2005年 03月 19日

ダ-リンのクッキング


こんにちは、マカロンです。

ダ-リンが日本に遊びに来ていたとき、私が仕事で帰りが遅いと作ってくれたレシピを紹介しようと思います。これは彼のお母さんもよく作ってくれるので、正確には彼ママレシピになるのかな。
前菜にぴったり。

★アボカド&エビ★

■材料 二人分
アボカド(ほどよく熟したの) 1個
エビの缶 1個
マヨネ-ズ 適量
塩こしょう 適量

■作り方
1.エビの缶は水気をきって、マヨネ-ズ、塩こしょうとあえて、おく。
2.アボカドは洗ってから、縦半分に切り、種を取り除く。
3.種の部分の穴に、エビをつめる。
 *私はいつも、こんもりと盛る^^
4.少し冷蔵庫で冷やして、食卓へ。


このほかにもダ-リンは日本に来ていた数週間で、サラダとかデザ-トとか、色々作ってくれました。しかしデザ-トはかなりの確率で失敗していたけど^^;
私と付き合うまで、料理なんてしたことなかった人が頑張って作ってくれたので、嬉しさもひとしお。最近は私がほとんど食事の支度するけど、彼にサラダなんかを作らせたら、とても美味しいのだ~。
[PR]

# by France_reims | 2005-03-19 04:16 | こんなの作ってみました
2005年 03月 19日

じゃがいものグラタン ボロニエ-ズ風味

こんにちは、マカロンです。

ダ-リンママのレシピなのですが、きっと日本でも作ってる人はいるだろうな~、でもフランスの家庭料理ってこんな感じっていうのが伝わればと思って載せます。

★じゃがいものグラタン ボロニエ-ズ風味★

《材料》
*ボロニエ-ズ  
  ・牛ひき肉(合挽きでもOK) 150g
  ・たまねぎ  大2個  
  ・トマト水煮缶 1缶(あらかじめトマトの部分はカットしておくとよい)
  ・にんにく 1カケ
  ・バジル、オレガノ、ローリエ 少々(無ければ省いてもいいが、オレ
   ガノは入るといい味になる)
  ・オリ-ブオイル 適量

じゃがいも 適量
牛乳 適量
バタ- 適量
塩 適量

《作り方》
 1.ボロニエ-ズ用のたまねぎとにんにくをみじん切りにする。
 2.鍋にオリ-ブオイルを熱し、にんにく、たまねぎ、ひき肉の順にいためる。
 3.トマト缶を加え、塩こしょう、オレガノ、バジル、ロ-リエを加え、
  しばらく煮込む。
 4.ローリエを入れている場合は、取り出し、グラタン皿にボロニエ-ズを
  敷く。
 5.じゃがいもは小さく切り、ゆでる。
 6.ゆであがったら、水気を切り、ミキサ-にかける(牛乳を少し加えると
  回りやすい)。
 7.なべにじゃがいもを戻し、バタ-を小さく切って加え、塩で味を調える。
  少し固いようなら牛乳を少し加えてもよい。
 8.4の上にじゃがいもを敷き、250度のオ-ブンで焼く。焦げ目がつくと
  おいしそう。

 
☆ダ-リンがボロニエ-ズが大好きで、時々多めに作っては冷凍している
 ので、結構頻繁に作っているレシピ。
[PR]

# by France_reims | 2005-03-19 04:14 | こんなの作ってみました
2005年 03月 19日

マカロン妹のピビンバ


妹から、メ-ルでピビンバを教えてもらいました。
彼女は韓国人と結婚前提にお付き合い中。で、私が日本に住んでるとき、時々彼女に韓国料理を作ってもらったのです。
私は辛すぎる料理は苦手だけど、これはコチュジャンを自分で調節できるので大好きな一品。近くに住んでれば作ってもらうんだけどなぁ。
今日はそれを紹介します。

