<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 30日

Luxembourg 1

こんにちは、マカロンです。

ちょと前の話になりますが、8月上旬にダ-リンとLuxembougにドライブしてきました。
フランスの隣国、Reimsからは車で2時間くらいの場所になります。広さは神奈川県とほぼ同じなんだとか。
出発前、数日かけて、住んでる人のブログでもないか、検索してみたのですが、フランスと違って住んでる日本人少ないこと。なんでも400人くらいしか住んでないらしいです。
それでも少しカフェとか見所を押さえて、いざ出発。

まずは、市中心部から少し離れた場所にある駐車場へ。
市を囲むように、無料駐車場が複数あって、そこへ車を置き、市内へはバスで8分ほどで行けるのです。これはかなり公害も少なくなるし、渋滞でイライラすることも少ない。

少し歩いて、Place Guillaume IIという広場へ。
行ったのは水曜、朝マルシェが開かれてました。ざっと見たけど珍しい食材はなく、値段はReimsより少し高いか同じくらいでした。
このすぐ近くに観光局があるので、そこで地図をもらって、どこに向かって歩いていくか検討。

続いてCathédrale Notre-Dameへ。Reimsのそれはとてもステキだけど、ここもなかなか負けてはいませんでした。特に壁の装飾がすばらしい。

一番奥のステンドグラスが青なのもReimsと似てます。


その後は、世界遺産になっている要塞群を見にまた歩く。と、途中でこんなものを見つけました。
VeloH!自転車はVeloだから、そのまんま(爆)。でも可愛い。色もパリのと違って水色、元気な色使いです。

こちらがアドルフ橋。この写真を撮った後この上を歩きました。



橋を渡っていくと広場がありました。ここから銀行や証券会社が立ち並ぶ場所になるので、建物もなんだかパリに似てる雰囲気が出てきます。

ここはフランスとインドの会社が合併したところ。

オブジェもあり、なんだか洗練された建物です。

そして歩いていくと、こんなの発見!
キティがいっぱい居ます。フランスでもキティがかなりブ-ムだけど、ここでもでした。最近うちの姪っ子2人もキティラ-になったんですよ。先日会ったとき、キティのかばんをお揃いで持ってました。

中は食べられるスペ-スもあり、お寿司を試すことができます。また醤油、そば、わさびなどの和もの食品、テイクアウト用のお寿司、カルピス、お茶なども。
そしてなぜか韓国の柚子茶、しょうが茶も売られてました。一緒くた?

ここまで歩いてきて、気づいたことが二つ。
一つは犬のうんちが極端に少ない!パリも最近はだいぶ減りましたけど、ここは景色を見ながら快適に歩けました。見たのは一回きり。
そして落書きも少ないんです。住むにもいいかも。

写真が多くなっちゃったので、次回の記事に持ち越します。
[PR]

by France_reims | 2008-08-30 17:27 | 旅行記
2008年 08月 26日

Bonne Mamanの限定プレゼント


こんにちは、マカロンです。
久々にBonne Mamanのお菓子を買ってみたら、こんなお知らせが箱の中に入ってました。
コットンで出来たかばんが先着6000名様に当たるのです。
大きさは30×40cm、磁石で開閉ができるタイプ。
手提げ部分は肩からもかけられる長さ。
外側に3つのポケット、中側にも一つポケットがついていて、洗濯も簡単
にできると書いてある。マチは書いてないけど、この写真ではかなりたっぷりありそうです。

これは早速応募してみようと、対象の商品を買ってきました。
3つ分バ-コ-ドを貼って、7ユ-ロのchequeを送るのですが、さっさと買って送るべし、食べるのは後から006.gif

今回買ってみたのはバタ-たっぷりのガレットと、新製品のフランボワ-ズたっぷりのサブレ。
ガレットはもちろんですが、サブレも、フランボワ-ズがたくさん入ってて、香りもかなりします。これは買いですわ、奥様。

なお、この応募は2008年12月31日まで有効です。ただし、無くなり次第終了らしいので、フランスにお住まいの方は急いで!

