと考えてます。
切ったの、吉と出るか凶と出るか...。乞うご期待!
[PR]

by France_reims | 2007-03-31 17:38 | 日々のこと
2007年 03月 30日

三ツ星ホテルに宿泊☆

こんにちは、マカロンです。

パリでパ-マ、最低4時間はかかる長丁場。Reimsからでも日帰りでいけなくはないんだけど、ちょっと体力的につらい。そこでふんころがしさんに甘えてホテルふんころがしに宿泊してきました。

いつもは日中お邪魔して日帰りなので、おしゃべりしてもなんか物足りない気分。でも宿泊のおかげでたくさ~ん話すことができ、大満足。時々グチも聞いてもらったり。ありがとう、ふんころがしさん。

博士と会うのももう6回目くらい?なので、彼も少しずつお茶目な部分を出してくれてました(嬉)。
*私が最初に思っていたニヒルなイメ-ジは、今は消えた?かも。
そして、やっぱり私の目からみて、二人はラブラブでした。目で会話してたもん( ´艸`) ちょっと漫才っぽい部分もあったけどね。

さぁ今回も、たくさんのふんころがしさん手料理をご馳走になってきました♪

1日目の夕食は、palette(豚の肩肉)の白ワイン煮込み

paletteという肉は、肉を寄せ集めてタコ糸で縛ったような感じと聞いていたのだけど、焼き豚用で買う豚塊肉よりも、やわらかくて程よく脂もあって、美味しかった。白ワインソ-スがいいお味で、パンも進む進む...(*´σー`)
Reimsでもこのお肉探してみなくちゃ。

そして1日のデザ-トに出てきたクッキ-。
これがですね、なんとパックンチョ(チョコ)の味にそっくりだった~。
これはふんころがしさんが先日くるみをどう消費したらいいか、記事で質問していたけど、そのくるみとチョコが小さい塊で入っているもの。
フランスで日本のお菓子の味に出会えるとは。
でも盛り上がっていたのは私だけだったかも(恥)

2日目の夕食は、agneau(子羊)の煮込み

初日買い物をしていた時、先日のレストランでフランスでは初agneauだったという話をしたら、家でも作ろうかとふんころがしさんが言ってくれて、実現。2回目も美味しいagneau料理に当たりました。
野菜もちょうどよく煮えていてほくほく。agneauについてる骨からよい出汁も出ているし、コラ-ゲン取得?なんて、思いながら、パン、赤ワインとモリモリ食べちゃった。
よくふんころがしさんのブログに夕食モリモリ食べたって記述があるんだけど、そのとおり。美味しいからモリモリになっちゃうんだよなぁ。

どっちも作るところから見ていたから、家に帰ってきてからすぐテキストに保存しました。早速ダ-リンに作ってあげたい。まずはagneauからかな。

最後に、ふんころがしさん、とっても楽しかったよ。ありがとう。
次にふんころがしさんに会えるのはいつかな~。ホテルマカロン、予約いつでもOKで~す。
[PR]

by France_reims | 2007-03-30 22:56 | 家族ou友達と
2007年 03月 30日

パリでパ-マ

こんにちは、マカロンです。

マカロンはクセ毛で悩んでます。乾燥しているといわれるフランスでも髪が膨らむ私。
日本では矯正パ-マ(ストレ-トパ-マよりもさらに強力なパ-マです)を、4ヶ月に1回くらいの頻度でかけていたんです。それがフランスにきてからは、そんな機会も見つかりません。
それで、前に調べてあまりの高さに躊躇していた矯正パ-マを、パリでかけてきました。


使用前は左、使用後は右です。まっすぐなり具合が伝わりますか?
長さも変わりました~。短い髪が好きなダ-リンにはまだまだ切り足りないようですが(・_・;)

そして今回のパ-マ、かけ終わったときに、美容師さんから2日は髪を洗わないでくださいといわれたんですけど、今まで矯正パ-マでそんなこと言われたことがない~。自分判断でかけた次の日は洗わないようにしてきたけど。
日本で矯正パ-マかけた方、いかがですか?
[PR]

by France_reims | 2007-03-30 07:04 | 日々のこと
2007年 03月 26日

マカロン、ウルルンを体験?