☆★ピビンバ★☆

「味つきひき肉」
  ひき肉 300g
  ごま油 大さじ1~2
  A 砂糖 大さじ1 
    醤油 大さじ2~3
    おろしにんにく 小さじ2分の1
 1.フライパンにごま油、ひき肉をよく炒める。
 2.Aを加え、味がなじむまで炒める。

「もやしのナムル」「ニンジンのナムル(*)」
  もやし 150g
  A 塩 小さじ1
    ごま油 大さじ2分の1
    おろしにんにく 小さじ4分の1
    白ごま 少々
    コショウ 少々
 1.塩を入れ、沸騰したお湯でもやしを茹でる。
 2.茹でたもやしは、あたたかいうちに、Aで和える。
 (*)もやしをニンジンに換える。

「ほうれん草のナムル」
   ほうれん草 一束
   A 塩 小さじ1
     ごま油 大さじ2分の1
     おろしにんにく 小さじ4分の1
     白ごま 少々
 1.塩を入れ、沸騰したお湯でほうれん草を茹でる。
 2.冷水にとって冷ます。3~4cmに切る。水気を絞ってAで和える。

「きゅうりのナムル」
   きゅうり 3本
   A 醤油 大さじ2
     ごま油 大さじ1
     おろしにんにく 小さじ4分の1
     白ごま 少々
 1.きゅうりは 3mmぐらいに太目の千切り。
 2.きゅうりをボウルに入れ、Aで和える。

ご飯にナムルをのせて、その上に、目玉焼きを。
コチュジャンをお好みで、全部を混ぜてめしあがれ^^

(注:)写真は日本にいたとき映したもの。
    ピビンバの他に韓国のお好み焼きチヂミ
[PR]

# by France_reims | 2005-03-19 04:12 | こんなの作ってみました
2005年 03月 19日

シャンパンカ-ブ訪問


午後どこに出かける?なんか天気も良くないし、カ-ブ見学に行こう!とダ-リンと出かけました。カ-ブ見学はシャンパンメーカ-の工場(?)を見学することです。たいてい試飲もついているので、なんだかお得な気分♪

私たちのお目当てはTATTINGER(テタンジェ)でした。でも今はお休み(泣)。仕方なく、予約なしで行ける他のカ-ブPIPER-HEIDSIECKへ。

ここはシャンパンカ-ブの中でも、唯一モ-タ-カ-に乗って見学できるところで、なんだかディズニ-ランドのようなイメ-ジ。イメ-ジカラ-も真紅でなんだかフランスっぽくないのです(私的には)。

受付でチケット(大人、試飲がついて7.5ユ-ロ)を買い、最初に昔使われていた道具が展示されている場所を抜けた後、地下3階に降りた私たちを待っていたのは、やっぱりカ-ブには不似合いな車...。
ガイドの言語はフランス語のほか、ドイツ語、英語、日本語でも見学はできるので、たぶん何回も来ることはないだろうから、日本語を選択(途中で彼にはつたないフランス語で説明しつつ^^;)。
でもテ-プなのだ、このガイド。時々ぶつっと途切れたりするのだ >_<

大体15分の見学。全体にブドウや瓶のでかいオブジェがあったりして、シャンパン作りの行程がわかるのだけど、なんかしっくりこない。私は好きじゃない。やっぱりロ-マ人が昔作った石の洞窟を実際に歩いて、たくさんの瓶やシャンパンをねかせる木の台なんかを近くに眺めながら回らないと、なんだか物足りない。

私は今まで他のカ-ブ(モエ・シャンドン、ヴーヴ・クリコ)を見学しているが、どちらもすばらしかったので、ついつい比べてしまった。マリ-アントワネットにシャンパンを謙譲したってところで、歴史は感じられたけど。

結論:お勧めは?と聞かれたら、お勧めしないな、ここは。
[PR]

# by France_reims | 2005-03-19 00:00 | Reims(ランス)・近郊