シャンパン大好き♪

bravoreims.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 30日

きょんさんからの頂き物

続きまして、きょんさんからいただいた数々をご紹介。こっちが恐縮しちゃうくらい沢山いただきました。

まずはこれ!Moët et Chandonがオ-ストラリアとカリフォルニアに持つ畑で、シャンパ-ニュの製法と同じ方法で作った発砲ワイン。
ずっと興味があったんです。ここはシャンパ-ニュの聖地ですから、こういうのにはお目にかかれない。他国の発泡酒だって難しいんですよ。
2本も重いのに持ってきてくれて感謝感激!!

これは備前焼。備前焼の催し物に行ったときに買ってくれたお皿と、相方さんのつながりで入手したらしい箸置き。
前に結婚祝いで備前焼きのビアマグをもらったのですが、それとお皿がお揃いみたいに見えるんです。和菓子がとても似合いそうだわ~

お菓子てんこ盛り。きょんさんといえば、うちではキットカットの人(ハムの人みたいな?)。今回も地元岡山のマスカット味と、日本といえばの柚子味。美味しくいただきました。


ゴマ-ジュ用のコスメ。
塩でゴマ-ジュっていうのはよくあるけど、これは砂糖で珍しいらしい。きょんさん曰く、足をやるとすべすべで、自分でもうっとり触りまくりになるとか。
でもなんだかもったいなくて使えてないんです。この季節乾燥するからこれを使ってばっちり保湿用クリ-ム塗ったらよさそうだなぁ。

ダ-リンにことわざのカレンダ-。
ダ-リンも少しずつ単語は覚えているけど、ことわざまではまだまだなんですが、これで楽しく勉強できそうです。早速最初の一年の計は元旦にあり、についてダ-リンに説明しながら、疑問がでてきたりして、日本語を教えるのはほんとに難しいです...。

こんなにもらってしまって、きょんさん本当にありがとう~。
[PR]

by France_reims | 2008-12-30 23:32 | 家族ou友達と
2008年 12月 30日

Reimsにきてくれた人・人・人

こんにちは、マカロンです。

もう2008年も終わろうとしていますが、この記事はぜひ書かないと年越せない!ということで、ここで記事にようやくしたわけです。今年はブログで知り合えた方と実際の対面&再会を度々果たすことが出来た一年でした。
では、総決算!
    072.gif072.gif072.gif
夏にはふんころがしさん、バイアリ-・タ-クさん、そのみさん夫妻が!
そのときの記事はこちらこちら☆
    072.gif072.gif072.gif
そしてその後秋にはnabenabeさんが!
彼女&だんなさんのReims訪問!写真の交換もしたことがなかったので、どんな人たちだろうとちょっとだけ心配(人見知りですから...)してたんですが、会ってしまえば普通に話せてほっとしました。クリコを案内させてもらって、午後は用事が入っていたのでお昼もご一緒できず...ちょっと残念だったけど、楽しい時間をすごすことが出来たのでした。
で、私ったらたくさんお土産をいただいて、写真をブログ用に撮っておいたのに、その後ブルタ-ニュとか日本にいって、写真をたくさんコピ-削除とかしてる間に消しちゃったみたいで...(涙)。nabenabeさんごめんよ~!!!お味噌汁、エビおせんべい、東鳩オ-ルレ-ズン、お醤油などなど美味しくいただきました。
    072.gif072.gif072.gif
そして初冬にはきょんさんが来てくれて再会が叶ったのでした。私の中では異名・2年毎の女きょんさん。なぜってフランスに2年ごとに旅行で来ているからです。
うちには一泊することになっていたので、まずは着いた日はのんびり家で少し休んだり、女2人で買い物タイムを楽しんだり。夜はブロガ-失格ともいえる夕飯の写真撮り忘れがありましたが、ダ-リンも参加してのおしゃべりタイムで夜は更けていったのでした。