こんにちは、マカロンです。

フランスは日曜から夏時間になりました。日本との時差は7時間になります。
土曜の夜寝る前に時計を1時間進ませるので、損した気分。冬時間になるときは1時間戻すので得した気分。
日本人の私にはまだ慣れません。


世界ウルルン滞在記ってみなさんご存知ですよね?よく泣くアナウンサ-徳光さんが司会の、芸能人が各地にいって、色々な体験をしてくる番組です。
日本に住んでるとき、フランスにいく回は録画して保存版にしてたほどのファンだったのですが、コチラに来てからは見ることができない。そこで利用しているのは番組のサイトです。これだと雰囲気だけでも味わえますから。

2月4日の回はフランス・パリにあるMaison du chocolatでチョコレ-トを作る修行だったんです。で、サイトをみていると、Q&Aに何やらレシピが載っている!
それは創業者ロベール・ランクスさんのGateau au chocolat !
家でMaison du chocolatの味が作れちゃう?レシピ公開なんて太っ腹ね!と感心。
早速作ってみました。

お味ですが、美味しいです。しかし、焼く時間ですが20分とある。オ-ブンのくせもあるので、やはり20分では焼きあがらず、時間を延長。その結果うちのオ-ブンでは45分焼くことに!!
で、周りが硬く乾燥してるケ-キになっちゃった。中の部分は美味しいんですけどね。
ダ-リンも作った日に二切れ食べてくれたし、味はいいんだけど、ここ次になんとかしないとならない課題です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

と思っていたら、仕事で出会ったお客様がパティシエ-ルだったんです。で、図々しくも質問してみたら、チョコとバタ-が多い生地なら、中が固まってなくても20分という焼き時間を守り、オ-ブンから出して冷ますと固まると思います、というアドバイスを得られました~(o^-')b
前に作ってみたフォンダンショコラと同じ要領なのかも。

聞いてみるものですなぁ。仕事でこういう縁に恵まれるのもまた嬉し♪
次回はそれで試してみます。
[PR]

by France_reims | 2007-03-26 17:00 | こんなの作ってみました
2007年 03月 24日

クリコ妹から

こんにちは、マカロンです。

今日、待ちに待った荷物が届きました。
それはクリコ兄姉妹の3女きょんさんからの荷物、応援物資。
あけて並べて見ました。ジャジャ~ン☆
こんなにいっぱい!

荷物のメインはクリコのアイスジャケットでした。これはきょんさんのブログでも書かれていたけど、日本限定製品、私がクリコ本拠地のReimsに住んでいようと手に入るものではありませぬ。
きょんさん、見つけた時に私を思い浮かべてくれたらしい。ありがたや~ p(^-^)q
ダ-リンと一緒にお散歩で楽しめるように二つ入れてくれた心遣いも嬉しい☆

そしてお好み焼きセット。このソ-ス、焼きそばとか他の料理にも使えるらしいので、かなり活躍しそうです(うちにはソ-ス類がまったく無いので)。

左上に見えるおせんべい、きょんさんの妹さんの親友が営まれてるお店の製品で、食べられるお花で作った押し花が飾られてます。なんとも美しい春らしい一品。
また入っていた箱が、cartonnageの作品みたいにキレイなんです。

このほかにも、岡山ならではの桃太郎飴や、お好み焼きにいれるとよいダシがでるというするめフライも。
するめフライは、彼女がうちに遊びにきてくれたとき、話題になったもので、覚えていてくれたのです(カンゲキ)

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

この荷物、きょんさんが3/5に出してくれて、関空を3/6に発ったのですが、なぜかフランスに入ってきたのは23日。普通なら8日には着くはずなので、なんと2週間遅れ!!
EMSって国際スピ-ド便って言うんですけどね。
HPの検索でフランスに入ったのを確認、その後も配達に回ってるのを確認したのだけど、配達員がうちの呼び鈴を鳴らしてくれず、そのまま持ち帰られ、結局こっちから取りに行きました。
*再配達はないですから、仕方ないのです。ブラボ-、フランスのサ-ビス。