chequeなど送ってから8週間くらいで届くらしいので、到着したらまた記事にしますね~。
[PR]

by France_reims | 2008-08-26 02:44 | こんなの見つけました
2008年 08月 19日

お友達がやってきた2

こんにちは、マカロンです。

今日は前記事にも増して、長編です。

8月12日、朝Reims駅へあるご一行を迎えに、ふんころがし夫婦と急ぐ私達。そのご一行とはバイアリ-タ-クさんご一家。10日からパリに3泊4日の旅で滞在中の皆さんがReimsにも来てくれたのです。動物博士(息子さん)はフランスの新幹線TGVがお目当て。そういえば、乗り心地を聞くのを忘れた~005.gif

自分でチケット手配したのに、何号車だったのかメモるの忘れて。でもすぐに分かりました。バイアリ-さんはビデオ片手に。こっちからふんころがし夫婦と一緒に手を振ったら振り替えしてくれる奥さんと動物博士。でもこっちの博士が「こっちの顔知ってるの?」と一言。真相は如何に?
最後に正解を載せますので、さぁ、みなさん考えて♪

初めて聞くバイアリ-さんの声、ロマンスグレ-から繰り出されるそれは、とても若々しく(失礼039.gif)、やはりもう既に一度会ったことがあるかのように、話が出来ました。
奥さんも優しそうな方で、動物博士が時々見せるお母さんに甘える仕草がたまらなく可愛かったです。

この日は朝からバイアリ-さんの希望でシャンパンメゾンの見学です。私とバイアリ-さんはクリコ兄妹。そして私は今年からクリコで働けることになり、ぜひ見学ならクリコで!と予約しておいたのです。
Reimsで日本語の見学というのは基本的には一定の人数を超えるグル-プでなければ受けつけてもらえません。それ以外はジャ-ナリストやワイン販売関係者のVIPのみ。私も普段はVIPのお客様とのvisiteなので、こうして知ってる人達に説明ってかなり緊張でした...。
動物博士は内容をまとめて、夏休みの宿題として学校に提出するというし、これはわかりやすくが必須です。ますます責任重大だぁ。
でもバイアリ-一家、そのみ夫妻、ふんころがし夫婦と和気藹々のvisiteになって、ほっとしました。
詳しい見学の様子は、こちらをどうぞ。☆1 ☆2
地下のカ-ブでも熱心に話しを聴いてくれる動物博士。内容は面白くなかったかもしれないけど、こういうひと時が一緒に過ごせたことは、とても嬉しかったです。

試飲では、少しだけ味わってみたけど、やはりまだ早かったようです。ちなみに同い年の私の姪っ子はシャンパン大好き♪やはり育った環境の違いでしょうか。

クリコでプロ(宮田さん)に記念写真を撮ってもらった後は、ブラッスリ-へ。
ここは付き合い記念日にいって味を確認済み。美味しいものを食べてもらいたかったので選びました。

ここで事件発生!動物博士が頼んだ牛肉ステ-キについていたじゃがいものグラタン。ふんだんに生クリ-ムが使われているのですが、乳製品がご法度なバイアリ-さんが果敢にもチャレンジ!
結果は冷や汗が背中を伝うというもの...私は隣で一部始終をみていたのですが、みるみるうちに顔色&顔つきが変わっていく020.gifバイアリ-さん。しかし、試そうという気になれたのも土地柄が勇気を与えてくれたのかもしれませんね。そして口直しにシャンパンを飲み干すバイアリ-さんでした。

びっくりしたのは動物博士の食欲!それに知らないものは何でもまず食べてみる!この精神大事です。夜合流したダ-リンも感心していました。将来パティシエになりたい彼には、いろんな味を経験するということは不可欠でしょう。
私の心はもう既に彼の作ったケ-キを食べることに飛んでおります。ぜひ頑張ってね~。