そして二日目、午前中はクリコ見学。今回はダ-リンにも私の働いてる雰囲気を感じ取ってもらう&写真撮影という役目をお願いしたので、写真がしっかりありまする。

お昼はいつもダ-リンと街で買い物がてら食べるサンドイッチのお店へ。
その後、Reims郊外をドライブ。ここではもう摘み取りが終わった後残ってるブドウをちょいと試食してみました。想像より甘めでした。

夜は夏にバイアリ-さん、ふんころがし夫婦、宮田夫妻といったマカロン夫婦お気に入りのブラッスリ-へ。
もう魚介の季節になので、メニュ-に牡蠣の文字が躍る踊る...。でも私は食べれば中るので、エビにしてみました。きょんさんはつぶのちっちゃい版のような貝(名前忘れた...)。
ダ-リンの前菜は卵とチ-ズの優しい風味が美味しい一品でした(これまた名前忘れた...)

メインはきょんさんは牛のタルタル。夏はふんころがしさんが食べてたっけ。ダ-リンはバイアリ-さんとこの動物博士がちっちぇ~と豪語したお肉のステ-キ260gを。
これでもダ-リンはおなか一杯になっておりました。
で、私のメイン、これは牛の腎臓です。感触は限りなくレバ-に近かったけど、レバ-より飽きがきますね。完食は出来ませんでした。次は別なのたのもうっと。

で、この日はこれでは終わらない。帰ってからワインとチ-ズで飲みなおす女2人。そのうちになぜか東京ラブスト-リ-の話になり、リカがバ-ボン(ジャックダニエル)のお湯割りを作るシ-ンがあって、ダ-リンに家にあったバ-ボンでお湯割を作ってあげたり、何話目にそのシ-ンが出てくるんだっけ?と議論に。でも見つけきれず、この日はお開きに。
それにしても2人で見ながら次に来るセリフを言えてしまうのがなんとも妙で笑ってしまった。この日のガ-ルズト-クはダ-リンはただただ感心するばかりでした。
あ~楽しかった。次来たときも一緒にみてくれる?きょんさん。
また遊びにきてね。次は2010年に!

さて、来年はどんな人との対面、再会がありますかねぇ。
[PR]

by France_reims | 2008-12-30 06:42 | 家族ou友達と
2008年 12月 29日

Noël 2008

こんにちは、マカロンです。

今年のNoël(クリスマス)もダ-リンの実家で過ごしてきました。久しぶりに義姉も自分の両親宅で過ごすNoëlになったので、姪っ子甥っ子とも一緒!やっぱりNoëlは子供が一緒の方が楽しいですね。
で、義兄の彼女 去年とは違う人だけど 参加して、総勢11名、わいわいと祝ってきました。

今年は25日の朝、本来のノエルらしくプレゼントを開けようと話してたのですが、義兄&彼女が25日朝早く出発するというので、やっぱり24日の夜食事前にあけることに。
やっぱりサパンの下にプレゼントがいっぱいってワクワクしますね。
上の姪っ子、もうサンタがいないのは分かっていますが、リクエストしたものが手に入り、ご満悦の様子。
甥っ子もこれがほんとに欲しかったものなんだよ~なんて言ってました。彼はまだサンタを信じてますが、数日前「サンタさん、中でも◎◎◎を持ってきてください」なんてお祈りしてたらしい。それは私達が買う担当だったので、色もばっちりで、その話しを聞きながらほっと胸をなでおろしました(前に色違いを買って失敗してる私達なのです)。

ダ-リンからはかばんをプレゼントしてもらいました。
これはきょんさんがきたときに持ってたかばんを気に入って、どこで買ったか教えてもらい、パリでめでたく入手できたんです。ダ-リンも気に入って、Noëlにプレゼントしようか?と話しがとんとん拍子に進んでラッキ-☆