でももう紛失されたとあきらめないとダメかなと思っていたら、受け取ることができて、嬉しさもひとしおです。
ありがとう、きょんさん~♪
[PR]

by France_reims | 2007-03-24 22:01 | 家族ou友達と
2007年 03月 24日

Plaisirs Creatifs

こんにちは、マカロンです。

先日からcartonnageにはまっている私☆
ファ-マシ-で薬を買っていたら、レジに何か広告が置いてある。ふと見ると、Salon de Plaisirs Creatifsと書いてあるじゃないですか!
テ-ブルの上や壁のデコレ-ション、ア-トフロ-ラル、折り紙、そしてもちろんcartonnageも!いろんなジャンルの、手作りするための材料、作品発表会、講習会が行われる展示会のお知らせだったんです。
参加の予約をして行って来ました。

★会場の様子を一部ご紹介します。
写真はそれぞれクリックすると大きくなります。

これは麻の布に刺繍をして作った額縁や部屋の入り口につけるプレ-トのブ-ス。

これは編み物のブ-スかな?

アクセサリを作るパ-ツがたくさん。

ここはステキなマダムがバッグを販売してました。作る材料販売ももちろんあり。

パッチワ-クのブ-ス。

そして私はcartonnageのブ-スがお目当てだったのですが、出展ブ-ス94の中で2件だけ。ちょっとがっかり...( p_q)。そのブ-スも紙が少し売られているだけで、私が買いたかった道具などはなく、収穫なし。

そんな私が買ったものは、これ。

大好きなブルタ-ニュのtriskellというデザインの焼き型です。ママの出身地のものなので、今度実家に行く時これでお菓子作っていってびっくりさせちゃおうっと。

私が買ったこのシリコン型、インタ-ネットでも購入できるそうです。サイトはこちら☆

この展示会、Reimsでは3月25日まで開かれています。
他の町では期間違いで開かれるようなので、興味があるフランス在住の方、ぜひHP☆でチェックしてみてください。
[PR]

by France_reims | 2007-03-24 01:04 | Reims(ランス)・近郊
2007年 03月 22日

ダ-リンの誕生日☆

こんにちは、マカロンです。

昨日3月21日はダ-リンの28回目の誕生日でした。
いつもはわたくしの手料理でお祝い(去年の様子はこちら☆)なんだけど、今年はダ-リンのためにレストランでの食事を決め、行ってきました。
予約時に、その日は、うちの夫の誕生日なんですと言うのも忘れませんでしたわ( ´艸`)

日本で買ってきたシャンパ-ニュの本にも紹介されていたこのお店、マカロン家からも歩いて15分以内で行けるのです。街中のPlace Royale(ルイ15世の銅像が建ってる王の広場)から程近い場所にあります。

オ-プンが2000年だったので、お店の名前はLe Millénaireというんだそうです。

私が食べたのはmenu、ダ-リンはà la carteで。
さていただいたもの一気にお見せしま~す。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚
アペリティフはシャンパ-ニュ(ロゼ)を選択。飲んでる間に、まずこれが運ばれてきました。これはサ-ビスのようです。鶏のフライにわさび風味のバタ-クリ-ムが添えられています。


左が私の前菜の暖かいフォアグラ、左がダ-リンの前菜、ホタテのフライです。このフライがホタテが肉厚でたまらない美味しさ。さっきの突き出しと同じようにわさび風味のクリ-ムが(シェフ、日本好き?)。ホタテの向こう側にあるのは洋ナシのスティック。ソ-スと非常にあって、味のアクセントにもなっていて面白かった。
  