急なミ-ティングが入ったそのみ夫妻、パリに発つふんころがし夫婦とはこの後お別れして、Reimsでの目的第二弾チャペル藤田の見学です。
ここに来るのが悲願だったというバイアリ-さん。そんなことを言われると案内するこちらとしても嬉しいではありませんか。
受付のマダムも感じがいい人で、絵の説明、藤田氏のお墓の説明などをしてくれました。残念なことに中は撮影禁止。出たところでチャペルをバックに写真を撮っていたところ、足元の石を示し、ここから入ると撮影禁止だけど、ここから出ると(中にカメラを向けて)撮っていいわよ、と。
*フランスでは、対応は人や気分によります、いつもこういう粋な計らいが受けられるとは思わないでください

マダムにお礼を言って、そこからひたすら歩いて、マカロン夫婦の結婚式をしたHôtel de ville(市庁舎)やPlace Royal(王の広場)、Cathédrale(大聖堂)へ。このあたりは追って更新されるバイアリ-さんのブログをどうぞ。

私が印象的だった話を一つ。
歩きつかれてReimsの金天使像のそばで休んでいたとき、パリで買ったものの話になり、そのとき、エッフェル塔のオブジェを小さいの買ったんだそうです。でも動物博士は近くにあった大きいのが欲しかったのだけど、値段をみるととても高かったらしい。で、そこは遠慮して地裁のを選んだんだって。
ま~泣かせるじゃありませんか。こんな小さいうちから遠慮ができる。すばらしい!
で、その日パリに戻って、次の日が最終日だし、後悔のないように買ってもらったら?とハッパをかけてみたマカロンですが、買ってもらえたかな~。

その後夕方ダ-リンが合流し、ビ-ルが美味しいので有名なブラッスリ-に入り、しばし歓談。
TGVの時間も迫ってきたので名残惜しいですが、別れの時となったでした。

さて、最初の手を振ってくれた一件ですが、帰り際奥さんに聞いてみたら「マカロンさんの写真は見たことがあるけど、結婚式のだったし髪をアップしてて横顔だったから、顔がはっきりわからなくて。でも手を振ってるから振ってみた」とのことでした☆

ここでバイアリ-さんからもらったお土産をド-ンとご紹介。

米5KGはびっくり&恐縮...。ダ-リンにはご飯の味を美味しく味わえる献立の時以外には使わないよ、と宣言しておきました。カレ-になんかもったいなくて使えません!
ラ-メンも日本酒も芋けんぴも!芋けんぴは記事にしたことがあったので覚えていてくださったのでしょう。嬉しい~。


これは日本で熱中症になりかかり、生還した後に最後の仕込をした曰くつきの梅干2008ヴィンテ-ジ。マカロン家でも2011年にいただきたいと思います。これまで2006.2007年ヴィンテ-ジもいただいてますが、このヴィンテ-ジは特に心していただかなくては。
それにしてもこの熱中症事件があったときは、奥さんが出掛けていて、一人だったとか。で、怒られるからってそのときは内緒、フランスにきてから白状したんだそうです。心配しちゃいますよね、ねぇ奥さん。心配するから怒っちゅうもんです。

えびせんべいとたこせんべい。柚子羊羹。ここはダ-リンが苦手分野なので独り占めです♪おせんべいは薄くて味が繊細でした。

本好きのバイアリ-さんが選んでくれた一冊。私も妹の影響でよく読んでいる東野圭吾の最新刊です。この作品、近々映画化もされるようです。一気に読んでしまわないように大事にしなければ。

そしてこれは奥様チョイスのお土産。まともなうちわがなかったマカロン家にこんなステキなお揃いがやってきた~。てぬぐいとプチタオルも和の模様で心が和みます。そしてお祭り好きなバイアリ-さんを支えている奥さんが選んだ柄も、やっぱり祭り


こちらは宮田さんがハンガリ-F1の仕事の際に、マカロンにも、と持って帰ってきてくれたという日本のペットボトルドリンクの面々。
ちなみに、一番最初の写真にあるバイアリ-さんのお土産の中の冷やしウ-ロン茶漬けは、このサントリ-ウ-ロン茶とコラボ商品らしいのですが、ちょうど同日に二つともマカロンの手元へ。ダ-リンと美味しくいただきました。
これもバイアリ-家&そのみ家のコラボですね。息もぴったりでやんす。