私からダ-リンへは、リクエストはセ-タ-だったんですが、好みのものが見つからないということで、こんな実用的なものになってしまった。
termocup(日本語ではなんと訳せばいいんでしょう)なので、持ち手がなくても熱くないのです。おまけに私の分もあるので、特別なプレゼントって雰囲気が漂いませんが、ダ-リンはOKということなので、良しとしましょう。

パパママ&義姉夫婦からは旅行のプレゼント。
90箇所ある中から選べるのですが、さてどこに行きましょうか。2009年の12/31までなので、暖かくなったら行くことにしようと思っています。

  068.gif068.gif068.gif
さて、今年食べたもの、一気にいってみましょう~。

アペロでカナッペの数々。フォアグラのが一番美味しかったな~。



前菜はサ-モンと牡蠣です。今年は風邪に注意し、万全の体調で臨めたので、5個食べました。食べてから4日以上経過し変化なし!克服できたみたい!来年は7個を目指します049.gif



メインは鳥が多いフランスですが、今年ママが選んだのはgigue de chevreuil(小型の鹿のもも肉)でした。いわゆるジビエで、マリネされててしっかりした味わい。今までに違う鹿肉は食べたことがありますが、なかなかのお味でした。付け合せはア-ティショ-の心臓部分と赤い木の実。
しかし、美味しそうに撮れませんでした、だから夜の写真撮影は嫌いよ...

あれ、デザ-トの写真を忘れちゃいました。ブッシュのアイス版です。
結局シャンパ-ニュは4本、ワインは何本だっけ...。たくさん飲んだノエルの晩餐でした。
ツケはこれからやってくる...エクササイズ頑張らないとね
[PR]

by France_reims | 2008-12-29 08:01 | フランスの行事
2008年 12月 28日

日本滞在記 7

こんにちは、マカロンです。
長々書いてきた日本滞在記ももうすぐ終わりです。

さて帰りの飛行機は最初の記事でも書きましたが、カタ-ル航空のビジネス!2人揃って初ビジネスでした。

まずは関西空港からド-ハへ。ド-ハってサッカ-は詳しくありませんがド-ハの悲劇っていうのは知ってるマカロンです。
乗り込むとBienvenue Champagneです。
クリコのLa Grande Dameを期待してたんですが、Laurent-Perrierの1999年ヴィンテ-ジでした。
しかし、飛行機が動き出すとさっさと下げられてしまうんですよ。だったらこんなに並々と注がないで欲しかったなぁ。もったいないおばけが出そうでした。

残念ながら風邪真っ只中の私は機内サ-ビスを(せっかくのビジネスなのに)堪能するには至らず、頭痛や吐き気もしてきて薬をもらう始末...。まったくツイていませんわ。

ダ-リンが堪能した一部私も機内食の数々をご覧ください。

パスタ好きはここでも発揮されてました

私が頼んだ海鮮そば。こんなのを食べる自体ちょっと具合の悪さが表れてますよねぇ。

フル-ツ盛り合わせ

チ-ズ盛り合わせ。結構な中から好きなのを選べるシステムでした。


ド-ハについてからはビジネス専用のサロンで待っている間に少し薬も効いてきてラクになってきました。ファ-スト用はまた別だったので、どんだけ違ったんだろう....。

これは乗り込んだらフランス人の割合が増えて、写真を撮りあったり知らない人との会話も弾む私達、不思議な雰囲気です。日本人同士だとこうはいかない。
カタ-ルは紫が貴重のようです。CAさんの制服も同じ色でした。
またシャンパ-ニュから始まったのですが、これもまたあっという間に下げられ、初回よりは飲めたのですが(初回は下げられないと思っていて全然飲めなかった... 涙)慣れてないからか落ち着かない私でした。
薬の効果もあり、少し眠れました。やっぱり160度に倒れる座席でもごつごつして快適とはいかないんですよね、人間って欲深いのかと考えてしまった。エコノミ-に比べりゃ天と地ですがね。