左は私の二品目の前菜、オマ-ルとホタテのラビオリ。ラビオリ自体はちょっとゴムのようだったけど、ソ-スで挽回されていた一品。
右は私のメイン、羊肉のソテ-、黒オリ-ブのソ-ス。羊を食べるのは初だったんだけど、臭みも感じず、ミディアムだったのに美味しくいただけた。これで他のところでも羊を食べる機会が増えるかも。ボルド-の赤ワイン(グラス)と。
  

左がダ-リンのメイン、牛肉のステ-キ、暖かいフォアグラと共に。牛にフォアグラって美味しさてんこ盛り状態。牛肉のステ-キは二枚重ねで間にエシャロットの炒めたのが挟まってました。
右は私のチ-ズ盛り合わせ。ワゴンで運ばれてきた中から3種類を選びました。覚えているのはサンネクテ-ルだけ^^;
 

これが私のデザ-ト。マカロンが乗ってるのも嬉しかった~。プラリネ味でした。シャ-ベットあり、ム-スあり、といろんな味が楽しめて満足の一品。

ダ-リンの選んだクレ-ムブリュレ。これにお誕生日だからと、また花火が。
ちょっと照れてるダ-リンが可愛かったです。

これらのデザ-トはシャンパ-ニュ(白)と。
  
そしてこれだけでは終わらなかった。近くのテ-ブルでコ-ヒ-を頼んだ人に運ばれてるのをみて、頼んだら大変なことになるね(この時点でかなり満腹状態)と話していた私たち。
コ-ヒ-は止めて少し休んでいたら、運ばれてきたのが、同じこれでした。

え?コ-ヒ-頼まなくても出てくるの??でもやっぱりマカロン食べちゃいました~。ダーリンは今おなか一杯って言ってたのに、と突っ込むので、今3番目のおなかにおさまってると説明しておきました。

もうおなか一杯で動けない状態の一歩手前になりながらも、お店の人に記念写真を撮ってもらい、お店を後にしました。ちょっと高めのレストランだけど、たまの贅沢もいいもんだ~。
また来たいなぁと思うレストランでした。

みなさんもReimsでおしゃれに食事したいときには、ぜひどうぞ。

Le Millénaire
4-6,rue Bertin 51100 Reims
tel:03 26 08 26 62

[PR]

by France_reims | 2007-03-22 21:14 | ダ-リンと私
2007年 03月 21日

恐怖の・・・

こんにちは、マカロンです。

今日というか1週間前から歯医者に行き始めたマカロン。フランス滞在も長くなってきて、ついにこういう日がやってきてしまった。
で、今日は虫歯を削るのに麻酔をしたのですが、怖がりの私は先生に「日本だと針がとても細くて痛くないんですけど、ここではどうなんです?」って聞いたら、「大丈夫よ~髪の毛みたいだから」と。

確かに細くて刺したのもわからないくらいだったのですが、なんか麻酔の効きが良い、良すぎる。席をはずしていた先生が戻ってきたときには、かなりの効き具合。

そして治療も終わり、立ち上がろうとした私、あれ、なんか変だよ、目がおかしい。
なんと!目の下まで麻酔が効いてるんです。鼻ももちろん片方感覚無しです。まるで鼻の穴が全部塞がったような感じ。まばたきも怪しいんじゃないかという勢いだったんですよね。

現在夜9時、麻酔してから5時間ほど立ちますが、口の周りに麻酔が残るのみとなってきました。日本だともう少し早く戻るような気がする。次回は少し少なくしてもらおうかしら(でも治療が痛かったらいやだし(困))

で、もう一つ驚いたことが。
1本の歯を1回の治療で終わらせるってのもすごい!日本だと1本の治療に少なくても2回はかかりませんか?さくさく終わるのは嬉しいんだけど、なんか慣れない。