本当にたくさんのお土産をいただき、恐縮です。
ここで最後にもう一度、ふんころがし夫婦、バイアリ-さん&奥様、そのみさん&宮田さん、ありがとうございました。大事にいただきたいと思います。
そしてまたいつの日か、遊びにきてくださいね。

おまけ写真
ダ-リンに日本を感じてほしいと、バイアリ-さんが言っていたお土産がこちらだったんです。似合ってますか??

[PR]

by France_reims | 2008-08-19 19:22 | 家族ou友達と
2008年 08月 17日

お友達がやってきた1

こんにちは、マカロンです。

しばらくご無沙汰してしまいました。沢山いろんなことがあったのですが、何から書いていいものやら...考えているうちに時間だけが過ぎていく。妹からも記事は?と催促される始末です。だめだな~私。

  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

去る8月10日我が家にお客さんがやってきました。その名はふんころがし夫婦
以前はフランスパリ近郊に住んでいて、パリに私が遊びにいったりしたときは会って楽しい時間を過ごしていたもの。現在は台湾に引越しした2人、会うのは実に1年ぶりとなったのです。

到着は14h04のChampagne-Ardenne駅。以前私が記事で紹介したReims駅の他にもう一つできたTGV発着の駅。周りには最近パリから移転(増設も?)してきた会社が少しずつ増えている場所です(でも基本何もない田舎です)。

フランスの前にはチェコ、ドイツを回ってきた2人、台湾の暑さとのギャップが大きかったのもあり、ふんころがしさんは風邪をひいちゃってました。カワイソ-
風邪ひいてるとこ悪いけど、ダ-リンが休みなのは二人がReims滞在中この日だけ。なので車を使ってお出かけできるのもチャンスは一度きり。
近場ならいいよ、と言ってもらえたので、家に荷物を置いてから早速近郊の町へ。といっても早速迷ってしまったダ-リンでしたけど...。

ついたところはブドウ畑の中にたつ風車のあるVerzenay。2人にもこの風景を見てもらいたかったのです。残念なことに曇ってて、ブドウもまだ大きくなりきってなかったけど、雰囲気はわかってもらえたみたいで、嬉しいマカロン夫婦なのでありました。

それから家に帰ってこんなたくさんのお土産をいただいてしまった。
まずは台湾でポピュラ-なパイナップルケ-キ
前に記事をみて、食べてみたかったもの。パイナップルってどう漢字で書くのか覚えたぞ~。
真ん中にあるのは月餅です。高校時代はまってたことがあるので懐かし~。

花茶、台湾のシ-トパック・バラの香りつき、萬應白花油
萬應白花油はふんころがしさんが頭痛でつらいとき、博士がぬってマッサ-ジしてあげてたもの。そんな愛を育むアイテムがうちにも☆ダ-リン、ぬってくれぃ。

これは旅行してきたチェコでのもの。

チェコのス-プ、お肉にすりこんで使うスパイス、バラの香り石鹸。石鹸は蝋の封印がかっこいいでしょ。カルトナ-ジュにもいけそう。

そしてもう一つ。チェコといえばミュシャでしょう。

ミュシャはシャンパンメゾンの広告も手がけていて、Reimsでもよく目にするのですが、そのポストカ-ド。嬉しいな~。額買っていれなくちゃなぁ。

この夜マカロンの手料理を食べてもらったのですが、ちと失敗気味。写真はとっておりませぬ(ブロガ-失格よね)。

  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2日目の11日はダ-リンは朝早く出勤(二人を起こさずに出勤できてほっとしてた様子)。
お昼にあり合わせのなんちゃって和食を食べてもらってから、Reimsの町を散策。大聖堂やReimsの名産を売ってるお店などをぶらぶら見て歩きました。詳しくはふんころがしさんのブログをご期待ください
夜はテラスが自慢のカフェで夕食を。
実感 一緒に飲む人がいるとワインも進む!