これは朝食のパンケ-キ。


マカロンが眠りから覚めて食べた昼食。チキンのホットサンド。


アイスは美味しかったです。冷たいものっていうのも風邪ひいてる体には気持ちよかったのかも。

しかし寝てたので、選べなくてほかに何かあったのか不明...(涙)。ダ-リンは堪能したみたいですが、私が寝てる間の写真がないぞ...022.gif

というわけで初のビジネスは、良かった+残念という感想で終わりました。次回もし機会があればもっと余裕をもって堪能したい!お義兄さんまたよろしくお願い~♪

ここまで長々と書いてきましたが、お付き合いくださり、ありがとうございました。
[PR]

by France_reims | 2008-12-28 06:37 | 旅行記
2008年 12月 27日

日本滞在記 6

こんにちは、マカロンです。

さてマカロン夫婦は名残惜しく北海道を離れ、関西空港へ。ここでは新婚旅行に旅立っていた妹夫婦と合流+京都へ移動の約束をしていたのです。

移動の電車の中では疲れているけど、韓国で別れた後のお互いの状況報告に話が尽きません。

京都についてから、私達はホテルにチェックインし、ご飯をたべに居酒屋へ。この旅初の居酒屋ご飯でした。次回はもっと居酒屋に行きたいなぁ。

新婚旅行はハワイにいってた彼ら。お土産をもらったのでここでご紹介します。

ハワイのお土産定番のマカダミアチョコ。マグネット。爪のオイル。
オイルは中に花びら(模造)が入っているのがハワイらしい気がします。それに爪製品ってアメリカが発達していますよね。

これがびっくりなのが、塩コショウいれなんですが、キモ可愛いってこのことを言うんでしょうか?ハワイの旅行ガイド本で見て買おうと決めていた代物らしいのですが、妹のとデザイン違いで、これは頭にパイナップルが乗っております。


楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうもので、もう次の日は帰国の日に。
妹と過ごせた時間は韓国で会えた日とあわせてもわずかに4日。次は長く京都に滞在したいものです。あ、次は横浜あたりかな?
[PR]

by France_reims | 2008-12-27 04:37 | 旅行記
2008年 12月 26日

日本滞在記 5


こんにちは、マカロンです。

石狩の友達の次は札幌市内に住む友達のところへ。彼女とは13年勤めた会社の同僚だったのですが、唯一仕事をやめてからも連絡を取り合っている人なんです。彼女との付き合いももうかなり長いです。

長女ちゃんがよく幼稚園の行事で行っているという、北海道開拓の村というところにお散歩がてら行ってきました。
ここは、明治から昭和初期にかけて建築された北海道各地の建造物を54.2ヘクタ-ルの敷地に移築復元・再現した野外博物館、とのことです。開拓当時の雰囲気が楽しめる場所になっています。
この通り建物もなんだか懐かしいでしょう?


一番上の写真は、馬車鉄道。乗れるんですよ。冬は馬そりに変わります。
長女ちゃんはもう庭のごとくここは◎◎があるんだよ~ととても詳しい。何でも週1くらいでここにきているらしいのですわ。
竹馬体験コ-ナ-があったので、試して見ました。難しいの一言です。乗っていられもしない。ダ-リンに支えてもらってやっとでした...(汗)
その他だるま落とし、剣玉、お手玉、輪投げ、メンコを出来るコ-ナ-もあって、ダ-リンと遊べたのも良い思い出になりました。
[PR]

by France_reims | 2008-12-26 03:57 | 旅行記
2008年 12月 22日

日本滞在記 4

こんにちは、マカロンです。

韓国から帰ってきて、日本滞在後半は札幌に移動し、友達宅にお泊りです。
まずは短大時代のお友達の家へ。彼女は石狩市というところに住んでまして、鮭が非常に有名なところ。