日本のように周りに治療中の他の患者さんもいないし、部屋の中に治療台が一つ、自分と先生だけ。看護婦さんもよっぽどじゃないと補助に入らないんです。ほんとに違いすぎ。

次回は4月に入ってからなんですけど、どんな治療になるのかな。心配は消えない私です。
[PR]

by France_reims | 2007-03-21 05:26 | 医療・薬
2007年 03月 20日

日本のス-プ

こんにちは、マカロンです。

またダイエットモ-ドにしようかと、ス-パ-でス-プ売り場コ-ナ-を見ていたら、ダ-リンが日本だ!って叫んだんです。
それはこれ。


袋には、もやし、きのこ、ニンジンの美味しいス-プのすべての風味を見つけ出してください、と書かれている。

肝心のお味ですが、どの辺りが日本なのじゃ?と首をかしげるものでした。
写真でもそうですが、色はちょっとミソっぽいんですけど、袋を開けた途端得体の知れない妙に強い香りで、まずビックリ。そして食べてみると、たまねぎの香りが強すぎて、まるでオニオンス-プのようでした。
もやしも気持ちばかりしか入っていないし、キノコも然り。

マカロン家、リピは無しに決定。ダ-リンなんて残してました(爆)

またもやフランス人に間違った日本を伝えてしまってる会社maggi
日本ではマギ-ですが、フランスの発音ではマジ-。マジでまじぃよ。
お後がよろしい??
[PR]

by France_reims | 2007-03-20 01:56 | こんなの買ってみました
2007年 03月 18日

cartonnage体験会

こんにちは、マカロンです。

cartonnageの体験会、先日予告しましたとおり、参加してまいりました。

集まったのは私を含め、7人のマダム。
14時から18時の4時間、あっという間でした。参加してほんとに良かったなぁ、楽しかったというのが本音。フランス語でフランス人の中に入っての作業っていうのに、少し緊張もしていたんですが、講師のマダムを始め、皆さん感じのいい人が多く、日本の話などもしながら和気藹々と作業は進みました。

今回作業したのは、Boîte à tisane(直訳するならハ-ブティ-入れ)。
平たい箱の中に仕切りがついて、ティ-バッグを入れられるものです。
ちょうどダ-リンと最近よくいろんなフレ-バ-の紅茶を飲んでいるので、きちんと整理できる箱を探していたのです。初の作品がとても実用的なものということで、喜んだ私たち。

しかし!4時間で出来るのか信じられませんでしたが、やはり出席者全員出来上がりませんでした。出来なかったところはお店に持っていって聞けば教えてくれるということなので、心配ありませんが、もう既にcartonnageをやってるというマダムでも終わらなかったので、そのマダムと同じくらいのスピ-ドで出来た自分には自信が持てました。

途中ですが、私の作品をお見せしま~す。


箱の中の側面と蓋部分もまだ出来上がっていないので、ちょっと間抜けな感じですけどね^^;

2枚紙を選んでといわれたので、1種類はお花とフル-ツの印刷されたものを、もう1種類は講師のアドバイスのもとに、緑色のちょっと和紙風のにしました。

手描きでメモをとってたのですが、終了時間も終わりに近づいていた頃、絵で表現が難しい作業があったので、カメラで撮らせてもらったら、一人のマダムが「やっぱり日本人ね~」と写真好きというステレオタイプそのままの発言。
そうしたらもう一人のマダムが、「こうして技術とかを盗んでいくのよね(冗談でスパイって単語も使われたんです)」と一言。だいぶ前になりますが、中国人女性が働いていたフランスの会社の情報を母国に流していたってニュ-スがあって、その中国人は逮捕されたというのがあったので、私は中国人ではないですよ~と一応返してみました^^

作品の完成は、家で続けるためにいくつか揃えないとならない道具があって、来週にならないと入手が難しいので、まだかかりそうです。

喜んで帰ってきた私に、ダ-リンもとても喜んでくれて、突然プレゼントしたいと一言。
なんと来月の研修会も参加しなよ、参加料払ってあげるから、とのこと。
やった~(°∀°)b
来月は何を作れるのかな~。急いで予約しなくっちゃ。
ずっと続けられる息の長い趣味になるといいなぁと、今は思っています。
[PR]

by France_reims | 2007-03-18 20:45 | Cartonnage