そして12日にはまた別のゲストが加わることに。それは次の記事のお楽しみ。
[PR]

by France_reims | 2008-08-17 02:51 | 家族ou友達と
2008年 08月 04日

リンのネム教室☆


こんにちは、マカロンです。

ずっと前から誘われてたベトナム人の友達リンのネム教室、ようやく実現しました。
以前ネムをもらった記事を書いたとき、レシピ公開の声があったので、ここに紹介します。

まず材料から。*量は不明なので省略します
・豚肉 ・エビ(生) ・エビ(茹で) ・豚の脂身
・エシャロット ・ニンジン ・じゃがいも ・きくらげ ・もやし ・春雨
・塩  ・こしょう ・砂糖 ・味の素

作り方
1.エシャロット、ニンジン、じゃがいも、きくらげ、春雨はみじん切りにしておく。
2.もやしは根っこと頭をとっておく。
3.豚肉、脂身、エビ、エシャロットをミキサ-にかける。
4.1から3をボウルにいれ、塩、こしょう、砂糖、味の素をいれ、よく手で全体を混ぜ合わせる。

これで中身ができました。

ライスペ-パ-ですが、直径18~20cmくらいのを使ったほうがいいそうです。大きすぎると揚げ時間に時間がかかり、硬くなったりするらしい。

戻し方ですが、ライスペ-パ-を洗うように水で表、裏を満遍なく濡らし水気を切って皿に乗せます。
いつも水に少しつけて戻してたんですが、こんな方法でいいとは!目からウロコでした。
その後、中身を下側に乗せ、巻いていきます。
また裏表があるのか聞いてみたのですが、気にしなくて大丈夫だそうです。

巻き終わったのがこちら。たくさん出来たな~。

巻いたらすぐに揚げるのではなく、少し乾かします。
その間に、リンはベトナムのお菓子を作ってくれました。

パンティユという揚げ菓子で、ちょっとド-ナツとパンの間みたいな感じ。

小麦粉500g、ヨ-グルトnature2パック(だいたい250ml)、砂糖ス-プ用スプ-ンで7杯、ベ-キングパウダ-11g、塩を、ボウルにいれ、よく練ります。
これを手で丸めて、ごまを敷いた皿にのせてつぶして形を整え、揚げるだけ。


揚げ終わったらこんな感じです。


その後はネムを揚げる番です。その間に、ソ-スを作ります。またもや量はわかりませぬ

1.小鍋に砂糖、酢、水をいれ、火にかけます。
2.火をとめて、ニョクマムをいれ、味を見る。
 足りなければ酢など足していく。
3.にんにく、唐辛子のみじん切りをいれ、完成。

出来上がった後、レタスに巻いて、ソ-スをつけて食べてみましたが、美味しい~。
家で食べるようにたくさん持たせてもらって、家でもダ-リンと堪能しました。

今度は、バンセオ(ベトナムのお好み焼き)を教えて、とリクエストしてみました。
次回も乞うご期待☆
[PR]

by France_reims | 2008-08-04 04:47 | ベトナム
2008年 08月 01日

たまねぎ切る時、泣いちゃう方へ朗報

こんにちは、マカロンです。

日本にいるときより、フランスのたまねぎ、泣かされることが多いのです。で、よく鼻に詰め物をして切るとよい、水中眼鏡をする、水を流しながら、そのそばで切るなど色々方法はありますが、先日テレビを見ていたらやっていたのがこの方法。

驚くなかれ!マッチ棒を擦って火を消し、その後持ち手側を口にくわえて、たまねぎを切るというもの。
それを思い出して、もう涙ぼろぼろ状態から試してみました。すると、ぴたっと涙が止んでさくさく切れる。これはいいですよ。
ぜひお試しを!

*写真とってなかったので、前回の使いまわし...
[PR]

by France_reims | 2008-08-01 19:20 | こんなの見つけました