友達の運転で昼間少しドライブに出掛けました。
ここは喜びも悲しみも幾歳月の映画で舞台になった石狩灯台。詳しくはこちら

遊歩道を歩いていると、きつね発見!さすが北海道。エキノコックスが怖いので触れませんが、こっちを向いて何度も立ち止まってくれる可愛いやつでした。

石狩といえば、はまなす。確か雅子様のお印もそうだったはず。天然記念物なので採取したり実もとってはいけません。

と決められてるはまなすですが、決まった人はとっていいみたいです。こんなものが売られてました。
はまなすソフト。バニラとのミックスもあったので私はミックス(見づらいですが写真右側)。ダ-リンと友達は迷うことなくはまなすオンリ-味です。
私はこういう冒険はできないのです。まずいとき困るでしょう。
思い返せば、この友達と小樽にドライブに行ったとき、アイス屋さんで(ここは変り種のアイスやさんでした)、納豆アイスとカレ-アイスを頼んだつわものでしたっけ。私はそのときも下にくるアイスはイチゴとか無難な味、上にくるのを冒険でビ-ルとかにしてました。結婚しても友達の変わらない部分を発見して密かに面白かった私です。

味は薄くてあまりよくわからない!でもだんだんと慣れてくると美味しいと感じられる、スルメのようなアイスでした。
[PR]

by France_reims | 2008-12-22 03:54 | 旅行記
2008年 12月 21日

韓国滞在記 5

こんにちは、マカロンです。

式の次の日、朝はお昼ご飯まで散歩をしてみました。
チマチョゴリ専門店もいくつか見かけました。着物より着易いし韓国にきたら一つ作るのもいいかもしれませんね。

たくさんのピンズ。中にブルタ-ニュのトリスケルにそっくりなのがあったんです(中央白いの)。買ってくれば良かったな~少し後悔

韓国の民芸品がこの木のお面。日本の翁とも似てるところがありますよね。

実はこのとき、韓国の風景ポストカ-ドを探していたんです。日本やフランスではお土産屋さんや駅などには普通に売られてるのも、韓国ではなかなかお目にかかれない。
チマチョゴリの折り紙細工みたいなのがついた分厚いカ-ドなら容易に手に入るんですけどね...。
1時間以上かかってようやく一軒見つけました。それも誰も買わないのか埃をかぶっていてびっくり。
韓国でもし探すとしたら覚悟しておきましょう。


お昼ごはんを食べた後、新婚旅行に出発する妹達をホテル前で見送り、両親と伯父伯母はお寺めぐりへ、私とダ-リンは少し遠出してみました。

実はフランスでネットで目をつけていたのがこれ。実弾射撃場です。ダ-リンにはお手の物でも私には初。でも彼は私がやりたいと思ったのが実に意外だったらしい。やっぱり結婚しても時々意外性がないとね~ふふ。
電話したら車で迎えにきてくれるっていうんだから至れりつくせりです。

で、打つときは一人ずつ仕切られ、コ-チがつくので、ダ-リンの撃ってるところは見れずじまい(これは想定外)。で、終わった後の写真、ダ-リンのだけ公開します。私のは腕がたくましすぎて恥ずかしくってさ~

で、これがマカロンの射撃の的。結構いいとこ当たってるでしょ?100点中79点でした。終わった後もらえます。

芸能人も結構きているらしく、はなわとか井筒監督とかの的も飾ってありましたよ。写真つきで。

行った海雲台というところは海が近くてリゾ-ト地だったので、少しダ-リンと歩いてみました。
ちょうどプサン映画祭が行われていたすぐ後で、テントとかまだ張られてて少し景観としては残念でしたが...。
休むのに、韓国のスタバへ。これが韓国のマグです。可愛くないね...。

歩いていると、UFOキャッチャ-発見!
しかしよくご覧ください。1回200ウォン(20円)、3回500ウォン(50円)はいいとして、10000ウォン(1000円)66回って!!

排水溝が可愛くて写真撮ってみました。


この後、ホテルまで戻るのにはタクシ-を使ったのですが、それがとても怖い思いをしました。
プサンのタクシ-運転手はかなり荒いんです。平気で割り込み、窓をあけてけんかをふっかける...etc。
この日は、プサンの街中まで橋を通っていくかいかないか、希望を聞かれて、どちらか早く着くほうがいいですといってみても、その運転手さんは英語が通じない...困ったダ-リンはスピ-ド!と指をまっすぐ振り下ろすようなジェスチャ-をしたのです。
それから着くまで、早い早い。きっと早く着きたい事情があると思われたのかもしれません...。

韓国のタクシ-は初乗りが2200ウォン(220円)っていうのは魅力です。でも乗るときは覚悟して乗りましょう。
[PR]

by France_reims | 2008-12-21 02:52 | 旅行記
2008年 12月 20日

韓国滞在記 4

こんにちは、マカロンです。

韓国式もようやく終わり、待ちに待った食事です。
ここでようやく韓国の食事の凄さを知りました...。
では一気にご飯の写真 いってみよう~!!

まずはこの卵のおかゆ。優しいお味でした


お寿司と中国のチュンピンみたいなもの。中央にある小麦粉でできた皮に具をまいてタレをつけて食べます。タレがコチュジャンがきいてて美味しかった。


お刺身盛り合わせとくらげや野菜。

鮭のお刺身。切り方豪快!

白菜のナムルのようなものとあっさり角煮のようなもの

エビの姿焼き

3種類のチヂミ

プルコギ。マツタケが分厚い~。

てんぷら。


ここで一度お皿が全部さげられました。あ、これで終わりなのね、と思いきや、またまたやってきた~!!
ナムルとか小皿たくさん


ご飯やス-プ。尾頭付も013.gif

全部食べられるわけがなく...。いやはや参りました。
私もダ-リンも久々のジョッキで飲むビ-ルが嬉しくて(フランスにジョッキはありません)、ビ-ルは別腹ってことでついついお代わりしてしまったのでした(いえ、ジョッキじゃなくてお代わりするでしょって??あはは)
[PR]

by France_reims | 2008-12-20 02:31 | 旅行記
2008年 12月 19日

韓国滞在記 3

こんにちは、マカロンです。

それでは韓国式の様子を。
家族が全部揃うまで、新郎新婦は雛壇のようなところに座っています(段差はありませんが)。
その後、向かいの場所に移動し、雛壇にはまず新郎の両親が座ります。


両親をはじめ、家族それぞれが順番に雛壇に座り、置かれている果物&ナッツ類をつまみながら新郎新婦に注がれたお酒をのみ、お祝いの言葉を述べていきます。
私は何を言ったらいいんだ?と頭が真っ白になってしまったので、ダ-リンのフランス語を訳して事なきを得ました。頼もしいぞ、ダ-リン。

これは式の中で新婦が持ってた布を二人で持ち、雛壇側にいる新郎の両親が投げた栗やなつめの見をいくつ受け取れるかで、将来の子供の数を占うものです。栗が女の子でなつめが男の子だったかな。結果2男子3女子を授かるそうです、すごぃ~


式の終わりには、新郎が新婦をおぶって、部屋の中を一周するのです、愛してるよ~◎◎と言いながら。妹は感極まって泣いておりました。
ちなみに義弟は日本語で愛してるよ~と言ってたのですが、その言い方がなんとも可愛かったです。

この赤い韓服の下に妹がきているのが、彼女自前のチマチョゴリです。
チョゴリの部分にたくさん刺繍がされていてステキなデザイン。お義母さんがプレゼントしてくれたそうです。オ-ダ-メイドだとこんな生地も選べるんだなぁ。妹は可愛いもの好きなので、彼女らしいなと思いました。

ここまで終了して、ようやくお昼ご飯。14時半を回っていたような...。それは次の記事にて。
[PR]

by France_reims | 2008-12-19 02:12 | 旅行記